5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

日本の精神医学教育の限界について

1 :はっぱふみふみ:05/01/14 11:48:54 ID:1c1bwxp/
 日本の精神医学教育には、大きな問題がある。
「統合失調症」に始まり、「統合失調症」で終わってしまうような教育
がはびこっている。障害年金等の診断書も「統合失調症」という病名
中心に組み立てられている。過去10何年かは、特に上記病名が多用され
過ぎた傾向がある。日本の精神科医は、倒錯/酒害という観点から思考
する教育を受けておらず、marquis de sade等の倒錯がいわゆる悪魔崇拝
の特徴に近似しており、それが割合普遍的なものであること、どのように
表現されるかといった知識を持ち合わせていない。こういった倒錯性の
消長と発現を見逃し、どうしても「統合失調症」という概念に頼ってしま
う。 また「了解」という概念を金科玉条とした日本の精神医学教育は、極めて
問題がある。「了解」だけで物事を考える医師を作り続けているからであ
る。
 諸先輩方の御意見やいかに?


2 :はっぱふみふみ:05/01/14 11:52:49 ID:1c1bwxp/
「精神分裂病」ないし「統合失調症」という疾病概念は、この「了解」とい
う不明確な概念を巧妙に誤用する。
「統合失調症」という疾病概念は自己完結的なものであり、拡大解釈によっ
て逸脱行動をほぼすべてその枠内で理解できるように組み立てられている。
それに反論をとなえると「病識」や「悪化」いう概念を用いてその体系への
回帰を促すなど、まさにその病名を科された者の人権を踏みにじり、非人間
化する危険な差別概念である。そして、その病名を科されたことや強制的入
院による二次的な心的外傷後ストレス傷害の過酷さを無視し、その収縮/狭
窄症状をも統合失調症の内部概念である陰性症状の中で説明し、心的外傷を
負い続ける人生の中での「破綻」をも統合失調症の再発であり、それが自然
経過であると言いくるめてしまう差別的な疾病概念である。
「統合失調症」という烙印を押された誤診例には、悲惨な人権侵害が伴う。
医療保護/措置入院(強制入院)者の人権は、精神科医という私人の了解関
連がどこにあるかを、患者が精神科医より先に類推することに委ねられてし
まう。たとえ、その精神科医の診断が誤診であったとしても。その精神科医
の判断の是非を公平に問うことができない構造が、大きな障害として横たわ
っている。精神医療審査会なるものがあっても機能しているとは言えず、弁
護士会も費用の面で障壁を築いており、アムネスティ日本は、精神病院を守
備範囲外にしている。警察は、精神科の医師や看護師の違法行為を通報によ
って取り上げて立件することはよっぽどでなければありえない。

3 :酒害について:05/01/15 10:31:04 ID:xzhiKkfE
参考とすべき教科書(すべてが正しいと思わないで下さい。)

酒害: 「アルコール依存症の精神病理」 斉藤学 金剛出版
    『アルコール依存症』  こころの科学
    「BOX-916」「アルコーホーリクスアノニマス」他
:AA全日本ゼネラルサービスオフィス(03-3590-5377)に注文。
    AA  http://www.cam.hi-ho.ne.jp/aa-jso/office.htm
 

4 :名無しさん@おだいじに:05/01/15 14:44:55 ID:???
  。


5 :倒錯関連:05/01/16 22:28:48 ID:???
「心的外傷の再発見」 岩崎学術出版社
「構造と性倒錯」 ジョエル.ドール著 /小出浩之訳 青土社
「性倒錯の構造」 藤田博史著 青土社
「構造と力」浅田彰著 勁草書房
  


6 :アディクションアプローチの基本的誤謬:05/01/19 08:50:01 ID:???
  「DVと虐待」信田さよ子 著
  「アディクション.アプローチ」信田さよ子 著
 以上の書籍の誤謬は以下の点にある。

1)DVを男女間の問題と限定している。老人虐待に分離を適用する?
2)分離以外の方法論が欠如している。
3)分離の危険性について言及していない。
4)人間関係を嗜癖の対象と考え、アルコール依存の方法論を模倣した試論である。
  アルコールは物質である。

 これを基本にした立法は危険極まりない。
 PL法に違反した製品のようなもので、大規模な改正の必要があると私は思います。


7 :思わず失笑がこぼれる御出版:05/01/19 08:56:42 ID:XttscNYg
「飲酒問題とその解決」ソリューションフォーカスト.アプローチ 
インスー.キム.バーグ他 著
イネーブリング賛歌そのもの。開業心理臨床家が飛び付きそうな本。
ミラクルクエスチョンでカウンセリングしたあとに、ワンカップ大関の
繰り返し。

8 :おすすめはしません。:05/01/19 09:04:36 ID:???
金曜の晩に、新宿2丁目仲通り付近を迷惑のかからぬ範囲で歩いて
みるとよくわかる。

9 :思わず微笑がこぼれる教科書:05/01/19 19:00:20 ID:???
「児童虐待が問題となる家庭事件の実証的研究」ー深刻化のメカニズムを
探るー  家庭裁判所調査官研修所監修  司法協会 ¥1000
 
 これって酒害について一切書いていないのだけれど、きっと他に
 出版物あるんだよね。解離は児童虐待の一形態ではなく、解離が
 児童虐待の基本形態だよね。これって社会保険庁の本?


10 : DV防止法の根本的誤謬と酒害の否認について 1:05/01/21 15:41:39 ID:???
1. アメリカにおいて、ドメスティックバイオレンス(DV)防止法の対象
とするDVは、おおむね配偶者/前配偶者/同居人/前同居人/血族/姻族/
子供のいる者同士などの身分関係にある者に対する虐待行為である。
Violence against Women Act 1994 and 2000 は、その中で配偶者で
ある女性に着眼した立法であり、一般的なドメスティックバイオレンス
(DV)を防止する法制度の一部に過ぎない。
また1998年の米国統計によると、親密な関係にあるパートナーから受けた暴
力犯罪の被害者となった女性は87万6340人であるが、驚くことに男性被害者
も15万7330人に及ぶ。
 日本では、ドメスティックバイオレンス(DV)というと夫から妻への
暴力行為という語義に変化していることに留意すべきである。DV防止
法 第1条において、当事者を事実婚を含む配偶者に限定した点に問題が
ある。
2. アメリカにおいて、配偶者間暴力の加害者に対して、義務的逮捕政策や、
強制起訴政策が取られている。しかし、これは偽計による冤罪であった場合、
極めて深刻な被害を生ずる。またJ.L.ハーマン等が示す心的外傷の回復過程に
おいては逆に被害者の自己決定を否定するものであり、その回復を阻害する。



11 : DV防止法の根本的誤謬と酒害の否認について 2:05/01/21 15:43:11 ID:???
DV防止法の根本的誤謬と酒害の否認について 2
3. 男性加害者の5〜7割が、酒害と関連があるという報告がある。しかし、
いわゆる酒害と暴力の連鎖がドメステイックバイオレンスの主体であれば、
酒害と暴力の連鎖を断つことに政策の主眼が置かれる必要がある。
また第一線機関において、ドメスティックバイオレンスの通報があったとき
には、どこに酒害の連鎖が隠れているか、きちんと見分けることがまず大事
である。ところが、第一線機関が酒害に対してどのような理解をしているか
によって、冤罪がいとも簡単に生じる。つまり、ドメスティックバイオレンス
担当者が酒害者である場合、また常習飲酒を肯定する者である場合、酒害の否認
が生じ、事実をねじ曲げてしまう。
4. 総理府が平成11年9月から11月におこなった「男女間における暴力に関する
調査」においても、この酒害からの視点が欠落しており、問題がある。



12 :いわゆる人災の機序:なぜ市民に虐待することが許されるのか 1:05/01/24 08:50:47 ID:???
The residents of Tsuduki-ward(yokohama-city) have been involed in
this disturbance. This sysytem in detention house must not apply
to infant/students.Yokohama municipal subway NO.3 with jan and
static runs through DEUTSCHE SCHULE TOKYO-YOKOHAMA.
This disturbance are the application of the technologies like ADSL
and GPS. The disturbance of frequency made human like malionette.
The sonic-vibration into nose, ear, eye make resonance in neural
network and vocal cord.
Medical concepts of the disturbance are below :
1. HYPNOSIS,AUTOMATISM and LIMIT SET: Showering and repeating the
same words over human limits halt the thought flow and dissociate
between cognitive process and affection.
2. FORCED MOVEMENT: Vibrations into ear and nose(through auditory
tube to inner ear) shake eardrum, stimulate tympanic nerve(the
branch of GLOSSSOPHALINGIAL NERVE). Then, those stimulations
from outside drive JAW MUSCLES synchoronously. The structures of
FACIAL NERVE and TRIGEMINAL NERVE are near enough for signal
cofusion of cranial nerves.
3. ELECTROMAGNETIC INDUCTION: Hemoglobin(Fe)in blood flow and
METALS in deposit tissues have been affected by magnetic field
of the disturbance.VOCAL CORD have been driven with this
stimulatoin from outside by the mechanism of electromagnetic
induction.


13 :いわゆる人災の機序:なぜ市民に虐待することが許されるのか 2:05/01/24 08:54:56 ID:???
4. SIGNAL CONFUSIONS: Different simultaneous noise like human
voices from different corner halt human decision, and the
convicts managed to recover themselves.The those satanic
continuous exposures in closed space make the convict prison
psychosis.(cf.the infant and mother) Those sodomic tortures
prevent the growth and development of the infant and child,
but also those evil influences bring about familial tragedy.
5. For the labour, more and more mistake with those
interferences have been resulted in irreversible physical
inpediments.
6.FOR SENIOR AND HANDICAPPED: By this disturbances senior
and hadicapped person increased miss and losstime,IT WOULD
BE FIRE ACCIDENT and SUDDEN DEATH. In this circumstance,
the pacemaker would be arrest. Inplant(teeth) would be
caused heart attack. Clipping of neurosurgical OPERATION
would be moved and raptured. The stent in coronary-artery
would be shurunk. They must not slot movilephone or
magnetic cards in the pocket near heart.This interferences
would occur fat-emboli in blood vessels what is critical
for life directly.
7. POST TRAUMATIC STRESS DISORDER: Those experiments cause
strong fear and severe dissociatoin. Such a awful experiences
have been made the residents severe POST TRAUMATIC STRESS
DISORDER.


14 :いわゆる人災の機序:なぜ市民に虐待することが許されるのか 3:05/01/24 09:00:14 ID:???
8.PSYCHIATRIC HOSPITAL: Inpatients in the psychiatric hospitals under
this circumstnces, have been sufferd from insomnia and irritability.
But, they know continous noise-vibrations are not auditory
hallcination, some of them protect ears intentionally by earwax
obstruction. They do not want wrong diagnosis and too much medication.
Tardive dystonia by major tranquilizer have been more and more worsen
at noon.Someone screams many times"Ouch!" like nightmare. Someone
cut partially his sandals because of dystonic pain at lower limbs. He
is not eager to lose oppotunities for going out the hospital and walking
around under the sunshine.They could not miss at meal, someone buy
plastic cup with cap and the oher take meal more and more slowry and
rearrenge dishes over the narrow tables carefully. ELDERLY PERSON is
apt to sit before the terevision as much as he can.
Citizens of Yokohama-city (Especially children)have been under threat
of this phenomenon. This frequency effects destroies eye, ear,and
reproductive organs ,vibrate Hb in blood flow, and confuse cognitive
function. Those damages develope severe Post Traumatic Stress Disorder.
This cruel Phenomenon have been overwhelmed Pregnant ,infant ,
senior person,and handicapped. Many Earthquakes and Typhoon and
ALCOHOL had been worsen those PTSD.
It's mad. Those situations make mutual discriminations between the
residents of this town and tear our reliance apart.



15 :名無しさん@おだいじに:05/01/27 15:11:56 ID:s7omtvCA
大学でで臨床心理学(精神医学含む)のゼミ取りました。担当者の教授は慶応で医学博士の学位を取得した方です。教科書としてICD−10」指定されました。さっそく買いに行こう。ためになりそう。

12 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)