5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

第94回看護師国家試験問題復元スレ2

830 :名無しさん@おだいじに:05/02/28 20:14:47 ID:TKcyUmrN
ネットで見ました。疥癬について。

[症状]腹部や腋の下あるいは太もも、陰部など軟らかいところには赤いぶつぶつが現れ、
指や手には水疱や膿疱が現れます。
いずれも激しいかゆみがあって特に、
夜間には眠れないほどのかゆみがよくおきます。


[治療]硫黄を含んだ軟膏やクロタミトンをなるべく広く塗ります。
副腎皮質ステロイド剤は使いません。かゆみが強い場合には抗ヒスタミン剤を服用します。
硫黄含有の入浴剤も有効です。殺虫剤軟膏、オイラックスも使用されます。


※治療は?
 お風呂にはいって、石鹸で体を良く洗い、洗髪もします。610ハップなど硫黄の入浴剤が効果的です。ただし、効果を期待しすぎて濃度がこいと、硫黄かぶれをおこしそのための痒みが出ることもあります。
お風呂に入った後、疥癬虫を殺虫できる外用剤の塗布が必要です。顔、頭をのぞいて耳の後ろから全身に、指の股、爪の先まで余すところなく塗りましょう。ぶり返す人は、塗り残しがあるためとさえいわれます。痒いところだけチョコチョコ塗るのでは治りません。
感染の可能性のあった人は症状の有無にかかわらず一斉に治療を始めたほうが良い場合もあります。
虫体や、虫卵がなくなった後も、全身の痒みや、
小結節がいつまでも続くことが多く、長いこと殺虫剤を付けることになってしまうことがあります。過剰な殺虫剤の使用は要注意です。

 確か、硫黄(ムトウハップ)入りのお風呂に入るという選択肢がありました。
これが正解でしょう。



188 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)