5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★★【大学教員】皆さん暇してます?【専用スレ】★

1 :実習生さん:05/03/10 00:55:00 ID:MROdJcRW
カキコは現職と元教授、それに助教授・講師・研究生まで、学生はROM進行だけです。

606 :実習生さん:2005/04/23(土) 10:49:52 ID:AaN3RRxZ
社会人期間が「研究活動」では無かったということではないの?
おそらくですが、同じ35歳での額は

卒業後ずっと研究活動・助手/講師→助教授(標準)
卒業後ずっと研究活動・院卒後非常勤講師暮らし→いきなり助教授
卒業後、 研究外就職・院卒後 →助教授

の順番になるんじゃね?
・積んできた研究時間
・こなしてきた学内業務
は考慮してこそ平等だと思うよ。

607 :実習生さん:2005/04/23(土) 11:33:24 ID:TgdSqGtn
>>602
>>603
僕は自律神経調整剤のリーゼを医者に処方してもらい、あとは市販薬で各種風邪薬は常備しています。
とにかく人前でしゃべる商売は、緊張と喉の不調が絶えませんからね。
風邪薬は副作用を恐れて、漢方系の成分のものを中心にできるだけ違う種類のものを交互に飲むようにしています。

608 :実習生さん:2005/04/23(土) 11:33:35 ID:OJutXHIz
>>599
>DQN学生はDQN教員から生まれる。

DQN学生もDQN教員もDQN親から生まれる。DQN親はDQN国に生まれ落ちた。DQN国政府に猛省を促したい。

609 :実習生さん:2005/04/23(土) 11:36:38 ID:6xTxfcI5
>>600
乳鉢で粉末状にしたデパスを毎日耳かき3-4杯分鼻からスニッフ。


610 :実習生さん:2005/04/23(土) 12:58:01 ID:ShuzyZDu
パキシル,ソラナックス,寝る前はマイスリー。
慢性扁桃炎になってしまったので,あとは漢方系ののどの薬とかうがいでしのいでます。
パキシルは劇的にききました。

611 :実習生さん:2005/04/23(土) 13:17:54 ID:9C9zd0bm
栄養剤とかって、多量のカフェインと砂糖で一時的に元気になるけど、心臓への
負担とか考えてやめました。疲れが溜まった時は休みます。その方が調子がよい。
あと胃薬も極力控えるようにしました。風邪も学期中、1回引くか引かないか
だけど、疲労で布団をかけずに寝込んだりしなければ、そう引くものではない
と思います。あとジムで有酸素系運動をすると、一日のコマが多い日でも疲れ
にくいです。

612 :実習生さん:2005/04/23(土) 13:18:11 ID:17rRRmh8
そんなにメンヘル多いのか?
俺はフテ寝で乗り切っているが。

613 :実習生さん:2005/04/23(土) 19:59:26 ID:0MEioa7e
本当の意味での「精神安定」の薬と、「自律神経調整」の薬を混同する人が多いので、ご注意ください。
大学教員は、毎日の出勤時間がまちまちだったり、論文執筆などで夜更かししたりと、
生活のリズムが一定になりにくい職業なので、身体のリズムが狂いがちで、そのために「自律神経調整」の
薬にお世話になっている人は多いと思います。

614 :実習生さん:2005/04/23(土) 20:14:25 ID:JjTkzC4c
年のせいもあんじゃないか?

615 :実習生さん:2005/04/23(土) 20:17:59 ID:0MEioa7e
更年期障害かもw
実は男性にもあるっていうしね。

616 :実習生さん:2005/04/23(土) 20:18:44 ID:JjTkzC4c
お薬のお勉強です。
http://www.oct.zaq.ne.jp/afalx209/hataclinic/medicine/SSRI/


617 :実習生さん:2005/04/23(土) 20:27:18 ID:URFMo4ll
大学に寝泊まりしたら無問題

618 :実習生さん:2005/04/23(土) 20:35:22 ID:VHQ0du9F
教員ってキチガイばっかりってことなのか?


619 :実習生さん:2005/04/23(土) 20:41:04 ID:gsYoP7kG
そのとおりです。基地外でなくても、世間一般から見ると
変人でしょうね。私は自覚して薬飲んでいますが、無自覚に
迷惑を世間にふりまいている人多いですね。それから、私は
DQS大学勤務ですが、基地外でない、いい先生イパーイいますね。
でも、論文書く力のない凡人ばかり。

620 :実習生さん:2005/04/23(土) 20:52:08 ID:Xd0P1eSS
文系でもTeX使うだろ?
記号を用いるなら。

621 :実習生さん:2005/04/23(土) 21:54:37 ID:ShuzyZDu
最初はジムに通ったりしてましたが,雑務が多くなって夜間でも通うのは無理になった。
医者はできるだけ昼間日光に当たれというが・・無理だわな。結果体内リズムが狂って
薬を処方してもらってます。ちょっと前学会で同じ仲間を発見して意気投合(苦笑)

622 :実習生さん:2005/04/24(日) 01:46:34 ID:NQWRz37M
>>618
教員をぜひ気違い呼ばわりしたいなら別にそれでもかまわんが、そういう誤解がないように
613の発言や616のサイト紹介がわざわざ書き込まれているのだと思うが。
俺も薬や医学の専門化ではないが、たとえば乗り物酔いしやすい人が、旅行の度に酔い止めの薬を
服用するからといって、その人を気違い呼ばわりするか?それと同じことだと思う。

623 :実習生さん:2005/04/24(日) 02:11:42 ID:dUleNe8h
大学教授は一言で言えば「プロオタク」或いは「オタクの高給取り」でしょう。
とくに文系はそうと言ってほぼ間違いないでしょうね。

理系の学問は解は唯一で誰が見てもその研究成果はすぐにわかるけど
文系の研究成果なんて「そのような事も世の中では一理ある」の塊だもん
つまり客観的検証が困難だから、実質「分かる人には分かる」となり
それは転じて「オタクがオタクの研究課題を学生にオタク的説明で垂れ流し
金をもらっている」に過ぎない。

秋葉原のエロゲーオタクが自分の趣味を語っているような物だよ。
だからその世界を共有していない人には何の事やらサッパリ…とくにオノマトペだとか
社会学の「複雑系」だとか。

そして個人的にはオタクの癖に最高学府の学問とされ、人並み以上の給与が
払われているのが我慢ならない。新入生の失望はこんなところから始まっていると思う。


624 :実習生さん:2005/04/24(日) 02:27:17 ID:hT+FoeEm
あんまりイメージで語るもんじゃないよ。
馬鹿がばれるから。


625 :実習生さん:2005/04/24(日) 02:32:57 ID:NQWRz37M
>>623
開き直って言ってしまうと、まったくそのとおり。でも、新入生の失望とかいうのはおかしいと思う。
大学に入ってくる学生は、少なくとも在学中の四年間は、あなたのいうオタクの世界にのめりこみ、
オタクの世界の魅力をたっぷり堪能するつもりで入ってきてくれなくては困る。
そして、オタクでも徹底すればちゃんとした職業になり、そこそこの金儲けができるのだということを
知ってくれればよいのだ。むしろ、オタク的なものを毛嫌いする、「何でも広く浅くできるのがカッコイイ」
という価値観の学生が大量に入ってきてしまっていることが、今の大学の問題だ。

626 :実習生さん:2005/04/24(日) 02:52:02 ID:KgFQpmwT
大学教員にも世間に迎合する馬鹿がいるからな。そういう
馬鹿に限って、自分のやっている研究テーマすらわかっていないという事実。
そういった馬鹿の言動が、あわよくば手を抜きたい学生には心地よいもんだから、
需要と供給で存在価値が生まれてしまう。困ったことだね。

627 :実習生さん:2005/04/24(日) 02:52:26 ID:Rc3fJ+JW
>>625
ほぼ同意。
ただし、「何でも広く浅くできるのがカッコイイ」とは思っていないと思う。
むしろ、何も考えていないといったほうがよい。

そもそも企業に就職した後だって、
仕事に対してある程度「オタク」的にならなければ、
すなわち貪欲に知識や技術を修得する向上心や好奇心が無ければ
仕事のできる人間にはならないと思う。

628 :実習生さん:2005/04/24(日) 02:59:43 ID:NQWRz37M
623氏の論法でいけば、オリンピックの金メダリストは単なるスポーツオタクで、
オタクの癖に国の誇りとされ、人並み以上の待遇が受けられることが我慢ならない、
ってことになるわな。

629 :実習生さん:2005/04/24(日) 03:01:42 ID:PnTeZmOp

【主張】人権擁護法案 なぜ問題点を放置するか
http://www.sankei.co.jp/news/050423/morning/editoria.htm


630 :実習生さん:2005/04/24(日) 03:05:18 ID:dUleNe8h
>>625
俺が在学中に凄いと感じた先生は、自分で現地調査して資料を作ってくる先生だった。
所詮オタクなんだから、もしそのオタク的妄想が事実と重なるところを証明するのなら
やはり自分で統計と資料をバッチリつくってナンボでしょう。

つまりね学生以上に手頃にそこらの本を拾ってレジュメにしてお茶を濁すような教授が
多すぎるの。仮にアキバのエロゲオタにしても自分でエロゲを作って居るなり
販売するなりすれば多少説得力が出てくるでしょう?消費者の立場で居続ける
教授が多いの。客(学生)に対する対価としてその程度の姿勢で臨んでるのが
ある意味失礼だと思わないのか?

631 :実習生さん:2005/04/24(日) 03:19:56 ID:dUleNe8h
>>628
スポーツ選手のスポンサーは俺じゃないので。教授のパトロン或いは株主は学生。
個人的に野球なんかは平たく言えば「木の棒で投げられた弾を打つ」だけの
ことだがそれに価値を感じる俺以外の誰かが金を払っているのだから
俺がそれにどうこういう問題ではない。

632 :実習生さん:2005/04/24(日) 03:27:44 ID:KgFQpmwT
>>630
下半分は、まあ言いたいことは分かる。

上三行は、言いたいことは理解できるものの、非常に狭い見識に萎える。
現地調査とか統計資料とかそういったものだけしか認めないと読める文章にね。

633 :実習生さん:2005/04/24(日) 04:31:45 ID:hT+FoeEm
つか>>632は現地調査について何にも知らないんでしょ。

634 :633:2005/04/24(日) 06:04:27 ID:hmoYtOsH
ごめん>>630のことだった。

635 :実習生さん:2005/04/24(日) 06:10:35 ID:Su29Eh2N
>>631
じゃあお前以外の学生の親が金払ってるんだからお前もどうこう言うな。

636 :320:2005/04/24(日) 09:23:32 ID:bAg44j7q
カビ臭DQN教授がDQN大学にする。これが私の変わらぬ信念だ。少しは
反省汁!


637 :実習生さん:2005/04/24(日) 10:05:33 ID:E4NxXSc5
>>630
現地礼賛,文献蔑視に偏りすぎていないか?
オレは,現地調査の結果を授業に反映させているが,文献資料を軽視しない。
きみのいう「そこらへんの本」がどの程度の本を指しているのかわからないが
1 たいした程度の本ではないが,キミらの学力ではその程度からしか理解できないだろうと思って
 使用テキストの程度を落としている場合。(数カ国語の原書を同時進行で読む授業ではないと思われる)
2 きみがただの一般書,以上の程度の文献資料を見たことがない。自分で探したことがないので,
 ただただ,現地にいって調査すればエライと思っている。

としかみえないがね。悔しいなら,「この程度の本では満足できません」とその教授に言うべきだろう。
それをしないのはどういう理由があるのかね?大学教師とはそういう質問を待っているところであるが?
教授を追いかけていって,そう聞いてみた上で言ってみたのかな?

638 :実習生さん:2005/04/24(日) 10:21:03 ID:NQWRz37M
ああ、なんだ、623=631氏は、そこいらによくいる、授業料分を取り戻さなきゃ損、的な発想の人にすぎなかったのか。真面目に相手して損した。
もちろん、金を払ったのだからそれだけのものを期待するということ自体は、間違った発想ではないが、たまたま自分の望むものと違ったからといって
すぐに失望するというのは、大学というところや学問というものに対する自分の見識の狭さを暴露しただけにすぎないのだよ。637さんの言うことを何度も読み返して欲しい。
そもそも、たとえば認知心理学とか科学哲学とか理論言語学とかが専門の場合、どこをどう「現地調査」しろというのか?
人間の頭や心の中というのは、地球上のどんな場所よりも広い未開の広野なのだよ。

639 :実習生さん:2005/04/24(日) 10:51:16 ID:cRO+/kxI
先生たちって仲悪いの?
   BY大学生徒(・o・)

640 :実習生さん:2005/04/24(日) 11:00:40 ID:FklnKgvi
>>637-638 良レスだね。暇なの?(ごめんw)
私は文学部卒文学部勤務なので、「理系は客観的で役に立つ」みたいな
調子の幼稚な文系攻撃にはウンザリ。相手する気にもならんよ。

641 :実習生さん:2005/04/24(日) 11:03:59 ID:FKYZHTdj
俺なんか今は美大講師だから、
はなっから文系攻撃は受け流しているよ。
640はまだ攻撃される程度には緊張感があるんだろう。


642 :実習生さん:2005/04/24(日) 12:59:35 ID:w6TDALc4
>>637
自らの汗をどれだけ流しているかは、他人からの客観評価がしがたい文系の学問では
必須だろう。大体何年も同じテキストと講義内容の教授の存在はそれ以下だが
それはどう説明するよ?
「こういうことも世の中では一理ある」の一理を超えるには、昔の偉人が書いた
本の内容を垂れ流すだけじゃ不十分どころか研究者として失格だ。
その書の中の一定のアルゴリズムが現代においてどう作用しているか
それを現地調査せずに何をサボってるの教授という人種は?
>>638
はっきり言えばその手の学問とされる中には大学で扱うのに相応しくないと思うが?
その手の学問の価値の良し悪しじゃなく他人からの検証が可能かどうかが不可能な
ような学問は他人に対する発表の場=講義がある以上大学では扱うに相応しくないだろう。
特に哲学ね。
>>640
なら文系教授が世に対して何か貢献した事有るか?TV出てタレントきどってるだけじゃねえか


643 :実習生さん:2005/04/24(日) 13:17:39 ID:FKYZHTdj
>>642
お前は大学の由来をわかっていない。
ちなみに教員じゃないだろうから
(どんな偏った理系教員でもそこまで馬鹿なことは言わないものだ)
このスレから立ち去るべきだ。

人文学の価値はいくらでもある。
文学ならば文献の校訂、
美術や考古学ならば文化財の定性的分析。
これらは統計じゃ歯がたたん。
しかも「社会」における短期的な経済効果すらある。


644 :実習生さん:2005/04/24(日) 13:23:14 ID:FKYZHTdj
もちろん今挙げたのは狭義の「客観的」側面に過ぎない。
さらに、古典学のような分野を研究しておくことで、
人間文化の広大な領野についての知識を、
新たなものに更新し続けることが、重要な役割として存在している。

文化イラネというなら別だが、
この分野でも検証は可能。
ただし「解釈的」な性格を持つから、複数の正解が出る。
それは客観性の欠如ではなく、
扱う対象の性質に即したものであり、
無理矢理「一義的な決定」を施す方が、恣意的なことになる。

645 :招き猫 ◆yk/JpL/Z9U :2005/04/24(日) 14:19:13 ID:giZbfwBH
>>642
今どき、こんな愚かな考えを持っている人間が象牙の塔にいるとは。。
ヨーロッパでは高校でも哲学を必修にしているところが多い。
なぜだか、分かるのか?
(イギリスでは、シェークスピア学を大学入試の必修だったのを止めるか否かで
議論したんだが、結局どうなったのか・・)

ゲルマンはジョイスのユリシーズから「クォーク」を取った。

>はっきり言えばその手の学問とされる中には大学で扱うのに相応しくないと思うが?
 その手の学問の価値の良し悪しじゃなく他人からの検証が可能かどうかが不可能な
 ような学問は他人に対する発表の場=講義がある以上大学では扱うに相応しくないだろう。
 特に哲学ね。

理系ならクーンやポパーくらい勉強したらどうだい。
例えば、理論物理学はポパーなどによって正当化されている部分もある。
観察や実験では検証できないことはあるからね。

観測者問題は決定論的(一義的)に語れない科学をというものを突きつけた。
少なくとも、メタレベルでの基礎論的な問い=哲学の誕生を必然させているんだが。

646 :実習生さん:2005/04/24(日) 14:31:07 ID:0pjHOYCt
>>643

> (どんな偏った理系教員でもそこまで馬鹿なことは言わないものだ)

↑ワロタ
まったくだ。馬鹿な理系はたくさんいるが、あそこまで馬鹿な奴は
めったにいない。自己否定につながりかねんからねwww
理系で完全な客観性を持ち合わせているのは数学だけなんじゃね。

647 :実習生さん:2005/04/24(日) 15:30:32 ID:DEfVcINz
>>645
あっ、招き猫さん、お久しぶりです。このスレでお会いするのは初めてかな。
正直、このスレはさすが同業者の集まりだけあって、私の意見に賛成する人も反対する人も
概ね非常に紳士的に対話を交わしてくださるので、居心地のいいスレになっています。

648 :実習生さん:2005/04/24(日) 15:42:59 ID:USBNGo40
> 他人からの検証が可能かどうかが不可能なような学問

そんな学問あるのかねぇ?
ある学説が出れば原則としてそれに対して賛否が出される(無視されることもあるが)。
それは他人からの検証にほかならないぞ。理系の追実験と同じ。


649 :実習生さん:2005/04/24(日) 15:47:25 ID:DEfVcINz
今このあたりのスレを読んでいる現役大学教員の中で、642氏を大学教員だと思っている人はほとんどいないでしょう。
でも642氏の意見はむしろ我々研究者仲間にとってはむしろ素朴で新鮮な「外からの声」だから、
このスレからすぐ出て行けと言う気は私にはないけれど。

650 :実習生さん:2005/04/24(日) 16:03:08 ID:0cSMNq3r
素朴で新鮮というか、「役に立たなきゃ学問じゃない」という明治以来の
文明開化殖産興業型の日本人の思考形態の典型のように見えるけど。福沢
諭吉の書いたものなんかを読むと一部げんなりすることがある。まあそれ
だけ儒学が憎かったんだろうけど。

651 :実習生さん:2005/04/24(日) 16:05:02 ID:USBNGo40
>>649
素朴だけど新鮮じゃないよ。
たとえば京都帝大が文学部を作るときも「不要不急の学問だから要らん」という反対の声が強くて設置が遅れた。
古式ゆかしい伝統あるクレームです。今でも散々いろんなところで出てる。

あとスレの趣旨と違うんだよね。別スレや大学版でやればいいのに。

652 :実習生さん:2005/04/24(日) 16:11:04 ID:DEfVcINz
なるほど、650さん651さん、「素朴で新鮮」の発言は、一応取り消しておきます。
でもこのスレの趣旨といわれても…大学教員が本当に暇かどうか検証するスレですかw

653 :実習生さん:2005/04/24(日) 17:03:48 ID:hypwqBV7
「現職と元教授、それに助教授・講師・研究生」(なんで研究生が入るのかよく分からん)が
それぞれの大学の状況について愚痴を言い罵り合い、そして慰め合うマターリとしたスレです。
というのが私の解釈。

学生さんや非大学関係者は大学裏話スレだと思ってもらえればいいのではないでしょうか。

654 :実習生さん:2005/04/24(日) 21:42:21 ID:2a2fYjtZ
>>653
なるほど、だから教育板の他のスレに比べるとなんとなく平和な雰囲気が漂っているわけですね。

655 :招き猫 ◆yk/JpL/Z9U :2005/04/24(日) 23:36:25 ID:DPLhuE70
>>647
すいません、突然のお邪魔虫で。。
なんかトンデモな話しが展開されていたようなので、つい。

私は紳士的ではないから、恐縮しています。ここ数日は気分が荒れているので
発言もとげとげしくなっています。(ここはまだマシなんですが)
例の本、いろんな方に紹介させてもらっています。。また、よろしくお願いします。

656 :招き猫 ◆yk/JpL/Z9U :2005/04/24(日) 23:45:34 ID:DPLhuE70
>>646
>理系で完全な客観性を持ち合わせているのは数学だけなんじゃね

客観性で意味したいことがよく分からないんですが、少々誤解を招く発言だと
思います。現代数学において、公理は無根拠なんですよね。そのような公理を
設定したときにどのような系が演繹されるかということなんです。

そしてそのような演繹体系が現実世界にどのようない対応するかは、数学の関知
はすることではない。たまたま、世界の記述に寄与した(している)というだけのこと。
数学という言語で記述された世界認識があるということだけ。それも偶然ということ。
最初から意図はされていない。数学の立場からは。

ゲーデルの問題もあります。

657 :招き猫 ◆yk/JpL/Z9U :2005/04/24(日) 23:53:04 ID:DPLhuE70
連続投稿すいません。

理系の方が文系を見下しているのは専門家でも実社会でも大体同じでは
ないでしょうか。理系でも、たとえば生物学関係は文系の要素が強いという
理由で差別されているような・・

>>642さんの発言は典型的な象牙の塔理系の本音だと思いました。
なお、理系の専門家でもまっとうな方は、そんな考えを持っていません。
それが私の実感です。

658 :実習生さん:2005/04/25(月) 00:27:44 ID:4DIYCkbS
「大学は四年かけて優秀な人間を堕落させる」という指摘を誰かがしたが之は
非常に正しいと思う。その要因は例えば入学が難しく卒業が楽な事もあるが
結局は授業が理解しがたい、価値を見出せない、学問なるものが横行しているからだろう。

「分かる人に分かればいい。今の学生は馬鹿が多いがわかる人間は必ず居る」と
いうのが恐らく大学側のスタンスだろうが毎年何万という人間を集めて、多大なる学費を
収めてそれで得るのが空虚なる物では失望するのも当たり前だろう。
「応募したのもそっち、金を払ったのもそっち」という論の一点張りで裁判では通用する
だろうが、実感は一種の詐欺に等しい。だったら大学でやる学問は殆どの人には価値が
ありません、別に大学なんか偉くもなんとも無い一種のオタクの塔ですと宣言しろ。

なまじ価値が有ると思われているから不幸な新入生がいるんでしょ。


659 :実習生さん:2005/04/25(月) 00:35:15 ID:Z7tIcvz2
> 「大学は四年かけて優秀な人間を堕落させる」という指摘を誰かがしたが之は 
> 非常に正しいと思う。その要因は例えば入学が難しく卒業が楽な事もあるが 
> 結局は授業が理解しがたい、価値を見出せない、学問なるものが横行しているからだろう。 


ソースキボンヌ。

660 :実習生さん:2005/04/25(月) 01:12:46 ID:xe5GKL+G
学部生が教員ごっこをしているのはここですか?
もし自分とこの院生がやっているとしたら、グーで殴る。

661 :実習生さん:2005/04/25(月) 01:34:45 ID:0t9qbViX
>>660
> もし自分とこの院生がやっているとしたら、グーで殴る。

「お前なんか,どうがんばってみたところで大学教員にはなれねえんだよ!!」と…?まあ赤原ですわ.

662 :実習生さん:2005/04/25(月) 01:53:40 ID:4hFqnwEh
大学の価値を憎む,貶めたい人は,大学に対する期待が多く,どこかの段階で裏切られた,挫折したという
思いが強いのだろう。中には,自分は優秀であったはずなのにどうして?という思いもあるのだろう。
しかし,大学教員としてこれは言っておく。キミが得たものは本当に空虚か?価値がないのか?
本当にそう思うのならキミが失望した大学に対して異議を申し立てればよろしい。
それをした上で言っているのか?
キミは自分が理解できないものを,価値がないと決めつけて逃げているだけではないのか?

あらためて問うぞ。
キミは「授業が理解できない,または授業の程度が悪い」と発言・告発したのか?
あとから文句を言うだけでは,大学はおろか,どんな職業でも通用しない。
大学の先生は親切だぞ。一応ダメだししてくれるからな。社会ではダメだしもださず,無視して
切り捨てるだけだということを教えておく。



663 :実習生さん:2005/04/25(月) 01:56:02 ID:p9g+4FGl
>>658
あえてマジレスすると、むしろ学費が安すぎるんだと思うよ。
学費が安いから、たいした話ではないような気がして
話を聴かないor興味を持たない。そして価値が無いように感じて
損した気分になる。

実際、同じような話を社会人向けセミナーとかですれば、
とてもありがたがられるし、1コマ当たりで比較すればとんでもなく
高い参加料を払ってくれる。
つまり、一度社会に出て「オタク」的な研究・勉強の大切さがわかっている人には
大学教員の「専門性」は非常に尊敬される・価値のあるものなのである。

アメリカみたいに1年間の学費を200万とかにすれば
「大学でやる学問は殆どの人には価値がありません、別に大学なんか偉くもなんとも無い」
とかいうアホが出てこないかもしれない。

「オタク」に価値が認められないというなら、一度「オタク」をやってみたらどうだ?
「道を究める」ということの困難さ・尊さが身に沁みてわかると思うよ。

664 :実習生さん:2005/04/25(月) 02:13:53 ID:n+z1WQ8u
>>656
うん、その無根拠の公理の上でなされる演繹だからこそ客観的といっている。
そのあとの論理展開に価値観が入り込む余地は無いから。


665 :実習生さん:2005/04/25(月) 04:12:02 ID:Xcn8+GnO
先生たちの文章って素敵な表現でつね。
ちょっと文章パクらせてもらいまつね。
        BY大学生徒(・o・)

666 :実習生さん:2005/04/25(月) 06:09:58 ID:ZnOew2kI
>>664
貧しい数学観・・・


667 :実習生さん:2005/04/25(月) 06:56:09 ID:r5jwHstn
>>658
>別に大学なんか偉くもなんとも無い一種のオタクの塔ですと宣言しろ
あなたのまわりにいる大学教師はどうか知りませんが、少なくとも私はいつも堂々とそう宣言しています。
そいいう大学教師のほうが多いと思ってたんだけどなあ。

668 :667:2005/04/25(月) 07:02:46 ID:r5jwHstn
私は本務校の他に、ある大学の通信教育部のスクーリングをよく担当するのですが、その体験から言うと663さんの意見に賛成です。
本当に学費を高くすべきかどうかは、多少考慮の余地はあると思いますが。
ただ、最近は通信教育も若いニートとかフリーターとかが増えてきて、普通の学部の授業と雰囲気があまり違わなくなってきているのが残念です。
ちなみに余計なことを付け加えれば、去年結婚した私の妻は、その通信教育の私のクラスの受講生でした。

669 :実習生さん:2005/04/25(月) 07:12:10 ID:ALN0vker
>>667
今のご時世、うっかりそういうことを言うとあっという間に定削の対象にされちゃいます。

670 :実習生さん:2005/04/25(月) 07:24:47 ID:PToLHoLN
>>662-663
>つまり、一度社会に出て「オタク」的な研究・勉強の大切さがわかっている人には
>大学教員の「専門性」は非常に尊敬される・価値のあるものなのである。

それはケースによると思いますよ。貴方のジャンルにはそういったニーズが
あるのでしょう(単純に「実学」云々といったことではなく)

ご両人とも仰りたいことはわかりますが、学費を高くするのは賛成できない。いまでさえ何か
と受益者負担は増大していて格差が広がっている。あるいは高くするのはいいが、
給付制奨学金・学費免除の充実なども考えていくべき。他国ではどうなっているのか・・・。

アメリカも学歴社会だが、アメリカでも学生が講義についてくるのは上位大だけらしいね。
日本だと上位大でも聞いてないかな? 最近の学生は妙に真面目だからそうでもないかな?

曖昧な言い方だが、企業がもっと学生時代の勉学について評価するといいんだろうけどね。
足切り的に優やAの数を見て、浪人留年し過ぎていないかチェックする程度かな?
勉強するといっても、駒場みたいにシケタイ・シケプリばかり熱心なのも・・・

個人差はあるだろうけど、現状でも講義が優秀な人はいると思うけどね。単純に媚びを売
ったウケ狙いではなく、高度でかつ分かりやすいという人はね。
それよりも、昔は遊んでて講義・勉学から逃走していたのかもしれないが、今は資格・
語学・公務員試験やらでソワソワしてませんかね? 就活も早くなりましたね。 

671 :実習生さん:2005/04/25(月) 07:32:50 ID:PToLHoLN
>>668
>ただ、最近は通信教育も若いニートとかフリーターとかが増えてきて、普通の学部の授業と雰囲気があまり違わなくなって
>きているのが残念です。

彼らも社会と繋がりたい、大卒になりたいから来るのですよ。定時制の代わりとい
うか・・・それもトホホかな?

通信の社会人学生の方が熱心ですか? 「学力」の定義について考えちゃいますね。
専業学生よりも人生経験を得た人間の方がいい・・・ということでリカレントやら
生涯学習やらやってる訳でもないのでしょうけれどw

672 :668:2005/04/25(月) 07:54:21 ID:r5jwHstn
>>671
それで、そういう若い人たちが無事に卒業していってくれるならもちろん嬉しいことなのですが、私の教えているその通信教育部の場合は、かなり厳しいので、
結局無事に卒業できるのは、かつて他の大学を出たことがあって、別の資格などが欲しくてあえてもうひとつ大学に来た、という社会人だけ、という状況になってしまうのですよ。
たとえば典型的な例として、今小学校の教師をしていて、中学高校の免許状もほしいとか。今医学関係の仕事をしていて、心理カウンセラーの資格もほしいとか。


673 :実習生さん:2005/04/25(月) 09:16:43 ID:v+nKMf5d
みなさん、文系、理系と分けて議論するのに何か特別の意味でもありますか?
私には、国語も数学もほとんど同じに見えますが。卑近な例を挙げますね。
数学では、1+2+3=6ですよね。英語ではS+V+C=Aです。6-1-2=3という逆算
はA-S-V=Cです。本質的な部分は変わらんと思うのですが・・



674 :実習生さん:2005/04/25(月) 12:33:22 ID:o5Eifh62
>>673
文系の学問は結局その国の文化を持っていないと理解できない部分がある。
思想、哲学、社会学…
それらは数値では表わせまい。

675 :実習生さん:2005/04/25(月) 14:14:20 ID:B3Pvq5Q8
みなさん、科研交付申請のエフォート値どれくらいにしてます?

676 :実習生さん:2005/04/25(月) 14:20:07 ID:5+D9Y4Pa
地方の教員養成大学の教員のレベルは
すべての点で、あまりにも低すぎる。
オナニーをしているとしか思えない。

677 :実習生さん:2005/04/25(月) 17:20:48 ID:rHLDgs1a
>>675
現在の研究と申請に書いた文章の内容の方向が一致してるので50%にしました.

これって今年からだねぇ…


678 :招き猫 ◆yk/JpL/Z9U :2005/04/25(月) 23:17:08 ID:v9O5g8Cy
>>664
数学プロパーではないことをお断りして、疑問点のいくつかを述べたいと思います。

だいたい数学と他の学問領域を対等に論じる妥当性はいかがなものか。
数学という「道具」を用いて記述するとどうなるか、というのが他の諸科学だということ。
別カテゴリーになるという意味において、同列に論じることは適切でないと思います。

なお、数学も主観から出発しています。無根拠な公理を選ぶということが恣意的な人間の
行為であり、それを選ぶのは意志が関与している。その『選らばれた』公理に無根拠性を
背負わせるのは、主観のある種の隠蔽です。公理以降が論理的な形式体系なだけで
公理そのものは客観性を保持しているわけではありません。公理が客観性を持つためには
その外部が必要となります。しかし、外部性を認める一方で客観性を保持しようとすると
無限に外部を必要とします(無限循環)。従って、公理とは、控え目に言っても、
「主観ー客観」という認識論から離脱したものであると考えます。

数学の客観性が途中の論理的な適用に限るというのは規則が客観的であるということに
すぎない。前提=公理の客観性が証明されなければ、真に客観性があるとは言えないと
思います。ユークリッド幾何学と非ユークリッド幾何学(例えば、リーマン幾何学)は
異なった公理に基づく。しかし、それが両立することは何を意味するのでしょうか?
氏の仰っている「客観性」とは単に論理の普遍性というような意味ではないでしょうか?

なお、デカルトのコギトは完全なる主観です(独我論)。
また、「観測者問題」では「決定論的ー確率論的」という別の位相を露にしています。
いずれにしろ、客観性というような素人言葉は、文脈的に適切ではないかと感じました。

という、素人の戯言をお許しください。

679 :招き猫 ◆yk/JpL/Z9U :2005/04/25(月) 23:28:42 ID:v9O5g8Cy
>>674
無理解が少々あると思います。
どんな学問領域でも数学という「(形式)言語」により記述=説明できます。
ただし、それがどのような意味を持つかは数学とは無縁な問題です。

一般の言語とは自然言語であって、数学とは異母兄弟(?)のようなものでしょうか。

どのような「言語」によって記述されたら、どのような系が構築されるかということが
違うだけで、何も問題はありません。また、それが現実世界にどのような意味を持つかは
全く次元の異なる問題であって、両立可能だと思います。

680 :実習生さん:2005/04/25(月) 23:51:51 ID:ai7TrsYL
と、あんたはド国語で表現しているわけだが。

681 :実習生さん:2005/04/26(火) 00:22:28 ID:nns/cxOf
教員養成学部は、存在価値なし!
直ちに廃部すべし。

682 :実習生さん:2005/04/26(火) 00:36:37 ID:XIMOzy2i
>681
廃部(募集停止)には賛成だが、お仲間の教員が失業するのは悲しいので
反対。

683 :実習生さん:2005/04/26(火) 00:43:09 ID:XIMOzy2i
>679
専門が社会心理学なので、理解が間違っているかもしれませんが、
数学という言語は、唯一「言語の意味内容に解釈の余地がない」という
点で完璧な言語だと思っております。
数学に意味を見出すのは、「言語を運用する者の主観」だろうなあと。

684 :実習生さん:2005/04/26(火) 00:53:25 ID:wMagyvny
>>678
同列じゃないから「(強いて言えば)唯一客観的といえるのは数学のみ」という
文言が成立するんじゃない。ちっとは考えてよ。

685 :実習生さん:2005/04/26(火) 00:54:41 ID:wMagyvny
>>666
あなたの数学観をご教授ください。
私も門外で、まさに数学を言語として用いていますから、数学についての奥深い
考察を賜りたいですね。冗談抜きに。

686 :実習生さん:2005/04/26(火) 02:27:40 ID:UVe6K0fI
>>679
感情表現によってはその国の言葉に無い表現も当然有るが?

なんでもかんでも説明がつくと思ったら大間違いだし
仮につけた説明が正しいかどうかなんて永久にお蔵入りの説明しか出来ない場合が
文系学問は多々ある。
地面を掘ったら石がでてきた。専門家はそれを「ハンドアックス」だと言った。
もちろんその専門家なりの説明をこれこれつけて、一応筋が通ってはいた。
だが実際のところはタイムマシンで戻って見てみなくては確実な事は分からない。

だいたい全ての言語が完全に翻訳可能じゃないだろう。
ついこのまえの「もったいない」という表現が他の国に中々無い事と同様のことだ。

687 :実習生さん:2005/04/26(火) 03:50:12 ID:QE22tjmm
大学に入学してはみたものの、別にこれといってやりたい事もなく、
友達もできず、授業にもついていけず、単位は取得したけど内容は理解しておらず、
陰口はたたかれて、挙句の果てには講師に「大学では何もおしえません」と言われる始末。
最近大学に通っている意味を見出せなくなってきました。
僕、大学まできて何やってんだろ。


688 :実習生さん:2005/04/26(火) 05:27:24 ID:wMagyvny
>>687
そう考えられるだけ幸せなことだよ。社会に出たら考える暇も無いほど忙しい
時間を過ごすこともある。今はそうやって生きる意味を考えるのは
無駄じゃないと思う。前向きな結論に至るなら、この時間は将来
有意義だったことが分かると思う。

689 :実習生さん:2005/04/26(火) 05:39:57 ID:6GMQzmyV
688さんに同意。私もいつも学生に、大学で得られるのは知識よりも友人よりも何よりも、
ゆったりまったり物思いにふける時間だ、というようなことを言う。
社会人になってからでなくてはその価値に気付かないのももっともだが、アルバイトのしすぎなどで
折角の時間をつぶしてしまう学生が多いのを見ると、色々事情はあるのだろうが本当にもったいないなあ、
と思ってしまう。

690 :実習生さん:2005/04/26(火) 09:28:59 ID:iHBBxOk2
>>683
ある数に0を足すのと、ある数に1を掛けるのとは同じ結果に
なるのだが、この場合の足し算と掛け算の同作用性について
完璧に論じてみて下さい。


691 :実習生さん:2005/04/26(火) 11:38:12 ID:L7tnYX+Q
 もっとも単純に,文化や歴史に関する研究の解釈の違いにあるのは,
実験による現象の再現性ではないでしょうか?理系の場合,追実験という形で現象が再現できるというのが基本的解釈だと思うが
(もちろん単純な意味での現象の再現,)
文系の場合は,ある現象を完全に再現する実験は不可能である。なぜなら「時間・時代」という要素
を無視することは出来ず,研究者の思考の基礎も言語という時代の生み出した要素を多々含むツールでしかないのですから。
どんな資料(文献,フィールド調査など)もそれが生まれた時代・場所の解釈を逃れられず,また解釈する研究者のほうも
自分の生きている時代の産物であることは自明の上。
 研究者は,自分の解釈が通底する理論への近似値であるということを知った上で,それにできるだけ近づこうとする。
その不確定要因こそが実は学問追求のおもしろさだと思っています。
>>687
きみの悩みは全うな悩みだ。時期は異なっても,だれにでも訪れる。
大学とはマニュアルを覚えるための場所ではないのだよ。マニュアルをみて,そこからそれを疑え。
(受験でマニュアル暗記能力だけを鍛えていると,自分で考えろといわれて途方にくれる時期はだれにでもある)

692 :実習生さん:2005/04/26(火) 18:27:34 ID:5Rj+oy21
>>691
「解釈」にもいろんな段階があるわけで。

鎌倉幕府の成立時期についてはこれからも論争があるかも知れないが、
関ヶ原の合戦に関する史料解釈の結果、西軍が勝ったことになることはまず無い。

693 :実習生さん:2005/04/26(火) 20:40:23 ID:2XzpTJS+
>>690
適当だけど、こんな感じ?

ZFからペアノ公理系
(N1) 1∈N
(N2) ∃φ:N→N
(N3) φ(x)=φ(y) ⇒ x=y
(N4) x∈φ(N) ⇒ x≠1
(N5) A⊂N∧(1∈N∧φ(A)⊂A) ⇒ A=N
を満たす対象としての自然数の全体Nを「集合」として定義することができる
(公理的集合論からその存在が示せる。) さてf:N×N→Nで条件
(A1) f(x, 1)=x
(A2) f(x, φ(y))=φ(f(x, y))
を満たすもの及びこのfに対して、g:N×N→Nで
(M1) g(x, 1)=x
(M2) g(x, φ(y))=f(g(x, y), x)
を満たすものの存在が一意に示せる。

更にNに対してNの元ではない0という対象(公理的集合論では集合)を追加して
N'=N∪{0}とするとf':N'×N'→N'とg':N'×N'→N'でそのN×Nへの制限がそれ
ぞれf、gと一致しかつ
f'(x, 0)=f(0, x)=x
g'(x, 0)=g(0, x)=0
となるようなものが一意に存在する。f'を加法と呼びf'(x、y)=x+yと書き、
g'を乗法と呼びg'(x, y)=xyと書く。これによればx+0=x, 1x=xはそれぞれ
f'(x, 0)=x及びg'(x, 1)=xに他ならない。前者はf'の定義、後者は(M1)と
g'の定義。

694 :実習生さん:2005/04/26(火) 20:42:03 ID:2XzpTJS+
ああ間違い(A1)は
(A1) f(x, 1)=φ(x)
だった。

695 :実習生さん:2005/04/26(火) 21:09:40 ID:2XzpTJS+
(N5)もおかしいな。

(N5) A⊂N∧(1∈A∧φ(A)⊂A) ⇒ A=N

だね。やっぱりきちんと校正しなけりゃ駄目だ。そう言えば良く投稿・入稿直後
にtypoのみならず内容自体の間違いに気づいたりする。

696 :招き猫 ◆yk/JpL/Z9U :2005/04/27(水) 00:26:00 ID:t7JKKW5V
>>683
私も素人ですから、気にせず議論(与太話)しましょう。
(だいたい、専門なんていうのにこだわるのは、たいてい面白くない)

>完璧な言語

「完璧」という表現は誤解があると思います。発展や進歩とは無縁であるという印象。
数学という言語が完璧だというわけではなく、論理が無謬性に裏打ちされているという
だけのこと。ただし、数学という言語は捨象するものも少なくないから、世界から帰納する
形で記述できません。

例えば、個人の差異性を消去し質点のように計算しますよね。(社会心理学がご専門なら、
お分かりいただけると思います。)しかし、そのような差異性にこそ注目すべき場合も
あります。それを語る数学もあります。しかし、それを語るとき、別の何かが捨てられています。

数学が完璧に思えるのは捨てるからです。
個人の差異性をある程度無視して一般性を導くことの必要性を否定したいのではありません。
捨てることの自覚がるか否かが重要です。

自然言語はできるだけ捨てないように変化してきた。しかし、全部をまかないきれるものではないのは
当然のことです。方向性が重要だということです。

なお、「完璧」だと判断することはすでに意味を付与していることになるという点にも
注意したいものです。世界の記述とは無関係にすることで数学の完璧さを保とうとしましたが、
ゲーデルによって、それは崩れたということも大事です。

外部性を消去できないというのが私の理解です。


697 :招き猫 ◆yk/JpL/Z9U :2005/04/27(水) 00:29:24 ID:t7JKKW5V
>>692
>西軍が勝ったことになることはまず無い。

例えば、負けるが勝ち、という言葉を持ち出して転倒させるような
試みが文系にはスリリングで面白い場合があります。

ニーチェやフーコーの仕事はある意味、そのようなものではないでしょうか?

698 :実習生さん:2005/04/27(水) 01:07:33 ID:hlcnBUOd
招き猫は教師なの?

招き猫「…」

追求

招き猫「革命家」

追求

招き猫「百姓」

ログ
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news2/1113837824/445-476

699 :実習生さん:2005/04/27(水) 01:08:47 ID:aUk8qsch
>>691 いい文章を書くね。わしもそのように考えています。
そして、そのように叩き込まれた自分の学問分野の考え方に
穴があるのではないか、といつも考えながら対象に向かっています。

700 :ラインハルト・フォン・ローエングラム☆彡 ◆0ryc.81s2s :2005/04/27(水) 01:10:31 ID:hlcnBUOd
おっとコテ忘れた。。

>招き猫
お前、部外者だろw
ここは、「カキコは現職と元教授、それに助教授・講師・研究生まで、学生はROM進行だけです。 」


701 :実習生さん:2005/04/27(水) 02:36:04 ID:A4d0Qoj/
>>687
無駄と思うなら無駄でしょうね。本人が無駄と感じる「有意義な時間」など
詭弁もいいところです。
大学卒業の日は感覚的には突然やってきます。ボーっとした頭のまま貴方は社会に
放り込まれます。最近じゃそのまま馴染めずに家の中でホーっとしている奴も多いです。

卒業時、木偶の棒になった貴方にはもう18の頃にあったオーラはありません。
大抵の人間はここで自己否定に走りますが、最後には否定してばっかりだとツライので
「あのボーっとした時間も無意味じゃなかったんだ」などと弁護します。空白の時間の
肯定など、その程度の肯定しかできません。
有った方が良いか、無いほうが良いか、で言えば「無い方が良い」に決まってます。

兎に角何かを「やる」ことです。出来れば人と触れ合った方が効果が倍増します。
しかし、どれもライフワークじゃないので真剣さが薄くてイマイチ面白くないかも知れません。
だからむしろ「卒業したら絶対にありえないこと」をするほうが人生の中での貴重さが増します。
(かと言って犯罪まがいはやめてくださいね)

702 :実習生さん:2005/04/27(水) 11:47:51 ID:mkU84KNF
もう非常勤掛け持つは疲れますたOrz
常勤一本にしたいでつ。
ボーナスも休暇時の給料もないしね。
どうやったら常勤なれるの?
常勤化の気配を何も感じない。

703 :実習生さん:2005/04/27(水) 12:46:36 ID:JxV5cv+b
>>701
サークルでもゼミでも趣味でも、何でもいいからやることがあればいいんだろうけどね。
ただ、バイトや部・サークルに「打ち込んだ」人間にせよ、振り返ると虚しいと
いう人もいるよ。いい思い出が残ったヤツばかりじゃない。
もっと別のことに時間と余力を使うべきだったのでは? とね。

抽象的だけど、やはり学生なんだから「勉強」するべきじゃないかな? 単
位取得だけではなくね。もっとも、これはこれで、煽られて公務員とか資格とか
語学とかにお布施しちゃったりするんだなorz

>>702
JR西日本の過剰な労務管理下、焦ってスピード出し過ぎて派手に突っ込ん
だ運転士・・・あの姿が構造改革下のすべての労働者に重なる・・・大学においても、
いつ来るか分からないチャンスを待ち続け、世間からは「好きでやってるんだろ」と突き放され、
寄る辺のない非常勤という奴隷がいる・・・万国の労働者よ、団結せよ!?

704 :実習生さん:2005/04/27(水) 12:56:45 ID:+iuQgTNG
ある種の組織の側(中)の人間って、無意識のうちに最初に出会った時の
関係に縛られがちですよね。非常勤は非常勤としか思わないような・・・
やっぱり月並みですけど、公募とかに出し続けるしか無いんじゃないで
しょうか?特に、今までのコネにこだわらず、縁もゆかりもないところを
狙ってみては?まだまだコネ社会で公平なチャンスは少ないですけど、
(非)は(非)と決め打ちしてかかる大学に未来を託すよりは、希望が
持てると思います。

705 :実習生さん:2005/04/27(水) 15:54:00 ID:Vap5aMKi
都市部じゃなきゃ嫌だ、とか贅沢を言わなければ今でもそれなりにあると
思うんだけど。もっともここ五年くらいで地国の状況が激しく変わったか
らなあ。既婚者のODで嫁さんが猛反対で地方の公募は一切出さないという
のを昔結構見たが、今じゃ公募そのものが少ない。

706 :実習生さん:2005/04/27(水) 21:05:54 ID:2YpFCyID
>>702
月並みな表現だが、やっぱり天運かね。

324 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)