5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【在学中に】USMLE受かろう【STEP1】

1 :名無しさん@おだいじに:04/08/12 14:08 ID:ccmeLzQm
地方の国立医のものですが。受験を考えています。
なかなか情報や同志が集まらないのですが、他にも受験する人いませんか?

2 :名無しさん@おだいじに:04/08/12 15:01 ID:???
俺も受けるよ

3 :名無しさん@おだいじに:04/08/12 21:09 ID:???
俺も受けたいと思ってる。ただ同志が集まらないんだよな・・・
「同志がいなければ勉強できないのか?」と言われればそれまでだけど、やっぱ同志ほしいよな。

4 :名無しさん@おだいじに:04/08/13 08:02 ID:???
1人で勉強続けるのは辛いですね
5年の時に受かりたいと考えています


5 :名無しさん@おだいじに:04/08/13 08:28 ID:???
USMLEって何?

6 :名無しさん@おだいじに:04/08/13 09:59 ID:???
>5
USMLE=米国の医師国家試験

どうやって勉強してます?当方3年で、生化学と解剖学の一部が終わったとこ。
でまあ、洋書を読んでるわけでもなく、問題集が出来るわけでもなく、
とりあえず、英語の解剖用語の暗記に四苦八苦してます。
うちの大学は4年が暇なんで、そのときに勉強しようかと思ってます。


7 :名無しさん@おだいじに:04/08/13 11:51 ID:???
>>6
お前阪大だろ

8 :名無しさん@おだいじに:04/08/13 11:56 ID:???
5年で受かる人とか多いの?
その試験合格したら日本でも使える?

9 :名無しさん@おだいじに:04/08/13 22:28 ID:???
>8
日本では何の役にも立たないと思いますが・・・

10 :名無しさん@おだいじに:04/08/14 00:49 ID:???
>>9
じゃあ、取る人は何のために取るの?

11 :名無しさん@おだいじに:04/08/14 00:50 ID:???
>>10
自己満足
余剰エネルギーのはけ口

12 :名無しさん@おだいじに:04/08/14 11:38 ID:XZzdtSZl
そのとおり、殆ど自己満足
アメリカでやって日本で活躍していると言う人は
殆どいない。一部のアメリカ研修を売りにした
病院でもれなく雇ってくれます。
あとは自己主張好きの集まりですから、
本を書くのが定番です。

13 :名無しさん@おだいじに:04/08/14 15:07 ID:???
暇なら勉強してて損はないと思う。
日本では使えないが・・・

14 :名無しさん@おだいじに:04/08/14 17:11 ID:4lde5oXh
マッチング準備って大変なんですか
彼が「忙しいって」相手にしてくれなくなりました。

15 :名無しさん@おだいじに:04/08/14 23:59 ID:???
monnkikki

16 :名無しさん@おだいじに:04/08/15 00:06 ID:Lk/YGXD0
QBのDr.赤津みたいに向こうで働けよ。

17 :名無しさん@おだいじに:04/08/15 02:23 ID:N3S9DWZe
>>6
Step1の範囲は基礎医学ですが、臨床的な事柄が出題されるので
まずは日本の国家試験に軽く合格する学力がないとお話にならないと
思われます。
そのレベルに達したら、First Aidをイヤーノート代わりに
KaplanのWeb問題集をこなしていき、最終的にFirst Aidの事項を
全部ものにしてしまえば合格は固いでしょう(Step1)。
初めのうちはA&Lの問題集も科目別に別れているので使いやすい
と思います。

18 :名無しさん@おだいじに:04/08/15 02:28 ID:N3S9DWZe
Step2CKについては、KaplanのWeb問題集のみで対応できますが、
産婦人科・精神科をBluePlintシリーズで別途押さえておけば
万全の体制で試験に臨むことができるでしょう。

Step2CSはまだ受けていませんが、やはりKaplanの講習が
良いと聞いています。

なんだかKaplanの回し者みたいになってしまいましたが、
やはり現地の予備校だけあって、いい仕事してると思います。
もっと早く気づけば良かった。

19 :名無しさん@おだいじに:04/08/15 02:47 ID:N3S9DWZe
私の回りにも誰一人としてUSMLEを受験する人はいませんが、
独学でとくに不自由を感じませんでした。
クリクラや国試勉強会・卒試対策と平行して勉強したので、
半端じゃなく大変でしたが。

しかも、あいつはクリクラさぼって勉強しているらしいなんて
噂をたてられた日にゃ…人並み以上にはやってるのに!!!

孤独を楽しめる人、夢なら見るだけで幸せな人、
周りの批判や賞賛に無関心な人、(…臨床に向いてなさそうな人っ!?)
適性があると思うので目指してみませんか?

20 :名無しさん@おだいじに:04/08/15 08:45 ID:Ls1rleLT
18>はなかなか的を得ている。

STEP 2CK 近々受けるがKAPLAN QBANKと本番の相関性ってどれぐらいあるの?

21 :名無しさん@おだいじに:04/08/15 14:02 ID:sNH1r6Ye
貼っておきます。

☆アメリカで医者やりたい。USMLE☆
http://ruku.qp.tc/dat2ch/0312/28/1023978496.html
☆アメリカで医者やりたい。USMLE☆ 2
http://life5.2ch.net/test/read.cgi/northa/1053263583/
**正規の学生としてアメリカの大学(医学部)へ**
http://life5.2ch.net/test/read.cgi/northa/1082285096/

>>20
Step2CKはKaplanとNMS(7割くらい)をこなしましたが
前者のほうがよく相関している気がしました(長さ・CBT形式が)。
本番はStep1と同様、問題の長さと400問という量に
圧倒されて、内容についてはどうだか正直覚えてないです…

22 :名無しさん@おだいじに:04/08/15 22:48 ID:???
18はちなみにどれぐらいのスコアでうかったの?
何科志望なの?
よかったら教えて。

23 :名無しさん@おだいじに:04/08/18 10:13 ID:???
furaiagege

24 :名無しさん@おだいじに:04/08/19 10:22 ID:???
step2 ck 先日受けてきました。
やはり問題が長く、2から3問各ブロックで落とした。
一番本番に近いのはやはりカプランでした。

25 :名無しさん@おだいじに:04/08/19 18:33 ID:???
6年生ですが、step1 とstep2 CKだったらどっちから受けるべきですか?


26 :名無しさん@おだいじに:04/08/20 00:48 ID:q9KRJUjZ
STEP1を先がいいと思う。
STEP2CKは臨床現場に即した実戦的なもんだいだから働いてからが有利。しかし働きながら勉強時間の確保は並大抵のことではむりだよ!
STEP1は時間をかけれる学生時代がいい。
矛盾するようだが、できればSTEP2CKも時間がある学生時代がよいと思う。
繰り返しになるが働きながら勉強時間の確保はかなりきつかった。

27 :名無しさん@おだいじに:04/08/20 02:42 ID:61EJi+4/
国試過去問やTECOM模試で8割以上とれているのですが、
KAPLANのSTEP2CKの問題は6割くらいしか取れません。
まだまだ勉強不足で英語力も足りないのでしょうが。
26氏はKAPLANでどれくらい取れたのでしょうか?
やはり働いて臨床現場を経験してから受けるべきでしょうか?

28 :名無しさん@おだいじに:04/08/20 21:40 ID:???
>>27
聞かれるポイントが微妙にちがうからね>USMLE
保険制度や社会制度の違いもあるし、「行うべき検査は?」と問われると
日本の国試なら単に診断上有用なものを選べばいいようにできてるけど、
USMLEではコスト面も考えた選択肢が正解になるし。


29 :名無しさん@おだいじに:04/08/24 09:02 ID:???
すみませんstep1を受けようと思ってるんですが、解剖学はあんまりやらなくても
大丈夫でしょうか?? 

30 :名無しさん@おだいじに:04/08/26 20:25 ID:LM8fM0CB
いるでしょ

31 :名無しさん@おだいじに:04/08/29 11:58 ID:???
board simulatorシリーズってどうよ?

32 :名無しさん@おだいじに:04/08/29 14:25 ID:???
USMLEなんてものは存在すら知らなかったけどここ読んでたら受けたくなってきた
今4年なんだけど来年受験するとして、どういう方向で勉強したらいいですか?
お勧め教科書とかあれば教えてください

33 :名無しさん@おだいじに:04/09/07 01:19 ID:???
とりあえず今勉強してる限りではイヤーノートは使えるな。
あとコア生理学とシンプル生化学。
つまり日本の医学部生が6年間で使う教科書はほとんど使えるってこった。
あとは英語の問題。
正直、日本の国試のほうが問題としては難しいような気もする。

34 :名無しさん@おだいじに:04/09/11 12:07:30 ID:???
step2のほうはどう?

35 :名無しさん@おだいじに:04/09/14 15:59:06 ID:Aj/2qkYJ
とりあえずQBやアプローチ解いておくべし。QBの必修三冊は以外に近いかも。

36 :名無しさん@おだいじに:04/09/14 16:22:11 ID:???
>33

あのぉ、あなたはUSMLEを受かってアメリカで職をさがすなら、85点以上、
できれば90数点が必要なテストだということを知っているのでしょうね。

80点ぐらいでは、日本から行くとよほどコネがないとどこも雇ってくれない。

アメリカの学生は、いい点数が取れなさそうだったら、わざと不合格になる。
1年に二回受けれるし、何回目で受かってもそれは問題にならないから。


37 :名無しさん@おだいじに:04/09/14 17:39:14 ID:???
なるほど、同じUMSLE受験生でも
力試しorハクつけたくて受ける人と
渡米するために受ける人(こっちが正統派だろうけど)とでは
目標とするラインが全然違うんだ・・・

俺は33とは別人なんだけど、33もきっと俺と同じで
アメリカなんて行く気ぜんぜんなしなんだよきっと。
おまいはがんばれ>>36 かなり本気で応援する。

38 :37:04/09/14 17:40:04 ID:???
USMLEをUMSLEと打ち間違えたのは内緒だ。

39 :名無しさん@おだいじに:04/09/16 04:03:26 ID:UMk8kKO7
>36
不合格になったらそれはtranscriptに記載されるよ。州によっては3回以上不合格の場合は受け付けてもらえない,というところもある。

いい点が取れなさそうだったら試験を全て終えずに帰ればいいけど,その場合もその事実はtranscriptに記載されます。


40 :名無しさん@おだいじに:04/09/23 04:10:29 ID:7oWLZ1dR
age

41 :名無しさん@おだいじに:04/09/25 21:36:04 ID:???
病理はどう勉強したらいいかな?

42 :名無しさん@おだいじに:04/09/25 23:06:57 ID:MPqiWOpV
まず内科やれ

43 :名無しさん@おだいじに:04/09/25 23:10:53 ID:???
>>42
各疾患の病態生理だけじゃなく検査や治療も含めて内科の勉強をしろ、ということ?

44 :名無しさん@おだいじに:04/09/26 13:08:52 ID:???
>>43
病態生理(生理・病理)やら起因菌(微生物)やらをふまえて治療(薬理学)まで
カバーする勉強を考えると、結果として内科の勉強をやってるのと同じ。

45 :名無しさん@おだいじに:04/09/26 16:59:08 ID:???
>>44
内科か…ステップ読みつつ基礎の本で肉付けって感じでいけますかね?

46 :名無しさん@おだいじに:04/09/27 21:27:19 ID:???
アメリカの大学でFacultyとして雇われたいなら

1日本でUSMLEに合格→residency→fellowship

という方法を取るより

2Research-J1で研究留学→業績をあげてH1-Bに書き換え+永住権獲得、その間にUSMLE合格→residency,fellowship

の方がずっといい。
1の場合、内科なら大体は五年で研修は終了するが、その後Facultyとして雇ってもらうだけの゛売り゛が無いのと、ビザの問題で結局帰国するしかなくなる。(2年縛り)
この場合帰国してからの職の保証も二年後にまたアメリカに行ける保証もない。

2の場合はあらかじめ論文業績があれば、それによって一番の問題であるビザについても解決できる可能性があるのと、H1-Bならば2年縛りも無いので心理的な余裕を持って研修にも臨める。
学部時代にSTEP1に合格してしまうと1の選択肢しか無くなってしまうのでその場合は大変不利である。

学部時代に自分の大学の基礎の大御所の研究室に通う→1stの論文を数報→米軍系病院で研修→コネで留学→2へ

日本人が今の時代にアメリカに行くならば、最も効率的かつ確立の高い方法はこれしかないだろう。
そのためには学部時代にはUSMLEの勉強と平行してCell Biology,Genetics,Biochemistryを徹底的にやっておく必要がある。

47 :名無しさん@おだいじに:04/09/28 10:18:30 ID:???
んなことしなくても有名教授に推薦してもらって、USMLEもってりゃふつうに働けるよ。んで頑張ればフェローくらいにゃなれる。日本人は労働者として好まれるからね。んなことより学生時代はスポーツか遊ぶかしろ。人として大きく育て

48 :名無しさん@おだいじに:04/09/28 10:40:27 ID:???

すし屋の梅さん思い出したよスレタイで

49 :名無しさん@おだいじに:04/09/28 11:52:09 ID:???
その有名教授に推薦してもらうということがどんなに難しいことか。
向こうのMedical Schoolで徹底した教育を受けた連中に比べ、臨床能力においては著しい差が存在している。
客観的な研究業績があれば別だが、我々日本人が臨床能力のみでアピールするのはどうしても限界がある。
それに一番の問題は日本でUSMLEに合格してClinical J-1でresidencyに入ってしまうと、fellowship終了後に二年縛りによる帰国義務があるということ。
昔ならそれほど難しくなくwaiverする方法もあったが今は難しい。
HHSを通して研究業績によってwaiverする方法もあるがそれは非常にハードルが高い。
それに比べればResearch J-1で研究業績をあげて、施設のスポンサーの元でH1-Bへの書き換えもしくはグリーンカードの獲得というのはそれよりはずっと敷居が低い。
BIDMCのIzumo氏の時代には即residencyからfacultyに残ることも可能だったようだが、現在では非常に困難。
TexasにいたShimomura氏やBWHのAikawa氏等は研究留学中にDepartment of MedicineのAssistant Professooになったが(前者は帰国)そのような例ならば研究業績を元に臨床研修に横滑りする事も容易である。


50 :名無しさん@おだいじに:04/09/28 12:20:48 ID:???
一方で日本でUSMLEに合格して即residencyの場合、二年縛りによる一時帰国の期間にどこかの有名な研究室で過ごすのも良いかもしれない
しかしコネを作るべき期間にアメリカにいたことと、臨床漬けで研究面のブランクがあることによりそれは難しい。
つまり純粋なClinicianとしてアメリカに渡りそして臨床能力で勝負するには日本人は圧倒的に不利だが、幸い日本の有力な研究室は世界的にも高いレベルにある。
それをうまく利用してphysician-scientistとしてアメリカで自分を売り込む方がずっと効率的だし確立も高いということ。
人間的な大きさというのはわかるが、向こうでMedical Schoolに入学する連中というのは、学部を卒業して社会人やら何らかの事前活動を経験してからというパターンも多い。
そのため入学時点で既に一人前のしっかりとした考えを持つ者がほとんどで、しかも自分で借金をして入学する学生も非常に多く、当然相当の覚悟の元で必死に勉強する。
そのような連中と切磋琢磨しようというのに、医学を詰め込むべき期間にスポーツだの飲み会やらコンパだのに時間を使っていればその差は広がるばかり。
それらは大学入学までに思う存分、一生分やってやってやりまくっておくべし。

51 :名無しさん@おだいじに:04/09/28 12:21:21 ID:???
そうすれば後悔無く学業に専念できるというものだが、それが無理だった人は、残念だがゆとりのある大学生活は諦めるしかない。
大学に入ってからは学業のみという気概でないとアメリカで生き残る事はまず不可能。
それが嫌ならアメリカに行くという選択肢を選ぶ必要もないだろうし行ったとしても日本人の生半可な努力では追いつけない差がある。
学部時代から既に自分の経歴が始まっていると考えて、貴重な6年間を過ごすことが求められる。

52 :名無しさん@おだいじに:04/09/28 21:44:22 ID:???
いやはや、御見逸れ致しました。

53 :名無しさん@おだいじに:04/09/30 05:43:52 ID:???
じゃあ、日本人外科医が腕一つでアメリカで働くなんてのは無理なんですか?

54 :名無しさん@おだいじに:04/09/30 13:04:10 ID:FjOGyEUA
>>53
外科系はそもそも、fellowshipまで進むのが極めて難しい。(脳外や心外や眼科なんかは特に)
しかし一方で臨床能力が手術という明快な要素で表現しやすいので、fellowshipまで進めばそのままfacultyとして残れる場合も結構あるようだ。
まあその場合も論文は書かなければならないが。
内科系の場合は臨床でも光るものを見せつつ、研究に全力を注ぐ必要がある。

55 :sage:04/09/30 15:14:17 ID:fuYKpYaN
そっかー

56 :名無しさん@おだいじに:04/10/02 01:25:37 ID:Vm3elJ0O
いずれにせよClinical J-1で入国した場合は(日本で合格→residency)fellowshipが終われば帰国しなければならないと。
fellowship後にアメリカで仕事を続けることができないなら、アメリカで研修を受ける意味もあまりないしなぁ。
結局アメリカに残りたければ、医局のお世話で留学して留学先で業績を残してコネでH1-Bかグリーンカードゲットしてresidencyに入るぐらいしかないのかな。

57 :名無しさん@おだいじに:04/10/02 15:54:05 ID:???
アメリカで助教授や教授になってる日本人はほとんどResearch J-1で渡米した人達。
逆に臨床留学〜とかの本に書いてるような連中はほとんどClinical J-1組(即レジ)。
彼らの経歴を見ると、レジデンシーかフェローシップが終わった後にはビサの問題で、
ほとんどが結局は日本に帰国して民間病院勤めに帰結してる。
アメリカでも日本でも研究ができないと大学には残れないよ。

58 :名無しさん@おだいじに:04/10/04 09:15:49 ID:???
研修医→入局して即研究留学2年→帰国して大学院→residency
という手もある。
最初の留学の時点で二年間の帰国義務を帰国して大学院で過ごす。
ただ、これは金がかかる。

59 :名無しさん@おだいじに:04/10/05 09:50:00 ID:nUkfyv30
有名な大学のfellowshipにはJ1からもH1からも入れないよ、だからグリーンカードは必須。
グリーンカード取得には研究業績が必要なので、留学前から論文を書いておいて、研究留学中に取得する。

60 :名無しさん@おだいじに:04/10/09 03:01:57 ID:???
age

61 :名無しさん@おだいじに:04/10/09 12:10:03 ID:???
ageyou

62 :名無しさん@おだいじに:04/10/21 19:21:00 ID:xOKbcL1D
ポリクィン法に挑め!!

63 :名無しさん@おだいじに:04/10/24 16:22:35 ID:cwb9ZvtQ
オンラインで勉強会やってる奴もいるけど、どうなん?
解説読めばそれで済むし、解説読んですっきりしない問題は
自分で満足するまで調べるしかないと思うんだが。

64 :名無しさん@おだいじに:04/11/01 18:55:19 ID:LPIx8FP6
部活ばかりしている医学部4年です。
最近ヒョンなことから参加したusmleの勉強会(問題集)ですが、
わからないことばかりで衝撃をうけています。
たとえば、上肢切断後には全身の末梢血管抵抗が増加するか減少するか、
どなたかわかる方、おしえていただけませんか?
スレ違いでしたらごめんなさい。

65 :名無しさん@おだいじに:04/11/04 15:50:40 ID:???
リピンコットの生化学ってstep1に向いてるの?みんながいいって言うけど、
実際どうなんだろう?

66 :名無しさん@おだいじに:04/11/05 16:14:38 ID:???
カプランってどう?名古屋にあるみたいだけど

67 :名無しさん@おだいじに:04/11/06 18:18:04 ID:Mahc4utw
受験の手続きがわからーん。だれかおしええください。何が必要なのか、どこに送るのかわからん。説明を読む時間がない、働いてるし

68 :名無しさん@おだいじに:04/11/06 19:56:59 ID:???
>64
そんなものは知識と言うよりは単なるアタマの体操。
上肢切断されてるときには末梢血管を締めるべきか否か?


69 :sage:04/11/07 19:41:33 ID:4T8rAJbH
>>68
たぶん、質問の趣旨をとりちがえてる?

70 : :04/11/07 19:55:04 ID:???
>>64
並列回路として考えると、回路の数が減るわけだから
血管抵抗は上がるじゃないかな
(1/R=1/R1+1/R2+...)

これが合ってるかどうかは分からんが、BRSシリーズとか
アメリカンな生理学の教科書を読めばどこかに書いて
ありそうだけど。


71 :名無しさん@おだいじに:04/11/08 01:14:56 ID:P2G1FSln
アメリカにいって医者する方がたのしいのかな?

72 :名無しさん@おだいじに:04/11/08 20:50:31 ID:???
国立大学6年生です。去年、STEP1受けて受かりました。
何も考えずに、ひたすら問題解いただけだったけど、かなり高得点でした。
でも、受かってから、どうしようかと迷ってます。
大学のOBで、cardiologyのfellowまでやった人が、徳で働いているのを見ると、
このまま突き進むのがよいのか迷ってます。
ちなみにその人は、明らかにtwo year ruleの被害者だと思います。
グリーンカード当たるか、アメリカ人と結婚するまでは、STEP2辞めとこうかな。

73 :名無しさん@おだいじに:04/11/11 06:27:37 ID:???
>>70
てことは、肥満になれば総末梢血管抵抗は下がるってこと?
なんだか、あがりそうな気がするのだが、、



74 :名無しさん@おだいじに:04/11/12 21:38:38 ID:???
上肢切断の外傷を負った場合じゃなくて,骨肉腫かなにかでアンプタせざるを
えなくなった,という設定なんだよね?

だとしたら,上肢切断→灌流領域の減少→血管抵抗が相対的に増加,か?

75 :名無しさん@おだいじに:04/11/19 00:23:00 ID:???
みなさん問題集はなに使ってる?
先輩から「board simulator」を奨められたのだけど、無駄に分厚いし・・・
カプランから出てる問題集とかレビューよろ

76 :名無しさん@おだいじに:04/11/19 02:07:38 ID:gU5D7eZo
>>73
妊娠のときは血圧下がるだろ。
あがると妊娠中毒症。

おれも、英語の生理学の教科書よんだけど、>>70と同じことが書いてあった。

肥満のときは知らんが。なんか押しつぶされそうだしな(笑)

77 :名無しさん@おだいじに :04/11/19 11:50:37 ID:h8QsAsqG
君ら、アメリカの差別知らないの。日本人ごとき、よっぽど頭いいか、アメ人奥さんもらうか、極太コネ持ってるかでないとUSMLE受かろうが研修しようが無駄無駄。
PIになる??笑わせる。なってる人確かにいるけど、一年で何人日本からアメに来ていると思ってるの。
そんなこと考えるのは日本で学位とってからにして下さい。夢もホドホドにね。

78 :名無しさん@おだいじに:04/11/19 20:19:28 ID:???
っつか、やっぱ直にMedical School行くのが一番なわけで。
日本で学生してから(まして医者やりながら)USMLEを受験して云々ってのは厳しいっつーか何というか。
#言い換えれば、だからこそ優秀な人間が向こうでstaffになったりできるのかな(w
##>>51>>57に要約されてる訳だわな。


っつーか、何でまた「アメリカで医者をする」のか、そこにfocus絞らんとアカンでしょ。


79 :名無しさん@おだいじに:04/11/19 20:47:24 ID:???
USMLE受かる=アメリカで医者をする、じゃないところがミソ。
大学の推薦入試のためだけに英検取る高校生みたいなもんだよ

80 :名無しさん@おだいじに:04/11/28 21:05:21 ID:???
1学部(阪大のK君のようにNat Medとまではいかなくても論文書いておく)

2沖中研修

3即大学院、自分の興味ある分野の大御所のラボを選ぶ(ひたすら論文書く)

4コネ留学

5業績を元にH1に書き換え

6業績を元に2YRをwaiverしてグリーンカード取得

7レジデンシー突入

アメリカに残ってる人達はほとんど4、5、6、7のコース。
その少しでも確立をあげるためには1、2、3が重要になって来る。
研究で成果が出なければ諦めるしかない、それでも日本からレジデンシーに入って2YRで不本意に帰国するよりは心残りもないはず。
アメリカに行くと必ずどこかで2YRをwaiverしたり、ビザの書き換えに関する問題が出て来る。
日本から直行でレジに入るとそのどちらにも必要な論文業績がまるでないわけで当然帰国を余儀なくされる、その上帰国しても職の当てもない。

81 :名無しさん@おだいじに:04/11/29 19:27:23 ID:???
生化学って何使って勉強してる?
つうか生化でつまづいてるあたり,>>80の言う帰国組ケテーイなのかもしれんがorz

82 :名無しさん@おだいじに:04/11/29 21:18:39 ID:???
俺は向こうで生まれて二重国籍なんだけど、これってかなり有利?

83 :名無しさん@おだいじに:04/11/29 22:37:50 ID:???
>>81
基礎からやり直してみたら?
>>82
有利っつーかビザの問題が無いので学部時代にUSMLE通れば、卒後即レジ→フェローの後も帰国する必要無くそのまま残ることができる。
うらやましい。

84 :名無しさん@おだいじに:04/11/29 23:36:46 ID:???
>>80
在学中に論文書いているやつって全国にどれくらいいるんだ?

それとどんな雑誌に載せてるんだ?

Nature medicineって本当か?

85 :名無しさん@おだいじに:04/11/30 06:01:45 ID:???
>>84
たまにいるけどIFで3〜4以下のジャーナルがほとんどじゃないの。
阪大のK君は優しい癌の教科書とかいう本を書いた人で、こないだ下村研からNat Med出したみたいね。

86 :名無しさん@おだいじに:04/11/30 07:45:11 ID:???
>>85
サンクス

他にも例があったら教えて。

いずれはそうなりたいよ。

87 :名無しさん@おだいじに:04/11/30 08:27:56 ID:???
>>86
数年前、一年の時から医化学教室に通ってPNASとJ Immunolに出した京大生がいた。
今はどうなってるから知らないけど。
アメリカ渡航の前準備として論文を書いておきたい場合は、もっとIFの低いジャーナルで十分でしょ。
HarvardのBWHに留学してた人(HMJのサイトに出てるけど)は、留学中三年でファーストのJ ImmunolとCancer、あとファースト以外で3報出してその業績をもとにH1-B書き換え+グリーンカード取得してる。
学部+院+研究留学中の合計でそのぐらい出しておけばビザ書き換え、グリーンカード→レジデンシーという流れがスムーズになる。
その後もアメリカに残り続けたければフェロー終了後に更に業績を出し続ける必要があるので、フェローシップはアカデミックなプログラムを選んでおく必要がある。

88 :まだ高校生:04/11/30 16:15:37 ID:RCsvRJTj
>>87さん、質問です。
私はまだ医学部に入っていないのですが、一回生の時は医化学の授業なんて普通はないですよね?
その京大生は自ら医化学の教室に乗り込んでいって、授業とは関係なく学んだのですよね?

私の場合、USMLE云々の以前の問題で、今は受験生ですからまずは入学なんですが、
入学後はこのように自分でいろんな所にのりこんで行って勉強したいと思っています。
一回、二回のうちはこのように学校を「利用して」いくにはどのようにして行けば良いのでしょうか。
また、どれ位の、どんな内容なら教養過程と平行して研究室にもぐりこんで(?)
勉強する事ができますか?

皆さん教えてください。
お願いします。

89 :名無しさん@おだいじに:04/11/30 17:11:05 ID:???
>>88
京大の人の場合は、医化学には本庶先生という大ボスがいたので最初からそれが目当てで京大に入ったのではないかと思う。
でもその人の例は単に在学中に論文を書く人もいるという例としてあげただけで、彼はアメリカに留学したいという目標があったではなく純粋に本庶先生の所で研究がしたかっただけじゃないかな。
研究室にもぐりこみたいならまずは自分が学びたい分野のラボを選んで、(おおまかな研究内容や業績はpubmedでも調べられるし)先輩のツテだとか直接たずねてみるだとかまあいろいろあるでしょ。
最初のうちってか卒業まで研究の手伝いだけで終わる場合もあるし、よく勉強しておけば論文を数報残せる場合もあるだろう、あとは運。
それらをこなしつつUSMLEの勉強を在学中に仕上げて、アメリカでの研究留学中にUSMLEを取得するのがよくあるパターン、ってか向こうで残りつつ臨床もやりたいならこれしかない。
受験生なら入学前に自分の進みたい分野を選んでおいて志望校もそれに合わせておかないと後から取り返しがきかないよ。
基礎の研究室だけでなくて、臨床でも大学によって業績が出てる所と出てない所の差が激しいから。
Neurologyなら東大か名大、Hematologyなら東大か阪大か京大小児科、Cardiologyなら東大か阪大あたりがいいでしょう。
在学中に教授が退官しそうな所も避けた方がいいかもね。
それからアメリカでの臨床が視野に入ってるなら臨床の勉強も基礎の勉強以上ににしっかりやっておくべきなのは当たり前。
まあこれらは内科系の話なので外科系になると大分違って来るかも、というより外科系でレジデンシーに入るのは奇跡に近いので常道なんて無いのだろうけど。

90 :名無しさん@おだいじに:04/11/30 17:17:54 ID:???
>>88
それから医学書なんていくらでも売ってるんだから、勉強は基本的には自分でやるもので講義なんてのはおまけみたいなもんだよ。
STEPでもなんでもいいから早いうちにさっさと概要をつかんでおいて、あとは原著の教科書を使って自分で学んでいくのが良い。
アメリカに行く前提の授業はしてないから結局全部自分で勉強して準備するしかない。

91 :名無しさん@おだいじに:04/11/30 17:19:49 ID:???
北大の薬学部の先生が医学部の学部生が来て研究してるっていってた
学部を越えて研究する手もある

92 :名無しさん@おだいじに:04/11/30 23:51:33 ID:???
KOだと毎年学生が論文だしているようだね。



93 :名無しさん@おだいじに:04/12/01 02:52:49 ID:YkSQibiq
Diploma(学位証)の英訳なんだけど、英訳してくれる人とって誰でもいいわけじゃないんだよね?
証明するのに領事館とかに行かなきゃか行けないんだろうけど、
一緒に行くのは大学の先生とかじゃ無理な気がするんだけど、詳細をだれか知りませんか?


94 :名無しさん@おだいじに:04/12/01 02:56:33 ID:???
KOなんてそもそも亡くなったイクオ君と再生オカちゃん、免疫屋さんぐらいしかまともに論文出してないから論外だろ。
しかもオカちゃんのとこは飯台から連れて来た連中、イクオ君のとこは灯台の弟子が論文書いててKOの自前なんていないしね。

95 :名無しさん@おだいじに:04/12/04 21:49:32 ID:Wv2qsAVw
研究で潜り込んで臨床、要するに
研究で実績→ビザ書き換え→グリーンカード→臨床レジデンシー
というのでは、
最初の「研究で実績→ビザ書き換え」というステップで3年、
次の「ビザ書き換え→グリーンカード」のステップで最近は2年、
くらいは費やされるように思われます。
また、研究で実績というのも保証はされていません。
臨床レジデンシーにたどりつくまでに、かなりの時間と運に左右されるように思います。
研究に向いている天才肌の方には薦められるかもしれませんが、
そのような方は臨床を目指す必要もないかもしれません。

「外科系でレジデンシーに入るのは奇跡に近いので」というのはひと昔前の話で、
最近の実情には合っていないと思います。
Quality of Lifeを重視する風潮と頻繁な訴訟という事情から、
米国人医師学生は外科系の進路を年々敬遠していく傾向にあります。
JAMAでも、Surgeryはここ十年で最も志望者の減ったSpecialtyのひとつとされ、
Applicant/Positionの比もほぼ1.0にまで近づいていることが報告されています
(Cardiovascularなど、以前は高値の華だった外科系Subspecialtyプログラムでは1を割っています)。
USMLE関係のスレや巷のウワサで、よく外科系レジデンシーには入れないとかいわれていますが、
昔の話で、今となっては迷信といってもいいかもしれません。
外科系に行きたい人は、意志をくじかれることのないようにしてください。

96 :名無しさん@おだいじに:04/12/05 00:53:18 ID:???
>>95
全く何の準備もしていなければそうだが、H1-Bへの書き換えは留学先のボス次第では一年半程度で取れます。
グリーンカードの方は施設にスポンサーになってもらわなくても自分で申請できる方法があり、早めに移民法専門の弁護士に依頼しておけばこちらも二年かからない。
どちらの場合も、留学してすぐの時点からあらかじめ先のことを見据えて準備しておけばビザ書き換え→グリーンカードの間を極力短くすることが可能。
書き換え三年グリーンカード二年というのは何の準備もしてなくて切羽詰まってから着手し始めた場合の話でしょう。
基礎研究から臨床へ鞍替えというのは時間もかかるし、確実性もないというのは同意するが、アメリカでFacultyとして残りたいという目的がある場合にはそれが他に道が無いので一番確率の高いその方法を取るしかない。
日本でUSMLEに合格しても、H1のスポンサーになってくれるプログラムは少ないのでJ1で研修に入ることになる、したがってフェローシップの後そのままアメリカに残るのは不可能。
2年間帰国義務を免除してもらうには論文業績が必要だし、帰国義務の2年を終えてからまたアメリカに渡る場合にも論文業績が無いと非常に厳しいので、やはりどちらにせよ論文業績は必須ということ。

97 :名無しさん@おだいじに:04/12/05 01:03:13 ID:???
単にアメリカの医療にふれてみたいとかアメリカで研修したいというなら日本でUSMLEに合格してレジデンシーに入れば良いが、アメリカの大学で仕事がしたい場合は基礎研究でもぐり込む方法が一番確率が高くかつ唯一の方法なのは間違いない。
とは言え確率が高いとは言ってもそれ相応の業績や労力がいるのは当然なので、根っからの臨床屋には苦しいだけの道かもしれない。
あと外科の人間が基礎研究にもぐりこむというのは大きなブランクにもなるのだろうし、外科医として働ける期間も短くなると思う(95氏は外科医のようなので、基礎研究からの鞍替えを強調されることに違和感を覚えたのでは?)。
内科の場合は、アメリカの教官には大変な研究業績があってなおかつ臨床能力も素晴らしいphysician-scientistも多いし、内科医が基礎研究でもぐりこむというのはむしろ王道だと思う。
実際にHarvardの出雲教授や元UCLAの織田教授など、日本人で内科学の教官として残っている(残っていた)人達はそういう経歴の持ち主でもある。

98 :名無しさん@おだいじに:04/12/05 01:05:01 ID:???
留学すると彼女どうしよ。

99 :名無しさん@おだいじに:04/12/06 22:22:49 ID:+seN7Xci
研究室はいってどれくらいで論文てかけるようになるものなんでしょう?

100 :名無しさん@おだいじに:04/12/07 00:20:20 ID:???
2〜4年ぐらいじゃない

101 :名無しさん@おだいじに:04/12/07 06:19:17 ID:???
日本でUSMLE受けてアメリカ行きたい場合って、ベスイスラエル病院への留学プログラムとかでもそうだけど、専門分野が同じ者同士で狭い門を目指して競争になるので、凄く殺伐としてる。
研究の場合はPIになってからは世界が相手の競争だけど、学生や院生の間は分野が違う相手同士なら競争関係にならない。
だから友達でも誘って、興味のある研究室を訪ねてみたらどうかな?

102 :名無しさん@おだいじに:04/12/07 23:32:24 ID:???
受験するとして、どうやって申し込めばいいの?
田舎大学だから受けるの漏れくらいしかいない・・・

103 :名無しさん@おだいじに:04/12/17 01:07:03 ID:GFjBzxvp
まずECFMGのホームページにいってごらん。

104 :名無しさん@おだいじに:04/12/17 06:52:17 ID:hVVplCaA
こんな、もう結論が出ていることを
まだ、ちまちま話しているのか。

もうそろそろsageにしろよ。

105 :sage:04/12/17 14:16:59 ID:uaqYQygP
sage

106 :sage:04/12/22 07:01:54 ID:???
sage


107 :名無しさん@おだいじに:04/12/23 01:30:52 ID:zDGsH8Hq
USMLEの勉強用のスレをたててみました。
http://school4.2ch.net/test/read.cgi/doctor/1103658131/1-100

108 :a:04/12/27 07:28:45 ID:lYoSgghe
アメリカで医者する道として、別に研究か大学に残るかだけが選択肢ではないよ。
大学に残ってる奴なんてレジデント終了した者の一部だけで、大半は市中病院で
働いてる。それで日本の医者の給料の少なくとも倍は稼げるし(科によっては
4倍以上)、日本よりアカデミックな経験をする機会は努力しだいで多くなるし、
休暇は日本の3倍から4倍の長さは取れるし、住むところにもよるが一般的には物価が安く、
広い家に住めて子供が英語しゃべれるようになるんだからいいんじゃないのか。
アメリカで医者するのにご大層な思想はいらない。別に差別もされてないよ。
頑張ってみんなもこっちで仕事してみれば?結構楽しいよ。

109 :名無しさん@おだいじに:04/12/29 04:11:57 ID:???
>>103
ビザは?

110 :109:04/12/29 15:26:14 ID:???
>>108でした。

111 :名無しさん@おだいじに:04/12/30 21:35:06 ID:???
>>108
たしかにあっちの市中病院で稼ぐのは魅力的だけど、
ふつうのビザではレジデントやって即帰国になっちゃうんじゃないの?

112 :名無しさん@おだいじに:04/12/31 09:11:59 ID:VUtP/L12
>>111
それが簡単にできるなら大学組もみんな残ってるわな。

113 :名無しさん@おだいじに:04/12/31 09:16:16 ID:VUtP/L12
>>111
それが簡単にできるなら大学組もみんな残ってるわな。

114 :a:04/12/31 12:05:48 ID:gCmXBqpm
レジデントが普通取れるビザはJ1ビザとなります。レジデント、フェローまでは一気に
済ませることができると思いますが、そのあと2年ルールというのがあって
二年間帰国しなければなりません。そのあと就職のためH1Bビザを取って
再度渡米、というのが通常のコースではないでしょうか。二年間のキャリアのブランク
はつらいものがありますが、レジデント、フェローまで済ませれば何がしかの
コネができているので、二年間の間に就職活動をしっかりしておけばまた渡米
してポジションを得ることは可能だと思います。

115 :名無しさん@おだいじに:05/01/01 01:48:40 ID:H/5wmrTT
>>114

レジデント→フェローシップ後にH1-Bで戻るのはほとんど不可能。
114に書いてあるような希望的観測は留学本みたいなのにもよく書かれていているけど、実際外人部隊が再度渡米するにはレジデント頑張りました程度では全く保証にならない。
H1-Bの場合スポンサーがいるのだが、単なる臨床医ならば日本人を雇わなくてもアメリカ人で十分なわけで。
論文業績でもあれば少しはましだが日本から直接レジデンシーに入った場合はそれも難しい。
よって留学本に体験記を書いているような人達の経歴は「〜大学レジデンシー→フェローシップ→〜病院部長(日本の民間病院)」というのがほとんど。
アメリカに残りたいなら、論文業績があるということが唯一またもっとも確実な保証になる。

116 :名無しさん@おだいじに:05/01/01 03:46:30 ID:???
おらは飯マズイからムリだ。

117 :名無しさん@おだいじに:05/01/02 14:04:05 ID:???
>>115
しっかり論文書いて臨床でもこき使われて・・・という努力なら
日本でも同じってわけか。
むしろ日本の民間病院にマッチ即就職する方がずっと賢明かも。

118 :名無しさん@おだいじに:05/01/02 14:05:21 ID:???
・・・と思ったが、>>115の言っているのは>>108の言う一般医の道じゃないよな?
>>108みたいな一般医になるにはビザはどうすればいいんだ?

119 :名無しさん@おだいじに:05/01/02 23:22:17 ID:/W8NDZS2
>>118 Jから残る方法はいくつかあります。たとえば、
1. Conrad30で医師数の少ない病院や開業医に加わる方法
別に日本でいうような僻地に行かなくても、
大都市から車で20分くらいのところに指定されている地域はたくさんあります。
また、大都市のド真ん中でも、Medicaidや無収入者の扱い件数を理由にしての勤務も可能です。
各州で年間30人となってますが、毎年30人に満たない州もあり、応募者を募集してるくらいです。
2. VAで働く方法
軍病院の医療レベルは高いことで知られています。
大規模なスタディに参加することも可能ですし、医師としてのQOLも高いです。
3. NIHに関係する。
レジデントやフェロー中に、NIHからのグラントをもらってる研究にからむ(各施設ごとに一つはあるでしょう)、
ということで、2-year-ruleを消すことができます。
他にも、いくつかの方法があります。

120 :a:05/01/03 00:51:07 ID:vJoowKMp
>119情報ありがとうございます。VAってレベル高いの??自分がレジデントしてる
プログラムのVAは建物は立派だけど医療レベル低いです。看護婦が最悪。
掃除のおばさんが血圧測ってるのかと思った。「先生!患者の拡張期圧が50です!
どうしましょう?」とか言うれべる。給料高くて首切りがないらしく、ぶくぶく太った
頭の悪いババア看護婦ばかりで気が狂いそうです。アテンディング(指導医のことね)
のレベルは悪くはないですが、特に優れてるという印象もありません。これで
ここのVAはアメリカの中でもましなほうだといううわさを聞いたんですが。まぁ、
ここ一箇所しか知らないので何も比較できません。よその地域はどうですか。

121 :名無しさん@おだいじに:05/01/03 02:20:20 ID:???
>>119

1と2はつらいね、アメリカ人が行きたがらない場所に行くしかないしそれでwaiverできるかどうかもはっきりしない。
3の場合は普通にresearch J-1で入国した方が遥かに楽だし。

122 :a:05/01/03 09:39:56 ID:vJoowKMp
自分でVAのレベル低いとか言っておいてなんですけど、そんなに雨人が行きたがらない
病院だとも感じないけどなぁ。二年間のwaiver目的
のためだけならVA結構いいんじゃないの?VA知らない学生君たちのために書いて
おくと、VAとは退役軍人病院のことで、横須賀や沖縄中部のような現役軍人
を診る病院とは違います。患者層はほとんどおじいちゃんで、低い所得層で健康保険がなく、
糖尿病、高血圧、慢性心不全、COPD、肥満をもった人たちを見てあげるのが大半と
なります。退役軍人でもちゃんと社会でやっていけるような人たちは健康保険
があるのでほかの一般病院に行ってしまいます。

先の見通しを立てることも重要だとは思うけど、試験勉強始める前からビザのこと
心配してくじけないほうがいいんじゃないのかな。とにかく動き始めることが大事。

123 :名無しさん@おだいじに:05/01/03 12:30:11 ID:QuN3heAD
>>122
別にVAの全部がアメリカ人が行きたがらない所だとは行ってない。
場所によってはTaluneのSchallyのようなノーベル賞受賞者がいる所もあるし、HMSの教育病院にだってVAはある。
しかしそれらの場合は研究業績の無い日本人は雇ってくれない、VAといってもピンキリだから最下層の方ならば雇ってくれる場合もあるかもしれないけどね。
行動力、決断力というものが基本的要素だというのには同意するが、レジ(フェロー)後に帰国を余儀なくされるような連中が多いことを考えるとやはり計画をたてた上で行動にうつした方がいい。
clinical J-1でレジデンシーに入ったり、その後アメリカの市中病院で働き始めると将来が非常に限定されてしまう。
前者の場合はせいぜい帰国して徳に拾ってもらう、後者の場合はアメリカの大学にも戻れなくなり下手したら日本にも戻れなくなるのがオチ。
アメリカはそもそも保険医療が崩壊寸前なので、大学でFacultyになって研究&臨床をしたいというような目的以外では嫌な所ばかり目に付くことになるだろう。
市中病院の医療レベルなぞ日本と大差無いしそれならばわざわざアメリカに行く意味もない。

124 :名無しさん@おだいじに:05/01/03 12:37:51 ID:???
>123
高給というのはメリットでかそうだけどね。
結局人より優れたことができなければ人の嫌がることでもしないと
大金は転がってこないのかも。。。

>120
日本でいうと自治体病院のしょぼいところみたいなもんか。
どこの国も公的施設は大差ないなあ。

125 :名無しさん@おだいじに:05/01/03 12:50:18 ID:QuN3heAD
>>124
一部のsubspeciality以外ではそれ程高給というわけでもないが、3Kの職場になるほど高い。
アメリカで一般医として生きて行くのは、日本人には非常につらい。
アカデミックキャリアの追求以外の目的で単にアメリカに幻想を抱いている場合、外国人として生きて行く際のデメリットの方がずっと大きいから。

126 :名無しさん@おだいじに:05/01/03 13:12:31 ID:QuN3heAD
結局、医療の部分では日本とアメリカは一長一短であるので純粋な臨床目的でアメリカに行く場合にはそれほど得られるものは多くはない。
アメリカが日本に比べて圧倒的に優れているのは例えばNIHからのグラントシステムであるとか、国としての明確な方向性であるとかの医学の部分だろう。
Assistant ProfessorでPIとして独立し、自分でグラントを取り人を雇いまた自分ですべての研究計画をたてる。
Full Professorになってからもいくつかstepがあるので常に人参をぶらさげられているような状態。
一部のprofessorshipの教官に至っては一億以上のサラリーをもらっていたりもする。
またそれらの有力教官は研究者であると同時に優れた臨床医でもあるという日本には無い一面も見られる。
アメリカ人の多くはそういう世界で自分のキャリアを追求していくので、立地の悪い危険な所だとかアカデミックでない所には人が集まりにくい。
そしてそういう不人気な場所に、夢を抱いた日本人が喜んでやって来て、そこに需要と供給が成立するということ。

127 :名無しさん@おだいじに:05/01/03 18:54:33 ID:???
日本でも医者の待遇じり貧だからなあ。


128 :a:05/01/06 08:41:46 ID:wNhajWRQ
医療3K職場の給料が高いというのはうそ。アメリカで現在一番給料が
高いのは放射線科と麻酔科。どちらもQOLはとてもよい。病棟なし、外来なしで
休日は確実に休日。一方、救急、一般内科などは死に物狂いで働いて、
10分おきのポケベル指示受けに仕事と思考を寸断されながら麻酔科や放射線科の
半分以下の給与。休みの日でも深夜でも患者のことで自宅まで電話がかかることも
ありうる。

129 :名無しさん@おだいじに:05/01/06 14:11:36 ID:dmMdUyk7
>>128
そもそもRadiologistやAnesthesiologistがサラリーがいいだとかいうのは、日本人である我々にはあまり関係のない話。
なぜなら専門別のサラリーを問う以前の問題として、日本人を雇ってくれるような場所が少ないから。
つまり必然的にアメリカ人の行きたがらないないような地域に行かざるを得ず、よってそのような施設は必然的に3Kの職場が多いということで、高給というのはその結果でしかない。

ちなみに専門別のnet income after expensesの中央値

Anesthesiology$253,422
Radiology$273,211


130 :名無しさん@おだいじに:05/01/06 22:04:26 ID:???
pathologyはいくらくらいですか?

131 :名無しさん@おだいじに:05/01/06 23:23:44 ID:???
>>129
そもそも日本人がそういう3K職場に行くということ自体おかしい現象なんだけどね。
米国の医者は,構成人種を考えればむしろ移民の大金一挙獲得手段みたいなもんだし。

132 :名無しさん@おだいじに:05/01/07 00:18:21 ID:???
日本でうだつのあがらない地方大の連中がアメリカに行って研修して、帰国したら日本の医療にケチをつけるってのは良くあるパターン。
だから3Kだろうがいいのさ、アメリカに行けさえすれば。

133 :a:05/01/07 04:57:00 ID:???
アメリカに行くことそのものが目的になってしまっているような連中、盲目的にUSMLEに合格しアメリカに来ているような連中は自ら望んで来ているのだから待遇等はどうでもいいのだろう。
一方でHarvardのIzumo(Professor of Medicine)だとかUCLAのOgawa(同上)みたいな人は、望まれてアメリカにいるのだ。
後者にとってはアメリカにいることは手段であって目的ではないので、日本の方からより良い条件を提供されれば(有り得ないが)将来的に戻って来る可能性も無くはない。
しかし前者の場合、アメリカに“いさせてもらっている”身であるので、ビザやその他の社会的条件によって突然帰国を余儀なくされる可能性もある上、日本に戻りたくなっても自分で仕事場を見つける他ない。
後者は例外無く研究留学からのresidency横滑り組で研究だけでなく臨床能力も高いが、大半は灯台や飯台、及第のような有力大学を卒業し日本とも手を切らずにアメリカに来ている。
前者は唯一の売りの臨床能力でさえ後者に劣る上、日本とのつながりも無くただアメリカに滞在していることのみに満足している。
雇い手にとっては扱いやすいことこの上ないだろう。

134 :名無しさん@おだいじに:05/01/08 01:32:43 ID:V8ePIP6R
USMLEに合格しアメリカに来ているような連中も、初めは自ら望んで、後には社会から望まれてアメリカにいるかもしれんでしょ。
>>133のような人は、今教授をやってる人とか、今有名な人しか見えてなくて、
将来そうなるような潜在力のある人が見えない(あるいはそのような発想もない)のかも。

135 :名無しさん@おだいじに:05/01/08 12:00:55 ID:b4NMH+4+
>>134

USMLEに合格してからアメリカに来るような連中の中からは教授なんて絶対出てこない。
将来的に教授になる可能性があるような人、例えばBWHのAikawaやDFCIのAkashiのような人はいくらでもいるが、いずれも最初はリサーチフェローとしてやって来て、そして今は内科の助教授や病理の準教授をやっている。
USMLEに合格して勢いだけで乗り込んで来ても、絶対に教授などにはなれない。
アカデミックポジションにつきたいなら最初は研究で潜り込んでから臨床に鞍替えするしかないね。

136 :名無しさん@おだいじに:05/01/08 14:35:37 ID:???
>>134
可能性はゼロじゃないにせよ、相当低いだろうね。
少なくとも同じ人物が日本でアカデミックポジションにつくよりずっと可能性は低い。

137 :名無しさん@おだいじに:05/01/08 17:06:52 ID:???
>>136

だから日本に帰国してから徳に勤める人が多いんですか?

138 :名無しさん@おだいじに:05/01/08 17:54:20 ID:???
日本で3K徳医をやるのがいいか、米国で3K一般臨床医をやるのがいいか。

139 :名無しさん@おだいじに:05/01/08 19:06:28 ID:???
医局のコネでリサーチフェロー

論文を書きつつUSMLEの勉強をしながら機会を伺う

アメリカの大学に勤めたい場合ってこっちの方がいい?

140 :名無しさん@おだいじに:05/01/08 22:15:32 ID:???
>>139
アメリカの大学でというなら、そう。

141 :名無しさん@おだいじに:05/01/08 23:34:59 ID:???
>>140

じゃあ在学中にUSMLEの勉強をしたり日本でUSMLE受ける意味ないですね。

142 :名無しさん@おだいじに:05/01/09 10:34:45 ID:???
俺はUSMLE受けるんだぞーアメリカだぞーって優越感に浸りたいだけの見栄っ張りも多いからな。
アメリカ留学ってのは一発逆転の手段じゃないんだよ。
日本でダメなやつがアメリカでうまくいくわきゃない。

143 :名無しさん@おだいじに:05/01/09 11:22:16 ID:M0YlY2e1
上、>>134以外の方へ
アメリカにリサーチでやってくる人数って、年間数でも膨大でしょ。
それこそ、ほとんどの人がハクをつけるだけのような感じで。
アメリカにUSMLE合格でやってくる人数って1年に10人いるのかいないのかでしょ。
アメリカで教授職というかアカデミックポジションにつくチャンスって、本当にリサーチの人の方が大きいっていえるの?

144 :名無しさん@おだいじに:05/01/09 12:36:43 ID:???
>>143

そもそもresearch J-1で留学している人の大多数は、アメリカに残りたい人ではなくて医局の都合やら箔付けのために来ている人が多い。
例えば嵯峨だか宮咲きだかの循環器の現教授は、せっかく業績出してHarvardの循環器内科で助教授になったのに、飯台の医局に戻って来てわざわざ地方大の教授になった。
(飯台は2内の教授もTexasで助教授になったのに戻って来たね)

臨床留学組は相当の気合いを入れてアメリカに乗り込んで行く場合が多いのだろうが、研究留学組は日本に後ろ髪を引かれているのかアカポスゲットしても割とあっさり帰国してしまう。
なぜなら彼らの場合、そもそもそれだけの業績をあげられる人材であるので日本での出世もある程度は期待できるし、わざわざアメリカに残るような一か八かの選択はしないのだね。
一方、灯台やら鏡台から声がかかっても蹴り続けているIzumoやAikawaのような例も珍しくはない。
だから最終的には残るか残らないかは本人の問題ではあるが、入口としてはそんなに狭くはない。
しかし、臨床留学→アメリカの大学に残るという選択の場合は、可能性は限り無く0に近いというか0だろう。
研究留学の場合アメリカの国益に関連してくるのでビザや永住権、2 year ruleのwaiverについての締め付けもかなり甘いし、入口自体が開かれている。
臨床留学の場合はclinical J-1ビザの定義からしても、residency、fellowshipまでは確かに広く開かれているが、その後の門が完全に閉ざされているのでそこから先は門前払いされてしまう。

145 :名無しさん@おだいじに:05/01/09 12:45:58 ID:???
あと、もう一つ道がある。
その分野の研究や臨床で国際的な知名度があり、圧倒的な業績を持った人物にアメリカから誘いが来てfacultyになった場合は、residencyを通さなくても臨床行為が許される特別なビザが与えられる。
髪の手のおっさんもそれでDukeから呼ばれて日本から直行便ですよ。
まぁ外科でないと難しいんだろうなぁ。

146 :名無しさん@おだいじに:05/01/09 14:16:26 ID:???
>>145
日本で教授にでもならないと無理じゃん

147 :名無しさん@おだいじに:05/01/09 15:57:11 ID:???
研究重視で専門選ぶならどこですかね?

148 :名無しさん@おだいじに:05/01/09 22:02:05 ID:M0YlY2e1
>>USMLEに合格してからアメリカに来るような連中の中からは教授なんて絶対出てこない。
>>臨床留学→アメリカの大学に残るという選択の場合は、可能性は限り無く0に近いというか0だろう。

「絶対ない」、とか「可能性は0」とか、文章に信頼性をなくしている。
というか、実際にそのような例を複数見ている自分にとっては特に。

149 :名無しさん@おだいじに:05/01/09 22:37:02 ID:???
>>148

どこにいるの?
実例をあげてよ。
いてほしいという願望と実在するということは違うよね。
そしてその実例の場合、ビザはどうしたの?

150 :名無しさん@おだいじに:05/01/10 00:21:13 ID:JuepKHt8
両方正解でもあり間違いでもあるよ。
昔はリサーチで渡ってからから臨床に移る場合もその逆の例も多かったからね〜。
医療従事者は永住権すら簡単にゲットできた時代もあった。
今の時代は臨床留学組の先行きは確かに暗くなる一方だよ。
リサーチでコネ作ってねじ込んでもらうのが一番現実的だわな。

151 :名無しさん@おだいじに:05/01/10 04:25:14 ID:odwijbCd
>>149
いるだろ。
臨床で行ってカリフォルニア大で教授になった人とか。

152 :名無しさん@おだいじに:05/01/10 04:56:14 ID:???
>>151

血液の人かそれとも織田信長か。
いずれにせよ彼らの時代にはビザや永住権について結構融通が利いたからそれも可能だった。
ロックフェラーにもそういう経歴の日本人教授がいるよ。
今では厳格な2 year ruleの適用、ビザの書き替え等でその時代とは比較にならないほど厳しいから可能性は0だね。
時代錯誤も甚だしいよ。

153 :医学部6年生:05/01/10 10:49:18 ID:a/qyzvW3
ややスレの流れからそれますが、日本でUSMLE/ECFMG取ってアメリカで
residency/clinical fellowを終えて、board取った後、アメリカでの
アカデミックポジションに全くこだわらず、日本の市中病院で臨床医を
するというのは、いかがなもんでしょうか。卒後研修の間に帰国後の
ためのコネを作っておき、帰国後のポストにつなげたいのです。
この場合、アメリカでの臨床経験がプラスに働き、多少の泊もつき、
大学での出世は望めないけれど、臨床家として悪いコースではないと
考えているのですが。
帰国後無事にポストが見つからなくても、出身校の医局か徳か僻地で
拾ってもらえれば、野垂れ死にもなさそうですし。



154 :名無しさん@おだいじに:05/01/10 12:35:42 ID:???
>>153

それだとアメリカ行くだけ時間の無駄じゃない?
日本人には縁のないような有名大学のプログラム以外ならそれほどレベルが高いわけじゃないし。
日本とは環境が違いすぎてマイナス要素にしかならないよ。

155 :名無しさん@おだいじに:05/01/10 14:15:01 ID:???
>>152
得られるのは自己満足感だけかと。
それだったら日本の市中病院できっちり研修した方が有用じゃないか?
「自己満足:priceless」だと思う人にはおすすめするけれど。

156 :名無しさん@おだいじに:05/01/10 14:42:50 ID:???
留学といってもそろそろ場合分けした方がいいんじゃない?

日本で働きたい場合(大学外)→アメリカに行くだけ時間と手間の浪費

日本で働きたい場合(大学)→リサーチで留学→ビザは延長せず日本に帰国

アメリカで働きたい場合(大学外)→日本でUSMLE受験→residency→(fellowship)→VA,日本人向けクリニック等で職場を探す
アメリカで働きたい場合(大学)→リサーチで留学→論文業績によって帰国義務waiver,ビザ書き替え,グリーンカード→residency→fellowship→大学のfacultyを目指す


157 :名無しさん@おだいじに:05/01/11 06:25:56 ID:???
アメリカの大学で働きたい場合は3番目のじゃだめなの?
4の場合は結構時間かかりそうだなぁ…

158 :名無しさん@おだいじに:05/01/11 06:39:32 ID:???
他スレでも平気でグリーンカード取得というレスがあるが、
言うほど簡単には取れんだろ。

159 :名無しさん@おだいじに:05/01/11 06:53:22 ID:???
>>158

取得者の体験記とか見ると、だいたい留学先で3〜4報の論文を書いて移民法が専門の弁護士に依頼すればスポンサー無しですんなり取れるみたいね。
pubmedで何人か検索してみたらIF5、6ぐらいのジャーナルを1報とあとは1とか2のジャーナルを数報ってかんじ。

160 :名無しさん@おだいじに:05/01/11 09:55:54 ID:lwlRCDVe
>>日本で働きたい場合(大学外)→アメリカに行くだけ時間と手間の浪費

アメリカにいる3〜5年間 vs 日本の市中病院にいる3〜5年間

後者の方が時間の無駄のような…

161 :名無しさん@おだいじに:05/01/11 13:16:42 ID:???
アメリカで研修すればたった数年で特別な能力がつくと勘違いしてない?
"日本で"役に立つ能力なら、日本の市中病院で数年過ごした場合の方がまだ多くのものを得られる。
アメリカで働きたいわけでもなし大学で働きたいわけでもなし、行く価値まるで無し。。


162 :1:05/01/11 17:47:16 ID:???
在学中に合格する意義が無くなってしまったのでこのスレ撤収。

163 :医学部6年生:05/01/11 19:09:37 ID:I4T+KmJd
160さんに近い意見なのですが、医局ローテで微妙な病院をまわされる
くらいなら、アメリカの平均的な病院で研修するのは悪くないと思う
のです。アメリカの留学に対して幻想を持っているわけではないの
ですが、平均的な日本の病院の教育状況よりは、アメリカの病院の
平均的な教育状況の方が上のような気がするので、アメリカでclinical
fellowを終えて帰ってくると、それだけでスーパースターには(一般的には)
なれないとは思いますが、日本に残っている人に大きく水をあけられる
こともないとの、認識です。161さんの仰るように、日本での習慣や
ローカルルールもありますし、日本でのポスト探しも原則的には
日本にいた方が有利だとも思います。トータルで見て、「ちょっと苦労
するけれども、アメリカでの臨床を経験してみたい」という感覚で
渡米しても、大損することはないと思っているのですが・・・・

164 :名無しさん@おだいじに:05/01/11 19:59:00 ID:???
損とかはないと思うんだけど、それだけの労力をつかう必要はあるのかな・・
受身的に医局にまわされるのが嫌なんでしょ?
てか別に日本でも医局に入らずに自分の力でいくことも可能だし

165 :名無しさん@おだいじに:05/01/11 21:44:32 ID:???
>>163
体験してみたいだけなら悪くないと思う。
でもアメリカの大学で研修すると、絶対残りたくなるよ…
だから不本意でもリサーチで渡米してから臨床に乗り換えたほうがいい。
リサーチでうまく結果がでなくて帰国したとしても、まだ臨床では留学できるし。

166 :名無しさん@おだいじに:05/01/11 22:59:11 ID:???
>>160, >>163
大学に入局して医局ローテで・・・というのなら確かにそうだろうけど、
今やマッチングの時代だよ。別に医局を避けるなんてわけもない。

常識的に考えて、日本国内できちんと研修を受ける方が将来日本で働くには有効だし、
米国で研修を受けてまた就職先を探しに戻る苦労を考えたら、その分の労力を
自分の技能向上に当てる方がかしこくないか?




167 :名無しさん@おだいじに:05/01/12 00:03:05 ID:kK0r6+3j
>>アメリカで研修すればたった数年で特別な能力がつくと勘違いしてない?

アメリカで研修すればアメリカで臨床できるという特別な能力がつく

168 :名無しさん@おだいじに:05/01/12 00:08:40 ID:kK0r6+3j
>>常識的に考えて、日本国内できちんと研修を受ける方が将来日本で働くには有効だし、

日本国内できちんとした研修を受けられる----どこ?

169 :名無しさん@おだいじに:05/01/12 00:40:05 ID:???
>>167

能力はついてもビザの問題で結局アメリカでは働けないので何の価値もないな。

170 :名無しさん@おだいじに:05/01/12 00:53:29 ID:???
つーかアメリカで研修すればアメリカで働けるなんて勘違いしてる人結構多そうだね。
日本でUSMLEに合格した場合はClinical J-1ビザで研修に入るが、それってアメリカ以外の国の人間がアメリカで研修してそれを母国に還元するという目的のビザなんだけど。
だからこそ帰国義務があるの。
研修終わったらとっとと帰ってくださいって言われてるようなもんだ。

171 :名無しさん@おだいじに:05/01/12 00:58:12 ID:???
researchで渡米した場合は途中でH1-Bに切り換えることになるが、H1-Bには帰国義務がないのでさらにその後Oビザに切り換えたりやグリーンカードを申請したりできる。

172 :名無しさん@おだいじに:05/01/12 00:58:41 ID:R4U1AAHL
京大在学中に通った友達いるよ。STEP2まで受かってた。


173 :名無しさん@おだいじに:05/01/12 01:10:14 ID:???
>>172

いっぱいいます。

174 :名無しさん@おだいじに:05/01/12 03:30:18 ID:6qhiNv/V
>>171

"Clinical J-1ビザ -> Oビザ" = も可能なんだけど

175 :名無しさん@おだいじに:05/01/12 03:52:26 ID:???
おまいらの大学のUSMLEの合格率ってどうよ?
漏れは地方国立大学だが、受ける人が毎年一人いるかいないか。
数年前に受かった先輩がいるらしいが、どこまで受かったのか
定かではない。
>>173を嘘と決め付けるわけでないが、以前聞いた話だと京大でも
受かる人は10人いないだったと記憶しているが。何人受けるのかは
知らないが。

176 :名無しさん@おだいじに:05/01/12 03:57:01 ID:???
>>174
Oビザに書き替えても2 year ruleを持ち越すことになるからどちらにせよ帰国義務からは逃れられない。
それにOビザってのはペーペーが簡単に申請できるようなもんでもないし。

177 :医学部6年生:05/01/12 07:23:27 ID:Wd+74Rzv
>体験してみたいだけなら悪くないと思う。
>でもアメリカの大学で研修すると、絶対残りたくなるよ…
>だから不本意でもリサーチで渡米してから臨床に乗り換えたほうがいい。
>リサーチでうまく結果がでなくて帰国したとしても、まだ臨床では留学できるし。
そんなにアメリカに残りたくなるものですか?
まだアメリカの医者の生活の実情をイメージできてないので、ぴんとこない
のですが・・・
個人的には、日本は愛すべき母国であり、友人や故知もあるわけで、アメリカ
永住はあまり考えていないです。
半年くらい頑張ってUSMLEとってしまえば、「憧れの」米国へ行けるわけで
いいじゃないですか。この板の方の多くは、医者人生を出世レース的にイメージ
している方が多くて、それはひとつの生き方だと思うのですが、僕は、自分の
(必ずしも出世につながらなくても)自分の気に入った病院や環境で患者に
喜ばれる医療をこつこつとやっていくのも、楽しい人生だと考えています。
アメリカに残る方は、普通に臨床医をしているのですか?それとも、アカポス
につくことを前提にしているのですか?普通に臨床医なら、ビザさえクリア
できれば、職は見つかりそうですが、アカポスにつくって、かなり大変じゃ
ないんですか?
>175
在学中に5人も受かればたいしたものだと思います。灯台や兄弟はそれくらい
うかってそうな印象があります。国公立の相場は0〜2人/年くらいでしょうか
>ビザ
ビザに関しては、ステップ3まで取って、在米中に書き換えて2y ruleを逃れる
のが一番賢いでしょう。




178 :名無しさん@おだいじに:05/01/12 07:24:26 ID:6qhiNv/V
>>176

2-year-ruleを消すことはできる >>119

179 :医学部6年生:05/01/12 07:37:17 ID:Wd+74Rzv
僕の考え方に無駄が多いといわれればその通りで、なんの反論もできない
かもしれませんが、臨床で渡米する方の何割かは、いきおいでUSMLE取って
日本でのポストを捨てて、夢を持ってアメリカに行って、フェローを終えた後
2y ruleで強制送還されて、徳とかに行くわけですよね。徳が悪いという
つもりはないのですが、アメリカに行って一発当ててやるぞ的な発想で
留学する人の場合、リサーチが絡んでないと、失意に終わることが多いと
思うのです。むしろ、損得抜きでアメリカを見たい的な発想のほうが、
のちのち納得できるのではないかと思うのです。志が低いのかもしれません。

180 :名無しさん@おだいじに:05/01/12 14:58:42 ID:aO0PKdHM
>>177
だから在米中に書き替えても、帰国義務は持ち越されるから逃れられないの。
それ以前にH1-Bに書き替える場合は施設等のスポンサーが必要なわけだが、日本でUSMLEに合格して渡米した場合は何の研究業績も持ってないからそれは不可能。

>>178

そもそもOビザに書き替えるには卓越した研究業績が必要なので、臨床留学組には書き替えることができない。
そして日本で合格して渡米した場合、J-1ビザの期限は最長で7年間でresidency+fellowshipで5〜6年。
(期限が残っていても原則として研修終了後はただちに帰国しなければならない)
VA等で帰国義務をwaiverするためには5年以上の期間をそこで働かなければならないので、どちらにせよ途中でビザが切れて帰国することになる。
ついでに言うとその場合は仮に5年間働いてwaiverした後には、大学や他の施設には戻れない一方通行ね。

1 Oビザへの書き替え(研究業績がないので不可能)
2 VAその他でwaiver(途中でビザが切れるので帰国)
3 H1-Bへの書き替え(その前提として2が必要なので無理)

つまり日本で合格して研修に入った場合は、どうあがいても途中で帰国しなければならないってこと。


181 :名無しさん@おだいじに:05/01/12 15:10:02 ID:aO0PKdHM
あと119の3について。
アメリカの大学の教官はたいがい自身のラボの運営、ラボメンバーの給料、自身の給料をNIHやHHMI等のグラントでまかなっている。
しかしNIHのグラントに応募するためにはグリーンカードが必要で、帰国義務がある間はグリーンカードの申請もできない、つまり3も不可能。
でも臨床留学組にも一つだけ方法が残されているんだけど、知ってても皆倍率が上がるから言わないだろうな。

182 :医学部6年生:05/01/12 15:25:05 ID:Wd+74Rzv
>180
知人がstep3まで取り、研修先をスポンサーにしてHをとり、弁護士に
高い金を払ってGCにしたと語ってましたが、私の認識違いでしょうか?

183 :名無しさん@おだいじに:05/01/12 15:35:41 ID:91f2oAs2
臨床でアメリカにポジションを獲得する方が、そのあとWaiver通すより難しいです。
この第一段階を越せない人がどうも、Sour Grape的な意見、
「臨床でアメリカにいってるやつに未来がない」といっておられるのでしょうか。
臨床で来る臨床留学組が残れないかのような印象を持つのは不適切です。
Conrad30 Waiverだけでも全米で年間1500人が可能です。
Conrad30が可能な医師の少ない地域(MUA/HPSA)には、
大学病院も含めて大きな医療施設が多数あります。


184 :名無しさん@おだいじに:05/01/12 15:36:48 ID:91f2oAs2
Waiver通して直接アカデミックポジションについた人を過去2年に限っても
個人的な狭い範囲のつきあいだけで3人知っています。
また、ここに書いてる人の多くは日本+米国だけでみていますが、米国にいると、
インド、中国、韓国、ベトナム、タイなどから多くのFMGがやってくるのは明らかです。
これらの優秀な人たちは、Jでやって来てもしたたかにWaiverを通していきます。
このような事実を含めて、「臨床留学組にアカポジの可能性はゼロ」とかいっている人たちの信頼性は低いです。
どのような人も、全米5万以上のアカポジ該当者全てを把握しているわけではありません。
狭い知見の人を信じて、やる気のなくされないように。

185 :名無しさん@おだいじに:05/01/12 15:43:45 ID:91f2oAs2
>>180 VAその他でwaiver(途中でビザが切れるので帰国)

Waiver通れば、Hビザに書き換えるのは容易です。
Waiverさえ通してHビザに変えれば、180さんのおっしゃるような、
Jビザ最大7年という縛りは関係なくなります。

186 :名無しさん@おだいじに:05/01/12 16:02:19 ID:aO0PKdHM
>>183,184

大学以外でもいいから働きたいってんなら抜け道はある。(難しいがH-1Bでくればいい)

でもアメリカの大学で働きたいなら医局のコネででも研究留学して、臨床に横滑りした方がいいに決まってる。
教官を目指すなら研究できてなんぼなわけで、臨床留学組に可能性なんかあるわけないでしょ?リサーチなめてる?
つーかね、facultyになりたいような人間が研究できないでどうするんだと。
仮にAssistant Prof.になってから五年以内にAssociate Prof.に昇格しないとクビなわけで、それ以前の研究経歴が非常に重要になってくる。
waiverするのに無駄に時間かける暇があったり無駄な知識やら裏技にだけやたら詳しくなるぐらいなら、最初から研究で渡米して臨床横滑り、そのあとfaculty目指した方が遥かに生産的だよね。
その場合アメリカでの研修なんて手段であって最終目的ではないのだから、一番大事なのが研究業績だっていうのは当たり前。

187 :名無しさん@おだいじに:05/01/12 16:12:18 ID:aO0PKdHM
つーかインド人やら中国人を引き合いに出す時点でアフォかと。
やつらの横の繋がりやら背景を無視して日本人と同列に語れるわけがない。
アメリカに来てフェローやらポスドクの給料で母国に送金してるような連中と我々を比較できるかい?
彼らはたとえアメリカでどんな環境であれ、母国をある意味捨ててきているので泥を被るのをいとわない。
waiverについてまわる大量の書類やら手間隙というのが並大抵ではないからこそほとんど全ての臨床留学者が帰国して民間病院勤めに帰結しているんだよ。
帰国義務免除なんて誰でも考えつくのにそれができない人が多いって事実を理解できてないね。

188 :名無しさん@おだいじに:05/01/12 16:27:02 ID:???
>>185

waiver通す、ってそれは5年以上VA等で働いた後に申請するものでしょう。
フェローまで5年で終えたとしても合計10年間かかる。
J-1は7年が限度だからwaiverするための残りの3年間の間のビザはどうするの?
そしてアカポスゲットのためには、その10年間の研究のブランクは取り返しがつかないロスになる。

189 :名無しさん@おだいじに:05/01/12 16:33:25 ID:91f2oAs2
>>186
いってることはわかる。アカデミックポジションなら研究は大切。しかし、

>最初から研究で渡米して臨床横滑り、そのあとfaculty目指した方が遥かに生産的だよね。
その場合アメリカでの研修なんて手段であって最終目的ではないのだから

なら、そんな手段を使わなくても(=臨床せずに)、基礎でfacultyになればいいでしょう。
遥かに生産的だよね。


190 :名無しさん@おだいじに:05/01/12 16:36:05 ID:91f2oAs2
>>waiver通す、ってそれは5年以上VA等で働いた後に申請するものでしょう。

だから、VAはwaiver通さないと働けないって。
waiver通してHとって働きはじめ。
JでVAで働けるっていうのが大きな誤解。
Waiverは基本的にJ途中あるいは2year-rule消化中にとるんだから。

191 :名無しさん@おだいじに:05/01/12 16:40:33 ID:91f2oAs2
>>waiverについてまわる大量の書類やら手間隙というのが並大抵ではないから

経験者がいうのならわかるが、想像でいわれても。

>>つーかインド人やら中国人を引き合いに出す時点でアフォかと。

183/184の「Clinical J+Waiverは可能」という論点に対しての反駁が
「横のつながり」とか「母国に送金」とかの要素ですか。
論点ずれてて話になってない。残念。

192 :名無しさん@おだいじに:05/01/12 17:11:50 ID:aO0PKdHM
>>189

はぁ、アメリカのfacultyの多くはphysician-scientistで研究も臨床もやるんだよ。
せっかくMDなのに臨床行為ができないというのはキャリア的にマイナスだから、residencyを経てアカデミックなプログラムを選ぶってこと。
基礎研究だけがしたいならClinical DepartmentでなくてBiochemistryやらGeneticsのDepartmentに留学すればいい。
例えば内科医、MDとしてDepartment of Medicineに留学するならばアメリカで臨床行為を行えるようにresidencyを通しておくというのは正当な経緯じゃないかね。
Department of MedicineにはPhdのfacultyもいるが、MDなのに臨床行為ができないってのは外国籍特有の制限だ。

193 :名無しさん@おだいじに:05/01/12 17:30:24 ID:aO0PKdHM
>>190

residency終了後にunserved areaかVAに入ってHHSにwaiverとOPPを申請するわけだが、一度underserved areaに入ってしまうとそこから出られなくなる場合がある。

>>191
わかってないな。
H-1Bのスポンサーには施設やら留学先のボスがなってもらわないといけないが、中国系の移民は連帯意識が強いのでwaiverした後の職場や推薦状等の後ろ盾において日本人とは大きな差がある。
またそのような後ろ盾のある中国人がまた将来別の中国人をサポートするといった強固な繋がりがあるからこそ国を捨てて飛び出してこれるんだよ。

194 :名無しさん@おだいじに:05/01/12 18:04:31 ID:91f2oAs2
Randomized Controlled Nonblinded Study

1. Research-priority cohort
例)(医学部卒→)病院勤務→
大学院?→研究留学で業績→Hビザ取得→レジデンシー+/-フェロー(→Faculty-US)

2. Clinical-priority cohort
例)(医学部卒在学USMLE合格→)病院勤務→
レジデンシー+/-フェロー(J)→Waiver or 2年日本(→Faculty-US)

Primary endpoint: 米国でのアカデミックポジションゲット

これで、1群と2群にそれぞれ100人を無作為割り付け。
20年間追跡したとき、Endpointに達する率と期間を比較すると結果はなんとなく、

率: 1群=1.5%, 2群=1% (p=0.2)
期間: 1群=15年 > 2群=10年 (p<0.05)

195 :名無しさん@おだいじに:05/01/12 18:34:21 ID:91f2oAs2
で、Secondary endpoint 米国でQOLのよい臨床生活に落ち着く

となると、1群は研究で実績あげるのに時間とり過ぎて
USMLE脱落者続出とみて

率: 1群=1%, 2群=6% (p<0.05)
期間: 1群=15年 > 2群=8年 (p<0.05)



196 :名無しさん@おだいじに:05/01/12 18:49:19 ID:aO0PKdHM
>>194

ほんと研究なめてるね。

research J-1の場合

1医学部卒→2研修(2年)→3院(4年)→4研究留学(3年)→5residency(3年)→6fellowship(2年)
で14年かかるが、この間論文書けない期間は5年のみ。グリーンカードももちろん取得可で4か6でfacultyにもなれる。
飯台の霜村氏の場合はまさにこのルートで彼の場合は4の段階で助教授になった。
その間の論文はNature,Nat Med,G&D,JCIなどなど、さすがにこのレベルの人は例としては適当ではない。
灯台(順天卒)の愛川氏の場合は4の段階でHarvardのBWHの循環器内科助教授になり現在もそこに所属している。(論文はCirculationと他数報)
ちなみに愛川氏は灯台循環器では沙汰氏や震動氏がいたので逸材といえるほどの扱いはされていなかった。

Clinical J-1の場合

1医学部卒→2研修(2年)→3residency(3年)→4fellowship(2年)→5underserved area(5年)

こちらはグリーンカード取得のために5で5年かかるので合計12年、fellow以外には論文を書く期間はない。
論文ひとつ無い外国人がどうやってfacultyになると?グラントシステム理解してる?
facultyになると最初に大学から研究費をもらい、それを五年の間にグラントを獲得して返さなければならない。
NIHのグラント審査には当たり前だが自分が今まで行ってきた研究の成果が必要になる。
グラントが通らなければ人も雇えないし自分の給料も出ないので出て行かなければならない。
前者場合学部時代から研究室に通っておくことを前提とすれば6が終わった時点で1stの論文が10報前後はある。
後者の場合、経歴のほとんどの部分がアカデミックキャリアとして価値のないものだ。
そして前者と後者の場合で決定的に違うのは、前者は霜村氏をはじめとしてfacultyになっても帰国させられるのではなく自ら帰国する人が多いこと。
ゆえに仮に全ての人が残っていたならば、日本人教官の割合はその何倍にもなっている。

197 :名無しさん@おだいじに:05/01/12 18:54:28 ID:aO0PKdHM
>>195

はぁ…んなことあるわけないでしょ?USMLEの勉強ぐらいでひっかかるような人間が研究で業績あげられるわけがない。
学部時代から研究室に通いつつUSMLEの準備もしておくんだよ。
QOMLなんて持ち出すならアメリカ行かないで医者やめて日本に帰れ。

198 :名無しさん@おだいじに:05/01/12 19:04:09 ID:aO0PKdHM
というか手段として論文を書くことはあっても別に研究オンリーになることはない。
例えばBraunwaldなんかはまだBWHで現役の臨床医として働いているが、研究業績も言うまでもない。
大学の教官は研究と臨床を両立させ、また自らのテーマで研究を行い、医学医療の両面に貢献できることがアメリカと日本の一番の違いでしょ。
それを突き詰めた人間がUCLAの尾川やHMSの意図喪のような、アメリカで教授になってる人達なわけ。
前者からは後者に流れて行くことができるがその逆は無理なんだからリサーチで留学した方が選択の幅が広がりますよって言ってるんだけど?

199 :名無しさん@おだいじに:05/01/12 20:03:01 ID:maOxzLZQ
柔整って外国の人から見たら、
「ホゥワッツ イズ ジューセーシー?
ジュードー ヤッテルゥ ドクター ミタイナッ ヒト デスカー?」

ってな感じだろうな。
なんか あれだよな、
地位的にも
あまり
誇 り を も て な く て
中 途 半 端 で
み ん な に マッサージと 勘 違 い さ れ て
ダ サ イ よ な。 名前からして臭そう、
医者→ 職業なんですか?って聞かれても、医者ですと言えば確実に伝わる。

柔道整復師→ 職業なんですか?って聞かれて、柔道整復師ですと答えると、『あっ!接骨院でマッサージしてる人ですよね!』『あっ!柔道の先生ですか!怪我したらその場で治したりするんですよね?!』みたいな返事が返ってくれことが多い。

所 詮 マ ッ サ ー ジ か

200 :名無しさん@おだいじに:05/01/12 20:18:21 ID:???
アメリカで出世したけりゃセカセカ研究留学で楽しく過ごしたけりゃマターリ臨床留学でいいんじゃない?
日本でも同じようなもんだけどさ。

201 :名無しさん@おだいじに:05/01/12 20:42:05 ID:???
べらぼうに優秀な人は実際教授になってる例があるんだからリサーチで行って臨床も研究もやればいいと思う。
そうでない人は研究に専念して基礎研究者を目指すか、臨床に専念してアカポスは狙わず一般医になるのがよさげ。

202 :名無しさん@おだいじに:05/01/13 01:34:44 ID:???
>>194

何だこの都合のいい書き込みは。
なんとなくって、なんだそりゃ。

>>195

こっちもなんだこれ。
臨床留学者の悲惨な現状から目を背けたいのか。

>>米国で〜に落ち着く

これができないからみんな日本に帰って来て徳だのなんだのに拾ってもらってんだろ。
研究留学との優劣はともかく、残りたいのに残れない人が多いのは事実なんだよ。

203 :名無しさん@おだいじに:05/01/13 01:48:24 ID:???
医局からリサーチで行く場合は自分の大学の教授が有名だったりコネがたくさんあると、アメリカの有力な研究室を選べるので成功の可能性も高まるし論文が出なかったら帰ってくればいいだけの話。
灯台飯台あたりの循環器ならばHarvard,UCSF,Hopkins等にも大勢送り出して来た。
飯台の場合、Harvardに行った3人のうちの1人(現宮大教授)、灯台の場合は6人のうちの3人(現HarvardのBWH内科助教授,現烏賊歯科教授,現HarvardのBIDMC内科教授)が留学先で助教授になった。
ボストンだけでそれだけ輩出しているので全米規模なら遥かに多い。
リサーチで行く場合は日本の医局に戻ればいいだけだが日本から自分でレジデンシープログラムに応募して行く場合は失敗したらもう日本にもアメリカでも居場所がないってのがデカイ。

204 :名無しさん@おだいじに:05/01/13 03:21:59 ID:lIFZkT15
>>197 QOMLなんて持ち出すならアメリカ行かないで医者やめて日本に帰れ。

はぁ…?

205 :名無しさん@おだいじに:05/01/13 03:33:48 ID:lIFZkT15
>>>>米国で〜に落ち着く

>>これができないからみんな日本に帰って来て徳だのなんだのに拾ってもらってんだろ。

帰国させられるのではなく自ら帰国だ。

研究留学----アメリカで医者できないならアメリカ行かないで日本にいとけ

206 :名無しさん@おだいじに:05/01/13 03:47:54 ID:???
プッツンか?
せっかくアメリカで逆転狙ってたのに残念だな。
どっかの地方大で骨うずめときな。

207 :名無しさん@おだいじに:05/01/13 03:51:50 ID:???
>205

徳で働きたかったんだね…

208 :名無しさん@おだいじに:05/01/13 05:59:42 ID:fNmQQFRn
どうも米国でアカデミックポジションを目指そうというスレになって
しまっているようですが、在学中にUSMLE受かろうっていう人は研究者
としてよりも臨床家としての幅を広げようっていうのが目的ですよね?
在学中にUSMLE合格→沖中・海軍病院等で研修→東京○上等のプログラム
に応募→米国で研修→帰国後は臨床教育に専念、というように。
目的が違うのに、両者を比較してどうこういうのは違和感があります。

前者(旧帝大卒、有力な研究室出身すでに有能な研究者として渡米)
からみて後者(駅弁卒後は医局に属さず臨床ばかり、民間企業等の
つてでなんとか渡米、帰国しても論文書かずに留学本)はとてつも
なく奇妙で理解できないことをしているといわんばかりですが…

209 :名無しさん@おだいじに:05/01/13 06:24:35 ID:???
んなこたーないでしょ。
臨床留学してアメリカでアカポス狙おうなんて勘違いしてるのもいるけど。
アメリカで研修して日本にそれを還元するというのは臨床留学としては正当なものなはず。

210 :名無しさん@おだいじに:05/01/13 06:53:45 ID:fNmQQFRn
すんません、今スレを全部読みました。
>>209氏のおっしゃるとおりで、誤解してたみたいです。
臨床留学に限らず自分が学び感じたことを周囲に還元するのは
大切なことですね。願わくばご自身の見解に固執せず相手の立場に
立った有益な情報交換が続けられることを…思いっきり自戒をこめて。。

医学部6年生氏とは近い将来知り合ってしまいそうな予感…

211 :名無しさん@おだいじに:05/01/13 06:58:27 ID:lIFZkT15
すまん。目的が違うのに、書きんでくる、
臨床留学できない研究者の、臨床留学コンプレックスのせいなんです。

212 :名無しさん@おだいじに:05/01/13 09:45:46 ID:???
>>211

当面の目的は同じなんじゃないの?
アメリカで臨床がしたい場合にとりあえず基礎で留学して、あっちで実績あげてコネとビザをどうにかしてから研修に入るって方法は利点が多いからそのようにしてる人も多いんじゃない。
そもそもレジデンシーに入るのに有利だからと基礎にもぐりこんでるような人達のどこに臨床留学できないコンプレックスがあるのかがわからん。
研究をすることが臨床に移るための保証になるからやっているのであって、最初から研究だけがしたい人はClinical Departmentなんかには留学しないし。
臨床留学ってのを日本からの直行便だとすると、基礎でもぐりこむのは密入国みたいなもんだ。
あっちで臨床行為の可能なアカポス狙っている人達が、どうにかうまいことやれないもんかと正面突破以外の抜け道を探した結果に行き着くところは、大抵その方法。
HMJにビザだとかレジデンシーについての体験談があるから読んでみたら?

213 :医学部6年生:05/01/13 11:47:56 ID:yEQOxXJG
>210
あれっ
身元が割れましたか?
どこかでお逢いしたら、よろしくです

214 :名無しさん@おだいじに:05/01/13 21:03:02 ID:???
>>167
>>アメリカで研修すればたった数年で特別な能力がつくと勘違いしてない?

「アメリカで研修した」という経歴がつく。半分のヤシはこれが目的かと


215 :名無しさん@おだいじに:05/01/13 22:09:55 ID:???
ロンダ

216 :名無しさん@おだいじに:05/01/14 10:43:40 ID:???
灯台にロンダしてる地方大のソルジャーと同じようなもんだな。

217 :名無しさん@おだいじに:05/01/14 11:18:12 ID:???
「東大で研修した」という経歴がつく。半数のヤシはこれが目的かと

ほんとだ。日本にいてもアメリカにいてもソルジャーなのは変わらんな。

218 :名無しさん@おだいじに:05/01/14 20:21:43 ID:???
「聖路加で研修した」という経歴がつく。半数のヤシはこれが目的かと

「亀田で研修した」という経歴がつく。半数のヤシはこれが目的かと

「武蔵野日赤で研修した」という経歴がつく。半数のヤシはこれが目的かと


みんな同じだ罠


219 :名無しさん@おだいじに:05/01/15 09:53:02 ID:???
アメリカに行きたがるのはわかるが、学部時代にUSMLE受けたりしてるのは現実を知らない坊っちゃん。
結局日本人がアメリカに行きたければ、医局のお世話で留学して向こうで論文出してビザ書き換えてそれから研修に入るしかない。
アメリカ信者が日本からのコネ一つなく単身でアメリカに行くとまず間違いなくビザの問題で5〜6年で帰国を余儀なくされる。
日本の医局をうまく利用しつつ、しかも留学中に論文出して向こうでアピールして始めて扉が開ける。
それを知らずに日本と縁を切ってアメリカを目指すような連中は、結局はアメリカの扉の前でうろうろして眺めて満足してるに過ぎない。


220 :名無しさん@おだいじに:05/01/15 10:22:08 ID:SNnt/49d
219そんなことねえべ
最近は臨床のみでも入れるし、
その人のやる気次第だな

221 :名無しさん@おだいじに:05/01/15 11:21:33 ID:???


結論:結局は誰もよくわからん。と。




222 :アメリカンドクター:05/01/15 12:16:05 ID:qcur+/7f
うーん、日本のへぼィ医学部からアメリカのまともなセンターに
こないでほしいなー。まともなレジデンシーやフェローシップは
日本の低俗な医者なんかには無理です。

223 :名無しさん@おだいじに:05/01/15 16:37:10 ID:???
CSA(今はSTEP2 CSか)の前に説明の時間があるんだけど、その時に試験官が
「今日はジャパニーズがいないから時間がかからなくていいな(w」って雑談していた、
という話もあるよね。
(その話を聞いていた人は日本国民なわけだけど、リサーチ経由できていたから
ビザの関係だかで日本人とは思われなかったらしい)

また別人は英語があまりにできなくて、当直の電話受け番は免除されていたらしい。

USMLEを受けるのもいいけど、まずは米国に行って恥かかない程度の英語力を見につけてからだな。

224 :名無しさん@おだいじに:05/01/15 17:30:25 ID:???
アメリカゆっても中南米で働くほうがおもろそう

225 :名無しさん@おだいじに:05/01/16 14:30:31 ID:ADgbeuJ7
アメリカに永住目的で臨床留学する人なんてごく少数。
臨床生活でアメリカの良いも悪いも経験したら、
日本にも帰りたくなるだろうし。
行きたい人は、学部のときから目指したらよし。
有名プログラム、とかアカデミックポジションを、
とか言ってる連中は、日本の医学階級社会にどっぷりつかってしまって、
その視点でしかモノの見れない偏見にかたまった連中だから。
アメリカ人でさえ、ボードとれたら、ストレス多い低収入の
アカデミックポジションなんかモノズキしかいかないって。

226 :名無しさん@おだいじに:05/01/16 14:31:32 ID:ADgbeuJ7
結論:行きたかったら今すぐ目指せ

227 :名無しさん@おだいじに:05/01/16 22:56:00 ID:???
>>225
だとしたら行く意義はあるのか?という根本的な問題になるよね。


228 :名無しさん@おだいじに:05/01/17 01:53:59 ID:???
>>226
違うね。
結論:1%の才能と1%の努力と98%の運

229 :名無しさん@おだいじに:05/01/17 22:06:45 ID:Nrgeq572
留学否定派がやたらと多い留学スレですね。
漏れは今3年生で英語の勉強中。ローテート後にアメリカ行きキボンなので


230 :名無しさん@おだいじに:05/01/18 23:11:46 ID:???
そうそう、まず英語だよ。
英語がマトモにしゃべれない限り、あっちでもろくな臨床はできない。
それに近々TOEFLが日本人に不利なように改訂されるし。

231 :名無しさん@おだいじに:05/01/18 23:33:39 ID:???
そうそう、USMLEとかの前に、まず英語。
英語がマトモにしゃべれない限り、あっちでもまっとうには臨床はできない。

それに近々TOEFLが日本人に不利なように改訂されるし。




232 :名無しさん@おだいじに:05/01/18 23:34:14 ID:???
二重カキコスマソ

233 :都こんぶ:05/01/18 23:55:39 ID:???
みんなもりあがってるね。
何が医者にとって幸せなんだろうなあ。
漏れの医師人生の中で、アメリカ生活は確かに大きなインパクトがあったよ。
しかし、そこからがまた勝負なんだよね

234 :名無しさん@おだいじに:05/01/19 21:25:25 ID:???
>>230
>それに近々TOEFLが日本人に不利なように改訂されるし。

どういうこと?初耳だが

235 :名無しさん@おだいじに:05/01/20 00:13:26 ID:n2eR0/b1
>>225

日本でもアメリカでもアカポスに縁がないからって嫉妬は醜いよ…
なりたくてもなれないと、こんなふうに歪んでしまうんだね。

236 :名無しさん@おだいじに:05/01/20 00:44:34 ID:???
阪大のhematologyからアメリカ留学している人って多いのでしょうか?

237 :名無しさん@おだいじに:05/01/20 00:48:26 ID:???
どうやらこれを見ると、現在三人が留学しているようですが。
http://www.med.osaka-u.ac.jp/pub/bldon/www/home.html
阪大のhematologyの強さを知っているかたがいらっしゃったら教えてください。

238 :名無しさん@おだいじに:05/01/20 22:44:23 ID:???
>234


>TOEFLが、2005年9月から新方式に移行するということを、ご存知でしょうか? 
>1.「次世代TOEFL」では、文法セクションがなくなる!
>2.「次世代TOEFL」では、「スピーキングセクション」が新設される
>3.「次世代TOEFL」では、4技能を統合的に使う力が問われる

つまり英語がネイティブの発音で喋れない限り、USMLE受かっても無駄。

239 :名無しさん@おだいじに:05/01/20 22:47:22 ID:???
出典はここね

http://allabout.co.jp/study/toeic/closeup/CU20040914A/

240 :都こんぶ:05/01/21 01:59:57 ID:???
まあ英語は、はじめはみんな苦労するけど、まあなんとかなるレベルにはなるわな。
それよりは、医師としての実力だろやはり重要なのは。アメリカ人からしたら、日本の灯台卒だろうが馬鹿私立だろうが、そんなこと全く知らない。使えるか、どうかだけ。

241 :名無しさん@おだいじに:05/01/22 02:45:17 ID:???
>>237
血液なら飯台の血内、三内あたりは灯台閥と並んで業績一番だな。

>>240

その医師としての実力とやらも、馬鹿私大卒よりゃ灯台出の方が上だろ。
元の出来がちがうからな。
最近でも灯台出てベスイスラエルで研修してUCSFのフェローからそのまま循環器助教授になったアダチミツル君がいるじゃない。
リサーチでなくて臨床でそのコースに進めるなんてよほど優秀だったんだろうな。
まぁ長居Rのコネもあったらしいが…

242 :名無しさん@おだいじに:05/01/22 06:10:07 ID:H6XIaV2H
>>241
ありがとうございます。
自分は受験生で、阪大にいこうか京大にいこうか迷っているのですが、
やはり阪大を目指すことに決めました。
留学したいので!

243 :都こんぶ:05/01/22 08:38:11 ID:???
>241
医師としての実力、たぶんおっしゃるとおり、ただ、USMLEうけてセレクションがかかってるやつがくるから、できる馬鹿私立大卒もいる。実際知ってる。
A先生の話とか、詳しいねえ。どうやってそのような情報がはいるのか教えてください。

244 :名無しさん@おだいじに:05/01/22 13:10:38 ID:9jmbBeuf
>医師としての実力とやらも、馬鹿私大卒よりゃ灯台出の方が上だろ。
>元の出来がちがうからな。

18才までのしょぼい学習内容(ほとんど1960年代の学問)の出来不出来で将来はわからんでしょ。
幼稚園入試の結果で先のこといってんのと同レベル

>最近でも灯台出てベスイスラエルで研修してUCSFのフェローから
>そのまま循環器助教授になったアダチミツル君がいるじゃない。

詳しいのは、(こうなりたい)という欲求で色々と調べたり聞いたりしてるんでしょ。
金もないので、ステレオやカメラのカタログ集めて悦に入ってる中学生と同じだ。

245 :都こんぶ:05/01/22 15:37:10 ID:???
>244
本筋と大分離れてきたなあ。
漏れがいいたかったのは、アメリカで使えるかどうかだけが問われるってこと。
ちなみに、医師としての実力と大学入学時の偏差値との相関の有無など、ふつうみんなわかってる。

246 :名無しさん@おだいじに:05/01/22 15:58:14 ID:???
>>241
「全体としては優秀なヤシの割合が多い」ということは言えても(たぶんそうだろう)、
1人〜数名のサンプルだけを比較した場合には、学歴だけではどちらが優秀かという
ことはできないだろうね。
USMLE→即レジというヤシ自体が少ない現状では、出身がどこだろうとあまり意味がないのでは。

>>240
あとTOEFLの変更はかなり致命的かと。
「あっちにいって喋れるようになる」じゃなくて「喋れないと受からない」わけだから。

247 :名無しさん@おだいじに:05/01/23 01:00:01 ID:???
>>244

ミツル君は学部時代からML等で有名だったんだよ、大体あんな生き方は他の人間にゃ無理ぽだから憧れの対象にもならんだろう。
そもそもその1960年代レベルの入試ができないから馬鹿次第にしか入れなかったんでしょ。
合格してから追いつこうとしても、同じ努力をした分だけ相手も遥か先を行ってるから一生差は縮まらない。
灯台の平均層でアメリカ行きたいような連中は、進振り前にはUSMLEの勉強は一通り終わってるからな。
卒後のコネも含めて、灯台鏡台飯台のような大学と馬鹿次第では在学中から既に挽回出来ないほどの差がついてしまってる。
またそれらの大学の場合、例えば灯台なら長居Rやカドワッキー、辻切り先生クラスの教授はアメリカでも十分有名なので、ミツル君やイッセー君のように灯台のコネを活用する人間の割合も多い。
その場合コネ無しの馬鹿次第とは先行きに雲泥の差があるのは言うまでもない。

248 :名無しさん@おだいじに:05/01/23 01:16:54 ID:???
>>243

ミツル君の話はネットには出てないから無理だけど、研究留学系の所は見る価値はあるんでないかな。
研究ネットとかからリンクを辿って行けばビザやらなんやら有益な情報はいくらでもある。
臨床留学組でアメリカに残れた人の四苦八苦、研究から臨床に鞍替えした人の体験談、コネ留学から自費留学まで。
まぁ留学前の人間なら見ていて損はないね、なぜ研究で渡米して臨床への鞍替えを狙う人が多いのか、なぜ純粋な臨床留学ではほとんどの人が中途帰国をしているのか、など。

249 :名無しさん@おだいじに:05/01/23 01:18:53 ID:???
実際、アメリカで研究者やったらどんぐらい稼げるのかな?実力次第では九桁可能?
教授やら助教授やらも日本よりはるかにもらってそうだな。

250 :名無しさん@おだいじに:05/01/23 04:29:45 ID:4DinRpog
米国臨床の常識:
専門医取得後→ほとんど=開業(良QOML+高収入)+ごく少数=学者道(ストレス+低収入)。
アメリカの教授が収入高いとか、(ごく一部の例外を除いて)迷信だよ。

251 :名無しさん@おだいじに:05/01/23 07:16:15 ID:???
>>249

取って来たグラントから給料も出るから、9桁もいるしラボの人間の給料が払えないようなのもいる。

>>250

またろくに知りもしないのに出て来たな。
アメリカの世間一般では確かに、どれだけ早く金を稼いでどれだけ早くリタイヤできるかってのに主眼をおいてるのは間違いない。
しかしアメリカであっても医師や研究者というのはそのような例に当てはまらない。
あちらでは一流の大学を出るほどヒポクラスの誓いを叩き込まれているので、70超えても好き好んで大学に残って研究したり無償で診療したりする場合も多い。
そのように無償で指導したり臨床、研究などを社会貢献として行うものだ、そしてそのような教育を受けた医学生はまた将来それをまた無償で還元するものだという理念がそこにはある。
少なくとも大学で研修するなら、250やら、上にもいたが、QOMLだの金だの楽だの言ってる連中は、なぜそれなら医師になったんだ?と怪訝な目で見られる。
向こうにも250のように考えるアメリカ人もいるにはいるが、例えば東海岸の名門なんかにはそんな情けないクズはほとんどいない。
頭も悪けりゃ志も低いような日本人を好き好んで雇うようなお人好しがいるほど甘くはない。


252 :名無しさん@おだいじに:05/01/23 08:03:16 ID:4DinRpog
>251なぜこんな知ったかぶりを?
あるいはなんかにカブれておられるのか。
Controllable lifestyle が今の医学生が専門を選ぶ上で重要な要素で、
仕事を選ぶのも金と生活が第一なのは米国ではあたりまえ。
ラボや基礎研究についてはある程度ご存じのようだが、臨床の世界の現実は見えてないのでしょう。
Influence of controllable lifestyle on recent trends in specialty choice by US medical students.
JAMA. 2003 Sep 3;290(9):1173-8


253 :都こんぶ:05/01/23 10:43:19 ID:???
漏れはあっちでよく医学生とつるんでのみに行ったり、NCAAファイナル部屋でみんなでみたりしたんだが、
あっちの学生は、ローン組んで借金抱えて医者になってるやつがいぱーいいる。
そいつは、学生結婚したんだが、二人合わせて卒業時に5000万借金があって、それをレジデント時代は返せるわけないからその後で返していかなければいかんといってた。
ある奴は、カリビアン医科大学でて、レジ終わった後ですぐ開業するっていってた。まあこいつも金がいるんだろうな。
日本の学生は、国立は安いし、私立は親がカネダシテクレルシ、
実際借金背負ってる彼らの状況がわからないんじゃないかな?

254 :都こんぶ:05/01/23 10:44:44 ID:???
カリビアン出た奴は、一緒に働いてたレジデントね。ちょっと話ごっちゃになってすまそ。

255 :名無しさん@おだいじに:05/01/25 00:09:58 ID:???
>>251
>しかしアメリカであっても医師や研究者というのはそのような例に当てはまらない。
大嘘です。
医学生がプライマリケアを避けたり僻地診療を避けたり訴訟の多い科を避けたりして、
より専門性の高く高給に結びつきやすい診療科を選ぶことが、NEJMなんかでもたびたび問題になっているよ。
結論を精神論に結びつけないあたりは、よくわかっていると思うけれど。


256 :名無しさん@おだいじに:05/01/25 00:16:54 ID:???
「結論を精神論に結びつけない」ってのは、NEJMなんかの記事の話ね。
逆に精神論で片づかないくらい問題が進みすぎているのかもしれないけれど。

250さんはリサーチでアメリカにいったのかな。
米国の有力研究機関では研究員は結果を出さないとクビだから,社会貢献と言うよりも
尻に火がついた状態で必死でやっているのでは?


257 :名無しさん@おだいじに:05/01/26 23:56:49 ID:???
>>238
亀レスだがTOEFL
これは「喋れなければTOEFLでそこそこの点数が取れない」という解釈でいいのか?
とすればUSMLE取っても意味がないんだが

258 :名無しさん@おだいじに:05/01/27 01:13:21 ID:???
TOEFLってECFMG certificationの取得にはもう必要なくなりましたよね。
2004年の6月からだったかな?
今はSTEP1、STEP2CK、STEP2CS、の3つに受かれば良いはず。

259 :名無しさん@おだいじに:05/01/27 14:01:22 ID:???
本屋の新書のコーナーにアメリカ・カナダ医学留学なんたらって本があった。
研究留学と臨床留学についての両方について書かれてたよ。
臨床→基礎もその逆も書いてあってタメになった。
Sという名字の人が二人いて両方とも卒後日本で研修して基礎研究で留学→臨床へ、という例があったんだけど。
片方はそのままアメリカで講師から助教授になっててもう片方も二年ルール無しで今フェローらしいけどそれを見たら確かに研究から臨床へチェンジする方がお得なような感じだった。
でも別に両方旧帝大じゃなかったけどね。

260 :名無しさん@おだいじに:05/01/27 17:42:34 ID:ZZQqMzkV
>>255

JAMAだのNEJMだの権威に弱いなぁ。
向こうの学生を実際に見て来ればいいよ。
そういう金目当ての進路を辿るのはまだまだ少数派。
HMSやUCSFのような大学だけを調べればさらにその割合は低くなる。
頭が悪けりゃ君のように金に走るのは日本でもアメリカでも同じってこった。

261 :名無しさん@おだいじに:05/01/27 17:50:53 ID:???
>>260
全然255とは関係ないものですが・・・
JAMAとかNEJMに載っているなら一考の余地ありと考えます。
これらの雑誌が嘘を載せるとは思えません。
260さんの接した医学生がたまたま崇高な精神に持ち主だっただけでは?
日本でも東大と阪大、東大と北大、東大と私立を比べても全然違う意識を
持っていると思います。だからデータとでているJAMAとかはある程度
信頼できるものではないでしょうか?

262 :名無しさん@おだいじに:05/01/27 18:31:27 ID:???
>>260
24時間以上のレジデントの連続勤務で「エラーが有意に増加する」とか、はたまた
「自動車事故を起こす割合が有意に増加する」とか、そういうスタディが成り立つご時世だよ。

逆に251さんの見た学生の方が少数派なのでは?

仮にそういう「無償の努力」をする臨床医がゴマンといるとしても、
でも米国ではすでに「30/80ルール」が施行されているわけで。
そういう制限が加わった上で無償の努力だのなんだのというのは、どうなんだろうね。

263 :名無しさん@おだいじに:05/01/27 23:10:50 ID:???
このご時世に楽して儲けたいなら医学部行くのが間違ってんじゃねーの。
ついでに言えばアメリカ行くぐらいの労力かけようってな人間が勤務時間だの楽さだのを語ってる時点でおかしい。
向こうが日本以上の学歴社会、名誉社会だと認めたくない香具師がJAMAではこうだなんて自分を慰めてるだけ。
アメリカの大学の教官は大学からサラリーをほとんどもらってないから名誉職みたいなもんなんだよ。
名誉欲が無い、もしくは手に入りそうにない人間が安易に金に走っいてる。
アメリカ人は肩書きに弱いからな、チーフレジデントに始まりProfessorにもいくつもステップがあるし新しい肩書きも毎年作られる。
金じゃ名誉は買えないと理解しているからこそ薄給でもきつくても無理をする。

264 :名無しさん@おだいじに:05/01/27 23:31:41 ID:???
>>263
一応レス。
>アメリカの大学の教官は大学からサラリーをほとんどもらってないから名誉職みたいなもんなんだよ。
clinician, educator, researcherの区別ついてますか?

>向こうが日本以上の学歴社会、名誉社会
確かにその通り。ただし一方では日本の医療界の評価基準が名誉というベクトルしかない代わりに
職業として臨床医を営むという人生プランももう一つの道として正当視されている。
矛盾しているだけど現実だし、むしろそっちの方が多数派。

日本も、全ての医療者がresearcherに「汚染」されている時代は終わったのでは?
職業としてのプロの臨床医:clinicianが今後は増えていくはずだよ。

265 :名無しさん@おだいじに:05/01/28 01:11:08 ID:???
昔から↑こういうこと言う人間いるけどね。
clinical rankのfacultyはadjunct facultyと同等の扱いしかされてないことが何を意味するかわかってないな。
まともなfacultyは研究も臨床もするし、それらのphysician-scientistが取ってきたgrantからのピンハネによって大学や教育病院は運営されてる。(基礎のDepartmentに比べて臨床のDepartmentは遥かに大きい)
よって各大学ともclinical rankのfaculty、つまり金食い虫が増えるほど経営が苦しくなる一方で、grantの取れるphysician-scientistを連れてきたり育成することが大学の運営に直結するので前者が減ることはあっても後者は減らない。

266 :名無しさん@おだいじに:05/01/28 01:16:20 ID:???
まぁ一般医を養成することを主な目的としている大学もあるから、それらの大学を含めれば二分化されているというのはある意味正しい。
ただしそのような大学は職業人としてのgeneral-physicianを養成するところだから日本人がわざわざ行く価値もないでしょ。

267 :名無しさん@おだいじに:05/01/28 10:37:01 ID:???
>>259


詳しく

268 :名無しさん@おだいじに:05/01/29 15:58:48 ID:LiQVBGNh
国際的に激務で有名な米国の研修医の実態として正しいのはどれか

1 夕方、当直番に申し送りしたら、翌朝まで呼ばれることはない
2 受け持ちの入院患者数には上限があり、それ以上は持つ必要がない
3 1年で3〜4週間のバケーションをとらねばならない
4 男性でも育児休暇をとることは容易
5 1年のうちの半分は入院患者もなく土日確実休みの外来ローテーションである

a 1  b 12  c 123  d 1234  e 12345

答 e


269 :都こんぶ:05/01/29 18:00:45 ID:???
>268
いくらなんでも5は違うだろ?


270 :名無しさん@おだいじに:05/01/29 21:11:29 ID:???
>>268
5は違うだろ。中にはそういうプログラムもあるのかもしれないが・・・
でも1〜4はガチ。

先日読んだエッセイで面白いこと書いてあった。
「最近の異常なほどの米国医療礼賛は、単なる隣の芝生だけではなくて
 日本から医師の研修先がNYの某病院など一部に偏っているせいではないか。
 都市部のごく一部の病院だけを指して『米国では〜』と語っても意味がない」
だと。一理あるな。
NYの某病院って、ベイイスラエル
日本で言うなら聖路加やら虎ノ門やらだけを見て「日本の医療は〜」と語るようなもんか。




271 :名無しさん@おだいじに:05/01/29 21:17:37 ID:???
すまぬ
「ベス・イスラエル」だな

その他にもハワイ大学とかフィラデルフィアとか。

272 :都こんぶ:05/01/29 21:57:47 ID:???
べ巣イスラエルがせいろか、とらのもん、との比ゆは、違うと思うぞ。
(NYで内科レジやった人の話をきいたら。。。)


273 :名無しさん@おだいじに:05/01/29 23:36:53 ID:LiQVBGNh
>260 JAMAだのNEJMだの権威に弱いなぁ。
ぷっ。
いってるこの人こそ、東海岸では…とか、HMSやUCSFのような、とか
アカデミックポジションがほしいとか、
IF集めに躍起になってる権威に弱すぎリサーチャーのくせに

>260 向こうの学生を実際に見て来ればいいよ。
こういう狭い経験に頼ると、この人のように[盲人と象*」現象をひきおこす。
*「6人の盲人が象を触って、それぞれ触ったところによって異なった全体像を想像した」ということわざ

この人は、米国の医師は金と労働時間には興味なく信念と学問的興味だけに純粋に動かされてる、
本気でそう思ってるのがおもしろい。なぜ、皮膚科はクラスでトップ1%、放射線・眼科はクラスでトップ5%しか進めないんだ?
なぜ多数のジャーナルに医師の生活優先の姿勢が報告されてるんだ?
こんなことを挙げなくても、ふつうに考えればわかること。
この人、なさけなさすぎか、ある意味,純粋でしあわせもん。
私たちも小さいころは、こんな時代があったのにねえ…

274 :名無しさん@おだいじに:05/01/30 02:55:55 ID:???
3流私立のヤシに限って、こういうの興味あるとか言って、
本読んだり、前準備するんだよな。もちろん受験するまではいかない。

おれの知り合いがSTEP2まで受かったけど、解剖とか原書読みまくりだったよ。
京大だけどw


275 :アメリカ・カナダ医学・看護留学への〇〇〇〇〇より:05/01/30 10:29:50 ID:???
C大学A高循環器内科〇藤〇司

現在C大学A高で循環器フェローをしているが、私の留学は本来、臨床留学を目指したものではなかった。
米国に来てから4年間の研究期間に、実験をしながらUSMLEを受験し、臨床留学先を探した。
実際多くの外国人医師たち(たとえば、インド人、パキスタン人、中国人)は、米国で研究をしながら、虎視眈々と次年度のレジデントポジションを狙っている。
最近では日本人でもこの選択肢をとる人が増えており、私の知っている日本人だけでも6人が研究留学を経て臨床研修を開始している。
このような形の臨床留学の移行方法については、彼らが日本の財団などの援助を受けておいないことが多く、今まであまり知られてこなかった。
臨床留学に比べれば研究留学ははるかに現実的である。
研究をやって論文を書く仕事は大学の仕事そのものであり、医局も研究留学ならば支援もしてくれる。
留学先も用意してくれることが多いのでなにもかも自分で用意しなければならない臨床留学と違い、負担も少ない。
米国に来てみることによって英語に慣れることもできるし、研究の合い間をぬって臨床カンファレンスにも出席することができる。
レジデントのポジションを獲得する際にも、米国内にいたほうが日本から応募するよりも圧倒的に有利である。


276 :続き:05/01/30 10:30:56 ID:???
〜初めにビザありき〜

日本人はビザの問題に対して非常にうぶで、他の外国人に比較して認識がかなり甘い。
米国留学が目先にあるときにはほとんどの人が「ビザなんて何でもいいからとにかく早くアメリカに行きたい!」と思っているだろう、私もそうであった。
しかしここで注意しないと米国での臨床研修後、本来の希望とは違った人生を歩まなければならなくなる可能性がある。
J-1ビザをとって渡米するのが日本人にとっては一般的であるが、日本人以外の外国人の間ではJunkビザと呼ばれて嫌われている。
J-1ビザには2年ルールという鉄の規則が不随しており、日本に二年帰った後でないとグリーンカードの申請もいかなるビザへの変更も認められない。
O-1ビザのみが唯一の例外で、J-1ビザからステータス変更ができるが、このビザ取得には優れた研究者、もしくは世界で一流の医師であるという証拠をいくつも提出しなければならない。
しかもO-1ビザが無事に取れたからと言って、2年ルールが白紙になったわけではなく、いつまでも亡霊のように付いてまわる。
これを外すための手段をJ-1ウェイバーと言い、現在の法律では米国の僻地診療に三年以上携わることが条件となっている。
しかし、これには多くのJ-1ビザ保持者が殺到するため、ウェイバーが取れるかどうかの保証はない。

277 :続き:05/01/30 10:33:00 ID:???
〜レジデンシーからフェローシップへ〜

マッチを通して学んだのは米国社会は非常にオープンに見えて実は大変保守的な部分があるということである。
地元の人間は明らかに採用されやすく、日本から応募したほうが、研修病院からインタビューに呼ばれる可能性が格段に高くなるため、研究留学で米国内にいる場合はこの意味でも有利である。
またフェローではUSMLEの点数はもはや関係なく自分の研究経験が有利に働くだろうと予想し、レジデンシー中も自分の研究業績を上げる努力を続けた。
結果から言えばフェローシップには16施設からインタビューをもらい、マッチ外で契約を結びたいとの夢のような申し出までもらうことができた。

〜研究留学が先か臨床留学が先か〜

今も多くの外国人医師たちが、最初から研究留学を足がかりに臨床留学を目標とするという戦略をとっている。
この作戦を取る長所は、
(1)アメリカ人のボスの推薦状がもらえる
(2)レジデンシーを始める前に英語と米国生活に慣れることができる
(3)米国内にいることでインタビューに呼ばれる可能性が高くなる
(4)研究業績を通してビザの問題を解決できる可能性が高くなる
といったことが挙げられる。
興味深いことに、多くの米国臨床留学者たちが、ビザ問題を解決するためもしくは米国でアカデミックポジションを獲得するために臨床研修後に何らかの研究を開始する。
米国で勝ち上がっていくためには、臨床家といえども研究業績が必要になってくるということである。
そのような状況を見ると、これは単にどちらを先にするか(研究留学が先か臨床留学が先か)という順序の問題でしかないのかもしれない。

278 :名無しさん@おだいじに:05/01/30 12:29:47 ID:???
アメリカ人がアメリカで臨床をやるのと違って、外国人がアメリカに滞在し続けたい場合は研究が常についてまわるってことね。

279 :名無しさん@おだいじに:05/01/30 12:54:06 ID:???
>>273

NEJMは元はHarvardの会報だぞ。
そのような論文の多くは、〜といった傾向が一部にあるのが問題だという論調になっているのであって、むしろ問題視されている。
眼科はオンとオフがきっちりとしたプロフェッショナルなスタイルが人気があるようだ。
UCSFは知らんがHarvardの場合はいまだにMGH Department of Medicineが一番人気、しかし卒業生であっても一部しか採用されない。
眼科も人気があるが、それはMEIやSchepensあたりではHHMIやNASのNeuroscienceのリサーチャーが多く臨床の中でも内科や神経内科に次ぐ業績をあげているという事情がある。
アメリカの大学といってもIvyの名門から中部の小規模な大学まで様々であるので一括りにはできないね。
いずれにせよ、アメリカ人の学生の動向は外国人である我々にはあまり関係がない。
むしろ日本人が同じように「楽」と「金」を求めてアメリカに行けばアメリカ人の学生の利益を損なうので将来的には後続を締め付ける原因にもなるだろう。

280 :名無しさん@おだいじに:05/01/30 14:18:00 ID:EEgWKF7G
国内的に改善されつつあると有名な日本の研修医の実態として正しいのはどれか

1 上級医のいうことはそのまま盲目的に従い、決してエビデンス等を元に反論してはいけない
2 他人より常習的に早く家に帰っていると、周囲の態度に、居づらくなっていかねばならない
3 看護士などのメディカル・スタッフからはコバカにされるか、玉の輿として利用されなければならない
4 外科系ローテーションでは、(ローテ研修医は邪魔 ! )と扱われ、低姿勢を保ち続けなければならない
5 1年のうちの半分は患者の搬送、薬局からの薬の受け取り、X線の予約枠とり等に多忙である

a 1  b 12  c 123  d 1234  e 12345

答 e

281 :名無しさん@おだいじに:05/01/30 14:27:58 ID:???
>>273

日米問わずボンクラ大の学生は金と遊ぶことしか能が無いという実態が>>273の存在で証明されますた。

282 :名無しさん@おだいじに:05/01/30 14:43:20 ID:???
>>281
> なぜ、皮膚科はクラスでトップ1%、放射線・眼科はクラスでトップ5%しか進めないんだ?
これってマジ?皮膚科って日本じゃほとんどQOL重視か女性だよね。
しかし皮膚科ってのは(まあ皮膚科に限らないが)、クソ私立でた馬鹿医者がマスコミによく登場するな。
まともな皮膚科医はあいつらの事どう思っているんだろ?
ロクな勉強もせず、研修もほとんどしないで開業して見る人が見たらアホ丸出しなのに
セレブぶっている医者が、何で脚光を浴びるのだろうか・・・
http://www.hillside-skin-clinic.com/
http://www.minami-aoyama.info/index.html
http://skincure.net/
http://www.shibuya-skin.com/


283 :名無しさん@おだいじに:05/01/30 15:33:24 ID:???
臨床留学なんて日本の医学部の序列で最底辺の大学の連中が、アメリカに行って外から日本を見下すための免罪符だろ?
それがアメリカでも日本以上の学歴や序列があるなんてことになったら一発逆転できなくなるから困るんだわな。

284 :名無しさん@おだいじに:05/01/30 15:36:22 ID:???
>>282

嘘ってか言い過ぎ。別に上から何人が眼科に行くとか放科にいくなんて決まってるわけじゃない。

285 :名無しさん@おだいじに:05/01/30 15:55:49 ID:???
>>282
>> なぜ、皮膚科はクラスでトップ1%、放射線・眼科はクラスでトップ5%しか進めないんだ?
>これってマジ?皮膚科って日本じゃほとんどQOL重視か女性だよね。

3割方嘘。逆に言えば7割方本当。

>>275-277の言うような米国内医師はアカデミックポジションを狙うためにとにかく必死。
一方でそういう人びとはごく一部だし、多くの「稼ぐため」に米国で臨床を志す医学生にとっては
コストパフォーマンスという観点が重要になる。
さらには訴訟のことも考えなくてはいけない。
そうなってくると、日本で言うところのマイナー科に脚光が浴びる。

上位数%というのは言い過ぎにしても、いわゆるマイナー科のフェローシップが
概して人気なのは事実だよ。


286 :名無しさん@おだいじに:05/01/30 16:05:38 ID:???
>>279
逆に言えば,研究をゴリゴリ進めているようなIVYの一員Harvardが
医療者の過労とエラーの関係を特集に取り上げる時代なんですよ。
いずれにせよ医療訴訟は米国医療におけるかなり重要な問題だし、
いわゆるマイナー科や専門家への志向が高まっているのも事実。
そういった現状を無視してごく一部だけを見て「医療=学問的欲求」と片づけるのは
大和魂、もとい感情論のなせる技ではないでしょうか。

努力して出世して名誉を求めて・・・なんていう少年ジャンプのような
上昇志向はごく限られた右肩上がりの状況にしか当てはまらない。
米国の医療は研究的領域を除けばもはや成熟期にさしかかっていて、
むしろ抑制へとシフトしている。(恐らく日本も今後そうなる)
そんな少年ジャンプ的思考がホントに多数派になりうるかどうかは、
社会学的常識があれば判断できるのではないかと。



287 :名無しさん@おだいじに:05/01/30 16:56:02 ID:???
リサーチアレルギーみたいなレスをしてるのって、どうせアメリカ行くからいいやってろくに基礎系の勉強とかしてこなかった連中なんだろうな。
もはや卒業が近いからいまさら勉強し直す時間もないし、今まで必死こいて勉強してきた臨床留学より、研究留学→臨床の方が有利なんて認めなくないだけなんだろ。
上の方にも書いてあるけど、アメリカ留学に王道なんてないんだから機会があれば最初は研究留学で行ってみるのもいいし、臨床で留学してから研究に携わることになるのも順序が違うだけで同じなんじゃないの。
基礎も臨床も医学の両輪なんだから両方できるにこしたことはないよね。

288 :名無しさん@おだいじに:05/01/30 22:06:36 ID:???
>>287
ここで問題なのはリサーチアレルギーとかではなく
アメリカで滅私方向的に研究などに没頭するヤシが多いかどうかではないかと

289 :名無しさん@おだいじに:05/01/30 23:22:47 ID:???
日本人がアメリカに残ろうと思うなら滅私奉公的に働かないと評価してもらえんのじゃないか。

290 :名無しさん@おだいじに:05/01/31 00:28:35 ID:???
問題ってかアフォ大のひがみ。

291 :名無しさん@おだいじに:05/01/31 00:45:45 ID:???
>>289
大学で有名フェローに残ろうとするならね。
例えば>>108で指したような道もあるし、そっちの方が多数派。


292 :名無しさん@おだいじに:05/01/31 01:22:12 ID:???
願望と現実を混同するのはいくない。
現実:帰国→徳

293 :名無しさん@おだいじに:05/01/31 02:18:59 ID:???
>>108みたいなのは幸せだよね。
周りから見れば最下層の外国人奴隷だが、満足してるんだからいいんだよね。

294 :名無しさん@おだいじに:05/01/31 02:38:39 ID:???
>>286

Harvardが特集してるわけじゃないんだけど。
まぁ程度の低い大学にいる人間にはわからないこともあるんだよ。
実際アメリカでもIvyやUC系、Hopkinsみたいな所では赤ポスもどんどん増やしてはいるのにtenureを取るのは年々難しくなっている。
それは労働時間や賃金を重用視する集団が増える一方でアカデミックキャリアを追究する人間も同じように増加していることを意味する。
底辺マターリ大学と上位の大学では全く事情が違うってことを度外視して底辺層だけを強調してるから仕方がないが。

295 :名無しさん@おだいじに:05/01/31 03:02:20 ID:???
>293
そもそも米国に外国人が医者やりにいくってのは
多くは>>108みたいなのを指すんだろうけどね。
マイノリティの一発逆転路線、みたいな。
日本に出稼ぎに来るブラジル人と、本質的には変わらないのだろう。


296 :名無しさん@おだいじに:05/01/31 03:52:20 ID:???
そういや日本に出稼ぎに来てるブラジル人も楽しそうに見える。
でも楽して金が稼ぎたいだけならアメリカじゃなくてもいいし、医者なんてやめてしまうのが一番いいんじゃないの?

297 :名無しさん@おだいじに:05/01/31 07:49:44 ID:???
金が欲しい、アメリカに住みたいって願望は日本で待遇のいい病院に勤めた場合にも叶えられる希ガス。
わざわざUSMLEその他の苦労をするわりにはコストパフォーマンスはあまり高くないな。
それならのんびり日本で医者やってたほうが楽できそう。

298 :都こんぶ:05/01/31 09:19:17 ID:???
>297
のんびりやって、適当にお金をかせいで楽しくいきるなら、日本のほうがいいでしょうねえ。
食事も日本のほうがはるかにおいしいし。
それでもいきたいというには、自分の中での動機がはっきりしている場合でしょうね。
ただビッグマネーが目的なら、日本の美容整形のほうがいいんじゃないかな。


299 :名無しさん@おだいじに:05/01/31 10:59:28 ID:???
>>286
>>273
↑こういうのは金と労働時間という純粋な目的のためにわざわざUSMLEに合格してアメリカくんだりまで行くらしいが。
さぞかし関連病院もまるで無いような大学を卒業したのだろうと気の毒になる。

300 :名無しさん@おだいじに:05/01/31 14:31:32 ID:???
アメリカっていう言葉の優越感に浸りたいってのはあるね。

301 :名無しさん@おだいじに:05/01/31 18:05:17 ID:???
飯台心外の逸材、那加さん(コロンビア大外科助教授)も研究留学→臨床乗換え組だな。
外科系でさえそうなんだから内科系なら言うまでもなくリサーチャーで渡米する方が有利だろう。

302 :名無しさん@おだいじに:05/01/31 18:31:42 ID:HRgFSyCe
研究留学組で成功した人

ハーバード大学循環器内科:I雲教授
ハーバード大学循環器内科:A川助教授
ハーバード大学病理:A石助教授
ジョンズホプキンス大学免疫内科:I坂教授
ロックフェラー大学血液内科:A田教授
UCLA腎臓内科:O田教授
UCI血液内科:O川教授
UCSD小児科:S藤助教授
コロンビア大学外科:N助教授

臨床留学で成功した人



303 :名無しさん@おだいじに:05/01/31 20:04:40 ID:???

ほとんど東大京大阪大出身者?

304 :名無しさん@おだいじに:05/02/01 00:57:06 ID:???
I雲、I坂、A田、O田=灯台
O川、N=飯台
A川=準天童
A石=及第
S藤=岡山

嵯峨医の循環器教授は元ハーバード助教授で嵯峨医卒。

305 :名無しさん@おだいじに:05/02/01 07:22:34 ID:g3pxfMFq
研究留学か臨床留学かって何かずれてるよ。
大事なのはレジデンシーへの入り方についての方法論だろ。
極端に言えば、臨床留学はclinical J-1ビザでレジデンシーに入る場合を指し、研究留学=留学先でH-1ビザ、Oビザ、永住権などに変更してからレジデンシーに入る場合を指しているのだろうと思う。
上のような臨床留学の何が問題なのかと言うと、clinical J-1に不随する2年ルールの煩わしさにつきるのではないかな。
フェローの後に日本に帰らなければならないという制限、さらにwaiverするにしろ、何らかの業績の必要なOビザには切り替えはできないのでH-1ビザにしか移行できない。
のんびり留学派にはここに問題があって、H-1ビザの後には永住権を取らなければならないが、研究業績がある場合には比較的用意だがそれが難しいためせっかくwaiverしてもその場凌ぎにしかならない可能性が残る。
つまり入国、waiver、永住権とclinical J-1で入国したために発生する問題に大変な労力を使わなければならない。
これを回避するためには、まずはレジデンシーにH-1ビザで入るという方法がある。
この場合は2年ルールがないためフェローで論文を書いておけば速やかにOビザまたは永住権に移行できる。
しかしこの場合にも問題があって、まずはH-1をサポートしてくれるプログラムがほとんどないということ。
そしてH-1で入国した場合には今度はフェローシップで不利になること。
そこで第三の方法として研究留学からの移行が存在する。
この場合はresearch J-1には2年ルールが無い場合がありまたH-1で入国することもできる。
それらの場合は留学先での研究業績によりOビザ、永住権に移行することになるが、それらの申請には3報程度の1st論文(IF5前後が平均)があれば十分なようだ。
そのようにしてOビザか永住権取得後にレジデンシーに入れた場合は、2年ルールもなくフェローにおける不利も存在しないし、フェローのあとも大学に残るのも民間に移るも全く自由ということになる。
要は、レジデンシーに入る前にビザの問題を解決するか、レジデンシー終了後にビザの問題に悩むかということでないかな。

306 :名無しさん@おだいじに:05/02/01 07:44:21 ID:???
考える前に行ってみろってアドバイスが一番不親切だな。
行ってみました二年縛り知りませんでした帰国しましたって人多そう。

307 :名無しさん@おだいじに:05/02/01 11:14:40 ID:???
>>122

308 :名無しさん@おだいじに:05/02/03 20:56:39 ID:???
>>122の退役軍人病院だが、あそこって共和党のすくつ(←なぜか(ry )だよね。
日本人やらマイノリティが逝って大丈夫なのか?

309 :名無しさん@おだいじに:05/02/04 05:09:41 ID:???
看護師でGCとってからならいいんじゃない?

310 :都こんぶ:05/02/05 07:29:26 ID:???
VA,なんか雰囲気が重苦しかったなあ。内部歩いただけだけど。

311 :名無しさん@おだいじに:05/02/05 23:16:04 ID:lXJXbHWA
なんだか難しい話になってて聞きにくいんだけど。。
USMLE目指すみんなの英語力ってどれくらいなの?
たとえばBBCとか聞いてて何とか話題が理解できるとか、細かいこともほとんど理解できるとか
あと英字新聞や小説では読むのに苦労するとか、日本語とそう変わらないとか

ちなみに俺は洋書で勉強すると理解できるけど日本語に比べて明らかに時間がかかるし疲れる
そしてニュースなら聞いてて7割から8割理解ってところ 映画は結構苦しいです・・・

312 :医学部6年生:05/02/05 23:20:00 ID:S+7r7Kg3
洋書に関しては、医学単語さえ分かれば普通の医学生なら問題ないんじゃないかな?
ただ、すらすら読めるようになるためには必要な単語数がかなり多い。
2csは、会話力
1,2ckは速読力
あまり相関しないとも言われてるけど、TOEFLで230くらいあればなんとかなりそうな気がする。

313 :名無しさん@おだいじに:05/02/06 14:17:55 ID:???
>>311-312
「USMLEを目指すなら」、医学部受験時の英語学力+医学単語の増強で十分対応可能。

ただし、マッチするためにはCSA(step2 CS)と面接がある。
リスニングとスピーキングの面で、大学受験の学力では厳しいかと。

米国で医療機関を受診した者の補足でした。

314 :都こんぶ:05/02/08 02:11:46 ID:???
面接は、とりあえずそれ用の対策をねればなんとかなった。
もちろん、働きだしたら自分の能力は自分が一番わかる。
患者さんに2回聞き返したら、馬鹿だと思われ、上司に
ちくられるかもしれないという恐怖と緊張感はすごかったなあ。
まあ最後にはなんとかなるもんだが

315 :名無しさん@おだいじに:05/02/08 04:14:41 ID:vro+gjJG
USMLEだけならある程度速読ができればOK。
CSAはゆっくりしゃべれば、発音がまずくても良い。
ただレジデンシーをするのには、大学受験程度では苦労すると思う。
自分はfellowだったので手術ばかりしていて、少々英語が下手でもあまり苦労しなかったが、レジデント、特に1年目のインターンは他科の電話コンサルトなどが主な業務になるので、まともな会話ができないとかなり苦労すると思う。


316 :医学部6年生:05/02/08 08:03:31 ID:0r1VE/9K
>315さん
僕は正規マッチか海上でレジデンシーからと考えているのですが、
コネがあればフェローからの道もあるとききます。
レジデンシーなしでフェローの場合、上司のコネとか、学会
で会った方のコネとか、そういう形が多いのでしょうか?

317 :名無しさん@おだいじに:05/02/09 06:20:08 ID:eY782rS/
自分はリサーチフェローからクリニカルへの乗り換え組です。このパターンの人多いです。
所属医局のコネで来る人も多い。
外科の場合、手術見学に行って、そこで直接頼み込んでフェローになった人もいます。
他の科はどうか知りません。
自分のしたい専門分野が決まっているのなら(特に外科系)、フェローから始める方が良いポジションを得られる可能性が高いと思います。
いきなり日本からマッチにアプライしても、良いプログラムに取ってもらえる可能性は限りなく低いし、良いレジデントプログラムを終了していなければ、良いフェロープログラムに入る事はもっと難しいです。

318 :名無しさん@おだいじに:05/02/09 06:25:37 ID:eY782rS/
書き忘れたけど、レジデントを経ずにいきなりfellowshipをする場合、いわゆるnon-categorical positionになることが多いので、施設によっては随分待遇(症例数とか)で差別される場合もあり、注意が必要。
アメリカでレジデント、フェローの勤務時間制限が厳しくなった結果当直が回らなくなり、その埋め合わせにnon-categorical fellowを募集しているところも多いので。

319 :名無しさん@おだいじに:05/02/10 10:48:22 ID:???
興味の方向によるんだろうけど、2ちゃんで自分的に有用なのはこのスレだけだな。
みなさんはなんで2ちゃん「なんか」に体験談書いてくれるんですか。
ありがとうございます、参考になります。いずれ後に続きます。

320 :名無しさん@おだいじに:05/02/10 11:25:50 ID:???
日本人以外の場合だと、アメリカで成功した人間が後続の同胞を引き上げる役割を担っていることが多い。
情報提供を含めて本国の後輩に対して一定の貢献をしたいという気持ちが生まれるのは不思議なことでもないでしょ。

321 :名無しさん@おだいじに:05/02/10 18:45:43 ID:9eg7KO7Y
ここはいいですね。参考になります。ただ、
リサーチでいく人の数って臨床で米国いく人より軽く2ケタ以上多いですよね。
臨床からはじめて教授職の人もいます(現職でDr○田、Dr○津, PA)。
リサーチからいく方がいいなら、2ケタ多くこの例では200人も挙げられるでしょうか。
結局、リサーチでいっても臨床に変えれるチャンスは低いし、
挫折もしやすく、効率的には悪いのでは?


322 :名無しさん@おだいじに:05/02/10 21:01:55 ID:???
>>321
言いたいことは分かるが、もう一回このスレを読み直すことをオススメする。
ピントがずれているよ。

323 :名無しさん@おだいじに:05/02/10 21:27:49 ID:???
>>321
実際そのとおりなんだけど、USMLEは新手のロンダだからね

324 :名無しさん@おだいじに:05/02/11 01:14:31 ID:???
>>321

とりあえず最初から読みな。
臨床から教授ってどこの大学の誰だ?
イニシャルでいいから言ってみて。
リサーチで留学している人が100人いたとしてもそのうちの9割は日本医局の都合やら医局で出世するために来ているだけなんだよ。
アメリカに残りたいとかアメリカで臨床に乗換えたいとか考えている人は極めて少数派なわけ。
だから仮に向こうでせっかく助教授になったような場合も、大部分はアメリカには興味が無いので日本の助手や講師で戻って来る。
100人のうち1割はそのままアメリカに残ったり臨床に乗り換えたりしているので、確率的には純粋な臨床留学より遥かに効率がいい。
その理由は散々既出だがビザの問題を解決するのにリサーチでの論文業績が必要ということに尽きるだろう。

325 :名無しさん@おだいじに:05/02/11 01:47:48 ID:???
>>321

リサーチで臨床に乗り換えるような人間は最初から明確な目的があるので、常に先を見越して行動している。
だからまずは留学先で研究して論文書いて(firstで3報あれば確実)ビザを書き替えたり永住権取ったり、アメリカに残るための問題を最初に解決してしまうということ。
論文を書くこと研究することが苦にならない人間にとっては圧倒的に確実かつ効率的。

326 :名無しさん@おだいじに:05/02/11 09:18:47 ID:???
6 名前: 某BBSより 投稿日: 2001/07/01(日) 00:43
生物版に下の外国人の例ようにアメリカで頑張ってる人いますか?

1473 re(2):10年目でレジデント始める人たくさんいるよ。
2001/6/30(土)22:42 - 医者1 - 16 hit(s)

例えば、中国で8年マイナー科の医者。米国で4年間、ポスドク。のち、別な科でレジデント開始、今度フェローに。

インドで医者。英国か何処かで研究。15年目で米国でレジデント開始。

ヨーロッパ人。研究大量。Nature、Scienceも。10年目くらいでレジデント。フェローの時に既にグラント確保。今は、スタッフ。グラント、ポスドクあり。別の大学から招聘されているらしく、そのうち異動。

ヨーロッパ人。40過ぎて、レジデント開始。それまでは研究、子育てが主。レジデントはあと2年残っているそうです。

某南アジア人。母国で、1-2年医者。日本で4年でPhD。アメリカでポスドク3年くらい。現在レジデント3年目。研究論文大量。

などなど、たくさんいます。
これ以上言うと(特に非常に身近な存在について)個人特定につながるのでおわり。

たくさんいるというのが、誤解を生むのであれば、
私はそういう人を複数知っている、中には、
成功をおさめている人もいるという風に直します。
卒後10年目くらいでレジデントを開始する人の
FMG全体にしめる割合は分かりません。


327 :名無しさん@おだいじに:05/02/11 09:19:40 ID:???

39 名前: 名無しゲノムのクローンさん 投稿日: 2001/07/02(月) 03:33
沢山の若い日本の医学部出身者が医学界のイチローよろしく色んなパターンで渡米するのがよろし。
その中で100人か1000人に一人はこちらで教授にでもなるんでしょうかな。でも母数が多ければ
数も増えやすいから、どんな形であれ応援しましょう。にもかかわらず最終的には先ほど紹介した人種等の
越えがたい壁のために最後は阻まれるのだが(例;基礎では教授になれてもchairmanにはなれない。
臨床では教授にもなれない、など。コネ社会だからね。)ノーベル賞でもとれたら別でしょうが(ワラ)

89 名前: 名無しゲノムのクローンさん 投稿日: 2001/07/05(木) 03:15
>>70
サンクス。
しかし"JBCとかEMBOとか、臨床の先生はその価値が分からない場合が多い。"
のことだけど、IFが3か4くらいのその分野のトップといっても、本当にいい
仕事はさあ。86のいうように一般誌にいけるわけでしょ。
それにIF の高い雑誌はやはりボスも評価しているよ。
それは3か4の雑誌にしかだせないひとの言い訳でしょ。
「自分は臨床の研究でしかも自分の分野での雑誌のレベルは低い」というのは。
それを言いたがったり、認めるのはむしろ日本の教授であって、
アメリカの教授は認めないぞ!だってアメリカの教授は臨床でも
若い頃nature science cellやPNASの仕事してきてる人多いじゃん。
言い訳は見苦しいからやめましょう。

328 :名無しさん@おだいじに:05/02/11 09:20:12 ID:???
116 名前: 名無しゲノムのクローンさん 投稿日: 2001/07/05(木) 13:54
今時の時代で、日本の一流大学なら、外科系でも、放射線かでも
みんな遺伝子レベルの話で、基礎的な実験のできないような
やつは実験の指導できない、スタッフになれないってこと。
アメリカなどさいたるもの。

121 名前: 名無しゲノムのクローンさん 投稿日: 2001/07/05(木) 14:13
おまえのラボはつくづくレベル低いよ(ため息)
でこちとらは臨床系でもassist prof.よんで
基礎的なことやらして最上級雑誌連発だよ。
でそのもとで育ったMD,PhDと俺達がグラントかいてんだよ。
いまどきのアメリカの臨床ではprof.はnatureクラス3本
以上なきゃだめだ。臨床系のIFの低い雑誌でどうのこうの
ってのは田舎のレベルの低い大学。
そうお前のようにな。(ワラワラ藁w)

165 名前: NIH3T3 投稿日: 2001/07/06(金) 11:53
おれに何度も同じことを言わせるんじゃねえよ、ゴルア!
おまえたちは臨床免許をとろうとしているのか?
臨床でも負け犬根性をさらすのか?
おまえたちが狂綬をめざすなら逝っておくぞ。
よく聞いておけ。

アメリカの本物の教授は臨床系で、それも外科系、否マイナーでも
cell,nature,scienceクラスにfirstで1報くらいはあるんだぞ。
二本の臨床のクソガキ教授はなにもねえじゃないか。

329 :名無しさん@おだいじに:05/02/11 09:21:47 ID:???
285 名前: BBS 投稿日: 2001/07/16(月) 22:24
(引用)
1525 外科等のレジデント採用は、外国医学校卒業生には困難と聞く

2001/7/16(月)02:10 - 浪人フェロー - 95 hit(s)
日本人で某大の外科の教授やっている人と話すけど、その某施設では、外科のレジデントはアメリカ人から、
と決めているそうです。他の多くの施設もそうらしいです。
なぜかというと、外国医学校の卒業生(多くは医者になっている)を採用すると、予算配分が減らされるからだそうです。

したがって、外科志望の日本の医大生が卒後すぐに外科のレジデントのポジションをアメリカで獲得するのは、非常に困難と思われます。
どんなに英会話が堪能で、どんなに医学知識が豊富な医学生でも、
日本の医学校卒業生が卒後すぐにアメリカの外科のレジデントはシステム上困難だと思います。
アメリカのシステムはアメリカ人のためにできているから、外国人の我々に不利な条件がたくさんあるのは当然のことと思います。
そのような中で、プログラムに入ったDr。Kazuさんのモチベーションと結果には敬服しています。頑張って下さい。
おそらく、グリーンカードも必要だったのでは?

どうしても、外科等の人気領域をやりたくて、かつアメリカでもしたいのなら、
(1)日本の一流大学病院などで頑張り、その後こねを利用して
フェローポジションをとるか、
(2)アメリカでリサーチを頑張るなどして、かつグリーンカードもとって、
どこかの外科ボスに気に入ってもらって採用してもらう、などの方法くらいしか
私には思い付かないです。


330 :名無しさん@おだいじに:05/02/11 21:35:25 ID:???
>>329
一方で外科系では「アメリカで腕を磨いて云々」という人がいて脚光を浴びるよね。
心臓とか脳外とか。
「アメリカで腕を磨いた内科医」よりもずっと人気が出る。
ああいう人達は医局からフェローに入ったの?

331 :名無しさん@おだいじに:05/02/12 03:03:14 ID:???
初歩的な質問で悪いんだけど、
どうして「アメリカで腕を磨いた内科医」は人気ないの?

332 :名無しさん@おだいじに:05/02/12 09:21:42 ID:???
>>330

昔は日本から直レジに突入して、そのままアメリカに残るのも難しくない時代があった。
今はビザや永住権をとるのに研究歴が非常に重要になっているから難しいが。
「アメリカで腕を磨いて云々」というのは脳なら神の手、心臓なら金澤大、鏡台あたりの享受をさしているのだと思うが。(まあ名前だけ売れてる何部地もか)
神の手はそもそも日本ですでに世界的に知られていたので、日本からレジデンシーもフェローシップも通さずにアメリカに享受として招聘されたんだよね。
金澤の教授はアメリカで研修を受けたのではないし、鏡台の享受や刻潤の番堂さんはリサーチフェローからの乗換え組。
何部地はオーストラリアだしね。

333 :名無しさん@おだいじに:05/02/12 09:24:14 ID:???
>「アメリカで腕を磨いた内科医」よりもずっと人気が出る。
>どうして「アメリカで腕を磨いた内科医」は人気ないの?

そりゃ大きな間違いというか勘違い。
「アメリカで腕を磨いた外科医」といっても、それは心外や脳外がほとんどだ。
なぜなら消化器なんかなら日本人の方がうまいとも言われている。
心外や脳外の場合は専門的なトレーニングが必要になるのだが、
日本ではそのような徹底的な研修が存在しない。
だからそのような分野でアメリカで研修を受けて日本に戻ると、
当然日本で研修を受ける場合より何十倍も執刀数が多くなる。
だから研修を受けてきたというだけで日本の心臓外科医、脳外科医よりも遥かに上の経験を持っていることになるわけだ。
一方内科の場合はレジデンシーでの研修は特別専門的な能力が得られるというわけではない。
むしろ医師としても基礎能力を徹底的にやるというような研修を行う。
そのため仮にレジデンシーの後に日本に帰国したとしてもそれほど特別な能力を持って帰国するわけでもないので、脚光を浴びる(ネタにされる)ことも少ない。
むしろ内科医がアメリカで研修を行う場合には、アメリカで残ることを前提にした方が良い。

>アメリカの教授は認めないぞ!だってアメリカの教授は臨床でも
>若い頃nature science cellやPNASの仕事してきてる人多いじゃん。

とあるように、向こうでは大学の内科医と言えばphysician-scientistを指している。
よって名門大学ほどレジデンシーの後の研修には基礎研究の絡む割合も増える。
そのような中から日本人でもハーバード内科の伊豆も教授のような優秀な人がたまに出てくるわけだが、
彼の場合はNIHのgrantの審査も行っていてまさにアメリカ医学の中枢に近いと言っても良い。
NASに選ばれるような臨床医はほとんどが内科医だし、ノーベル賞もそれらの中からでてくる。
またアメリカでは内科はDepartment of Medicineと称されており、医学そのものとして扱われているとも言える。
だからアメリカに残ってキャリアを追求したい場合には内科医というのも悪い選択肢ではないが、
日本に戻ってくるつもりならリカでの内科研修というのはそれほど有用ではないと言える。

334 :名無しさん@おだいじに:05/02/12 23:16:01 ID:???
>>331
333に付け加えると、internal medicineはいわゆる総合内科・一般内科的な
意味合いを持ってくる言葉だったりするわけで。
しかも内科系はガイドライン全盛の昨今では、「一般的に治す」こと自体にあまり
意味はない。(外科はその治し方自体がまだ個人の技量に左右されるからね)

やはり「ガイドラインの先」を狙えるようでなければ、アメリカでの内科研修は
意味がないのだろうね。


335 :名無しさん@おだいじに:05/02/16 21:58:23 ID:???
>>334
現実をしゃべっちゃったからこのスレ過疎化しちゃったじゃんw

336 :名無しさん@おだいじに:05/02/16 22:24:26 ID:???
教科書スレで鉄門のM2で既にSTEP1通った奴が結構いるって話が出ていた。


337 :名無しさん@おだいじに:05/02/17 07:47:31 ID:9D95f6nQ
>331
アメリカのほうが進んでいる内科の分野を探せば、レジ⇒フェロー⇒帰国
でも、それなりに評価されますよ。分野が限られますが

338 :名無しさん@おだいじに:05/02/17 08:24:41 ID:???
>337
たとえばどんな分野?

339 :名無しさん@おだいじに:05/02/17 18:49:12 ID:???
アメリカでしかできないこと(あるのかないのか知らないが)を理解せず
ただ漠然とアメリカが好きで目指す奴の気がしれん。

340 :名無しさん@おだいじに:05/02/17 22:20:50 ID:???
>>337
それこそリサーチやフェローのレベルまで残らないと意味はないわけだし、
それもそういう先進的なことを行っている病院でないと。

そうなってくるとレジデントからはい上がるのでは遠回りになりそう。



341 :名無しさん@おだいじに:05/02/17 23:28:53 ID:???
>>339
何度も言ってるだろ、新手のロンダだと

342 :名無しさん@おだいじに:05/02/18 09:19:27 ID:???
>>334

そういうこったね。
レジデンシーはまだしも、フェローまで行くと臨床能力よりフェローの間に何本論文書いたかで評価が決まる世界(内科)だし。


343 :名無しさん@おだいじに:05/02/20 13:29:28 ID:tENK8hfb
何かやたらと留学挫折した人間の多いスレですね

344 :名無しさん@おだいじに:05/02/20 21:47:02 ID:???
M2で受けれるんだっけ??

345 :名無しさん@おだいじに:05/02/23 20:25:51 ID:???
>>344
M2だろうがM1だろうが受けられる。
ただし実際に役立つのは卒後だし、期限があることを考えれば
あまりおすすめはしないけど。
もちろんマッチングの時に「USMLE STEP1合格」と書きたいためだけに
受験するのなら話は別(というかそういうヤシがこれから増えそう・・・)

346 :名無しさん@おだいじに:05/02/25 11:02:08 ID:u8dP9xts
>345 期限なくなったよ

347 :名無しさん@おだいじに:05/02/25 20:23:17 ID:???
期限がなくなったのはCSA(step2 CS)だけ。
step1およびstep2 CKは今まで通り期限あるよ。
だから早いうちに取ることは、345の言うとおり必ずしも役に立たない。

ソース http://www.igaku-shoin.co.jp/nwsppr/n2003dir/n2560dir/n2560_10.htm
>大きな変更点として,(1)TOEFLの受験が不要になったこと,(2)CSAがなくなったかわりに
>USMLEのStep2のCK(Clinical knowledge)とCS(Clinical skills)の2つのサブジェクトが
>設けられ,CSが従来のCSAの機能を果たすこととなったこと,(3)CSAの有効期限が
>3年から無期限となったこと・・・をあげた。
>ただし,Step1もしくは2合格からECFMG Certificate取得までの期限は従来どおり
>7年であり,・・・


348 :& ◆CyWCzUNmwY :05/02/25 23:00:11 ID:7jtcyjzd
今年よりUCDavisに入る予定で将来はbiochemiを勉強してMed Schoolを
目指そうと思っているが、やっぱり日本の医大に行ってUSMLEを受ける
ほうが楽だったのであろうか?

349 :名無しさん@おだいじに:05/02/26 00:33:05 ID:???
何に対して?アメリカで医者するんだったらアメリカの医大に行く方がいいだろ。
日本の医大に行くのは、日本の医者になるためじゃないのか?

350 :名無しさん@おだいじに:05/02/26 21:02:57 ID:qhgdhCv7
一般的にアメリカでは医学部卒業までに1000万円以上の借金。
国公立医大に入れるなら、日本のほうが安くつく。
アメリカの医師免許発行は外国医学部出身者にも開かれている。
日本の医師免許は外国医学部出身者には、ほぼ不可能。

日本の国公立医大を卒業して両国の医師免許取得というのがベストでは。

351 :名無しさん@おだいじに:05/02/26 21:10:34 ID:???
>>350
> 日本の医師免許は外国医学部出身者には、ほぼ不可能。
そんなことはないんじゃないの。
細かいことは知らないけど、旅先で受診したアドベンチストという
病院の若い内科の先生がアメリカの大学卒業したといってたよ。

352 :名無しさん@おだいじに:05/02/27 16:09:13 ID:???
>>350-351
>日本の医師免許は外国医学部出身者には、ほぼ不可能。
海外医学部出身者は「医師国家試験予備試験」という試験を受ける必要がある。
これに受かって1年臨床をやれば国試を受けられる。

とはいえ、予備試験は筆記試験だし合格率は15%程度。
合格率は外国人受験者・日本人の海外医学部卒業者を含めた数字なので
日本人に限れば多少高いかもしれないけれど、国試に比べれば難関だよね。

ときどきフィリピンとかの医学部を出て予備試験経由で日本の医師免許を得る
日本人がいるけれど、言葉の壁や予備試験といった難点を考慮すれば
むしろ地道に受験勉強をした方がトータルでみれば近道だと思うよ。

353 :名無しさん@おだいじに:05/03/02 15:06:46 ID:4EB2M1JY
このサイトまともですね。
今まで中傷合戦ばっかりのやつしかみたことなかった。
馬鹿とかアホとか。


354 :名無しさん@おだいじに:05/03/02 19:47:03 ID:rV5Gmcpr
たしかに、こういう内容(=米国臨床留学)のことって、
日本人にとっては、やっかみ、ひがみ、劣等感、を惹起することです。
数々のUSMLE板や他の掲示板がそうして廃墟となっていきました。

挫折組、あるいは能力限界を含めて諸々の事情で米国臨床留学のできない人たちの
(カッコつけんな)(アメリカにいってどうすんだ)的な意見は避けられないですからね。

このスレが中傷合戦から辛うじて逃れているのは、
経験をもってる人たちが複数参加して、
留学未経験者についていけないレベルの内容が論じられているからでしょう。


355 :名無しさん@おだいじに:05/03/02 20:14:29 ID:4EB2M1JY
試験自体は(受かるだけでよければ)たいしたものではないと思うんですが・・。
自分は受かった、あるいは友人、同窓生が沢山受かっている、
お前達あるいはお前達の大学出身者は馬鹿だから受からないだろう、
といった書き方が「?」と思うんですが・・。

356 :名無しさん@おだいじに:05/03/02 21:01:50 ID:???
このスレの論点が《行くか行かないか》ではなくて、《直臨床留学か研究留学を挟むか》って部分にうつってきたからでは。

357 :名無しさん@おだいじに:05/03/02 21:21:52 ID:rV5Gmcpr
《直臨床留学か研究留学を挟むか》
この問いへの答は、その人の目的が、
《臨床家になりたいか研究家になりたいか》
《開業医になりたいか大学教員になりたいか》
によって異なるでしょう。

ルート1. 直臨床留学---臨床家/開業医
ルート2. 研究留学を挟む---研究家/大学教員

どちらを選ぶべきかについては、各人の志向によって異なると思います。

358 :名無しさん@おだいじに:05/03/03 00:24:35 ID:???
>>357

合理的です。

359 :名無しさん@おだいじに:05/03/04 09:33:18 ID:???
ttp://www.dallastsushin.com/

360 :名無しさん@おだいじに:05/03/04 11:29:54 ID:4w+BpFdz
CS対策はどうやってやりました?
kaplan?
あとCSだけなんですが対策がわかりません。

361 :名無しさん@おだいじに:05/03/05 08:59:58 ID:???
>>357
あとは「留学」じゃなくて米国で医者をやりたい(骨を埋めたい)という選択肢も
あるかと

362 :名無しさん@おだいじに:05/03/05 22:01:32 ID:???
直臨床留学と、研究留学と、給料出るかどうかもよく分かりませんが、
それぞれ初期費用など、どのくらいかかるのか教えてもらえるとうれしいです。
貧乏人でもいけるのかしら。
スレの主旨からは外れるかもしれませんが。

363 :名無しさん@おだいじに:05/03/06 11:33:59 ID:YQ9zT5GR
直臨床留学-米国での初年度年収は概して3万ドル〜4万ドル
研究留学-米国での初年度年収は概して0万ドル

364 :名無しさん@おだいじに:05/03/06 15:08:08 ID:???
研究留学経由の場合は、大体二年間の研究期間を経てから臨床に乗り換えることが多いが、乗り換えてからはもちろん直の場合と同じ。
研究期間中は、助成金も無く留学先から給料も出ない場合(日本人のこういう無償労働は賃金体制を壊すものだと嫌がられているが)は貯金を食いつぶすことになる。
ただ研究留学の場合は臨床に乗り換える前にビザの問題が解決できる(研究期間中の業績)ので、大学に残りたい場合は食いつぶした分の貯金も無駄にならない。
ビザの問題は金では解決できないからだ。

365 :名無しさん@おだいじに:05/03/09 11:24:25 ID:nGN6nfXV
>大体二年間の研究期間を経てから臨床に乗り換えることが多いが

Jビザで研究を始めて、その実績でHビザとって、グリーンカード出るのまってから
臨床となることだと思いますが、これ8年くらいかかるぞ? (しかもその間は激低給料で)

2年の研究期間を経るだけで臨床いけるんですか? これこそ、金では解決できない問題では?

366 :名無しさん@おだいじに:05/03/09 17:40:47 ID:???
>365
普通に考えたらわかるが
ケース倍ケース
いける人が何割かというと、かなり低いだろうね


367 :名無しさん@おだいじに:05/03/09 18:11:37 ID:???
>>365

それは何の下準備もしてない人の場合ね。
実際に乗り換えてる人達は、1年半で2報(JBCクラスがあれば確実)出して、その間同時進行でUSMLEパスして、ビザ書き替え下準備もしておき、二年以内にH1に切り換える。
グリーンカードの方は裏技があるので、H1に書き替えた後即座に取得できる、そして実質三年で臨床乗り換え。
またresearch J-1には2年ルールの無い場合もあるので、その場合はHビザを経ずにそのままグリーンカードを取る。
そしてリサーチの場合はHビザでも入国できるのがキモ。
その場合にも上記のように論文を出した後すぐにグリーンカードに移行できる(Oビザにも可)ので、臨床乗り換え成功組に好まれている。
つまりリサーチでもJ1はなるべく避け、仮にJ1で入った場合でも移民法に詳しい弁護士の準備等を、三年でグリーンカードを取得するつもりで時間を逆算して行動しておくことが必要。
向こうに行ってから2年半で論文だして、それから準備してH-1に乗り換えてまたしばらくしたら準備してグリーンカード取って〜みたいな一段階ずつクリアするような調子ならば八年かかっても仕方ない。
しかし全体としては決して成功確立が低いわけではなくて、渡米前からあらかじめ臨床に乗り換えるための綿密な下準備をして逆算しながら行動をしているような人達は、高確立で壁を突破しているという事実がある。
渡米してから動き出すような連中にとっては確かに確立が低くかつ時間もかかるのでおすすめできないかもね。
それは研究室選びも含めて自分次第。

368 :名無しさん@おだいじに:05/03/09 18:22:54 ID:???
>>365

また激低給料というのはごもっともで、だからこそ最短でグリーンカード取得に至る必要がある。
それに加え、日本で助成金取れるぐらいの実績が無いとアメリカに渡ってからすぐに論文出し始めることも難しい。
具体的には学部時代にできれば1〜2報→研修医→学部時代のコネで即渡米(このケースが最短で、成功例もあるが、院に行く場合も多い)。
院に行った場合は確実に助成金を取り、その間に3〜5報の論文をだしておけば留学先から給料がもらえる確立も高くなる。
これは留学前からの下準備というよりも学部時代からの逆算した下準備が必要とも言える。
一目瞭然だがすごくキツイと言えばキツイ、でも確立は高い。

369 :名無しさん@おだいじに:05/03/09 20:34:39 ID:LKSyJUMD
アメリカ行く気は毛頭ありませんが
マッチングで有利になるかと思ってUSMLE受けます。
そういう人他にいますか?結構多いと思ってますけど

370 :名無しさん@おだいじに:05/03/10 04:31:08 ID:71UbOggU
>----逆算しながら行動をしているような人達は、高確立で壁を突破しているという事実がある。

どこに事実とする Evidence が?

371 :名無しさん@おだいじに:05/03/10 05:28:56 ID:???
>>370

>>277 の後半にも書いてあると思うが。
日本以外からアメリカ来る場合はリサーチ通す方がむしろ本流。
さらに日本人の場合、国内にも有力な教授がいるためそれらのコネを使えば遥かに成功率は上がる。

1逆算した計画
2国内の大御所にコネがある
3そのコネを活用して大御所のラボに留学
4論文

この4つが揃っていれば何の問題もない。
1、2、3は灯台鏡台あたりの人間なら問題ないだろうし、それらが揃えば自然と論文を出せるような環境も整うから。

372 :名無しさん@おだいじに:05/03/10 10:12:20 ID:pGxiEiDK
立論は結構。依然 Evidence が…

373 :名無しさん@おだいじに:05/03/10 13:31:17 ID:Xuc89mXN
コネがあれば良い留学先を選べるし、良い留学先に行けば論文も出やすい。
論文が出ればビザの問題も解決できる、ビザさえ解決すればレジデンシーに入れる。
エビデンスなんかいらんだろう、当たり前の話。
どうしてもエビデンスに拘るなら、ほとんどのresearch J-1に2 year ruleがつかない理由、waiverにも論文業績が必要な理由、グリーンカードを論文業績で取得できる理由、Oビザの存在、そのあたりがエビデンスそのものなんだけどわからないかな?
それらのビザの抜け道は、研究者をアメリカに連れて来るための呼び水にされてる。
つまり研究者の流入推進はアメリカの国策の一部に含まれているので、研究業績さえあればアメリカに残るのは難しくないのは考えるまでもない。
アメリカの医学生・医師の利益を損ねるとして、安価な労働力としての外国人医師を締め出しかつ門を狭くする一方で、リサーチの門は以前開かれたままになっている。
それを知っているほとんどの日本人以外の外国人医師はclinical J-1で入国したりはせず、長期的視野のもとにリサーチからの乗り換えを狙う。
エビデンスの前にアメリカの現実を知れば自ずと理解できるはず。

374 :名無しさん@おだいじに:05/03/10 14:43:42 ID:???
かけないけれど、実例を知ってるってことだろー


375 :名無しさん@おだいじに:05/03/10 15:44:42 ID:???
高確立になるかどうかも準備次第、自分次第ってことか。

376 :名無しさん@おだいじに:05/03/10 18:21:51 ID:???
留学なんて新手のロンダだからね。
コネ有り研究留学のが有利なんてことになったらさ、旧帝大出身の方が圧倒的に有利になっちまうじゃん…
アメリカで一発逆転狙ってる駅弁&私立出身者はそんな現実は認められません。
つーかアメリカで一番大事なのはコネ、NASを見てもわかるがな。

377 :名無しさん@おだいじに:05/03/10 21:12:52 ID:???
>>370 Evidenceの使い方間違ってます

378 :名無しさん@おだいじに:05/03/10 21:36:36 ID:???
リサーチ経由否定派って、ろくなコネもなく業績も無いような享受しかいないような大学の人間だろ。
せっかくアメリカで逆転狙ってるのに、入学した大学で既に差をつけられてるなんて認めたくないもんな。
しかし地方大であっても分野によっては若手のボス格がいるし、自分の希望する分野の大物がいない場合は卒業してからロンダってのもありだ(利用できるもんは利用しれ)。
灯台や鏡台でなくても例えば循環器希望でたまたま血場の学生だった場合は教授はHarvardのBIDMCに強力なコネがあるし、内分泌なら付く場、神経内科なら名児耶、臨床遺伝なら名が先あたりなら灯台鏡台と同等以上のレベルにある。

379 :名無しさん@おだいじに:05/03/10 21:40:37 ID:???
自力で直留学するのも自由だが、使えるコネを最大限利用することで留学先選びからビザ、residency突入まで段違いに楽になるのは確かなんだから。

380 :名無しさん@おだいじに:05/03/11 02:32:16 ID:zDm7YUGo
リサーチ経由を否定しないが...立論は結構。依然 Evidence がない。

実例を知ってるってこと=Evidence? ... Evidenceの使い方間違ってます

381 :名無しさん@おだいじに:05/03/11 02:40:39 ID:zDm7YUGo
>>46, 50, 80, 367, 368, 375,

同一人物 !!!

確立 確立 確立 確立.. 漢字わからないの? AHO

382 :名無しさん@おだいじに:05/03/11 02:42:34 ID:???
>>380

何のエビデンスを求めてるの?
リサーチ経由の効率の良さについてならアメリカの政策が十分なエビデンスになると思うが。。

383 :名無しさん@おだいじに:05/03/11 02:50:22 ID:???
なるほど、 >>370 で「どこに事実とするEvidenceが?」と聞いているわけね。
では、多数の実例がEvidenceにならないとすれば、あなたの求めるEvidenceとはどのようなものか?

384 :名無しさん@おだいじに:05/03/11 03:00:09 ID:???
>>380

その論理的思考の無さから見ると‥論文の一つも書いたことない糞大学の坊ちゃんか。
アメリカに憧れてるEBM厨につながるものがあるな、いやむしろあっくんに近いものがある。
自分がリサーチで渡るコネも頭も無いからといって絡むのはやめれ。

385 :名無しさん@おだいじに:05/03/11 03:02:26 ID:???
誰かが書いてたけど!

アメリカの大学で働きたい場合=リサーチ経由
アメリカでマターリしたい場合=直臨床留学

棲み分けできてるはずなのになにもめてんの????

386 :名無しさん@おだいじに:05/03/11 03:09:32 ID:???
>>119
>>183
>>184
>>194
>>195

こいつが戻ってきたからだよ。
研究あれるぎーがあるらしい。

387 :名無しさん@おだいじに:05/03/11 04:34:36 ID:???
方法論の問題。
好きなようにやればいいんじゃなあーい?

388 :名無しさん@おだいじに:05/03/11 05:03:46 ID:VoBfpLDv
>>382-387

同一人物 もうやめれ

389 :名無しさん@おだいじに:05/03/11 06:19:21 ID:???
勝手に同一人物にすな。

390 :名無しさん@おだいじに:05/03/11 07:05:25 ID:???
>>386
極端にリサーチを敵視・重要視してもしょうがないでしょう。

日本である程度のポジションに行くにはペーパーは必要。たとえ臨床一筋でもね。
学会専門医になるには論文を発表していることが前提となる場合も多いし
有名病院の正規採用でも学会活動が求められる。
(「自分の腕一本で生きてきた」と豪語する某外科医も論文書いてますよ)

逆に僻地やVAで細々とやるのならば必ずしもリサーチは必要ではない。
これまた日本と同じ。

結局、選択の問題。

391 :名無しさん@おだいじに:05/03/11 07:49:13 ID:???
海老電酢だよね、結局

392 :名無しさん@おだいじに:05/03/11 08:32:28 ID:???
日本人のアメリカでの実例やアメリカの政策や現状で論じる(推察する)しかないわけだよなあ。
もちろん、全留学例のサンプルが把握できるわけでないし、できたとしても有意差なんてつかんだろうしねえ。
結論、自分の目標を設定して、それに向かっての方法を考案しなさい。



393 :名無しさん@おだいじに:05/03/11 15:39:03 ID:???
臨床留学派に研究コンプがあるのはわかるんだけど…
研究留学派までムキになてる理由がわかりません。

394 :名無しさん@おだいじに:05/03/11 17:56:14 ID:8Ez6sCI+
USMLE関連にしてはよく伸びるスレだと思い、
リサーチ推進派なんてあるのかと感心してたら、
実は一人でやってる自作自演のスレだったのですね

395 :名無しさん@おだいじに:05/03/11 19:34:31 ID:???
>393
研究こんぷなんてなかったけどなあ。。
もしかして釣りか?

>394
リサーチから乗り換え方法に、えび厨が絡んでそれで対応してるだけでべつに自作自演じゃないと思うが。。

396 :名無しさん@おだいじに:05/03/11 19:39:27 ID:???
臨床留学ロンダリングへの道

397 :名無しさん@おだいじに:05/03/11 23:18:06 ID:???
Surgical Oncologyで有名な日本の大学ってどこ?

398 :名無しさん@おだいじに:05/03/12 00:07:05 ID:???
臨床留学って聞こえはいいけど安価な労働力としての外国人奴隷だよね。

399 :名無しさん@おだいじに:05/03/12 01:10:23 ID:???
>>398
レジデント自体がそうだし。
いわゆるWASPはもはや医療従事者を目指さないよ。

400 :名無しさん@おだいじに:05/03/12 01:40:36 ID:???
研究留学なんて旧帝の落ちこぼれが行くもんだろ?
優秀な香具師は日本で教授目指すんじゃねーか?

旧帝落ちこぼれ=研究留学vs駅弁&三流私立=臨床留学

ぷっレベル低っ

401 :名無しさん@おだいじに:05/03/12 02:04:45 ID:C20yPST2
タンパクや遺伝子発現の「有無」をみてるだけの細胞相手の基礎研究者に、
臨床研究で事象の「確率」が重要となるEvidenceの概念は理解できないんでしょ。
まあ、「確立」って書いてるくらいだから無理もないか……ぷっ


402 :名無しさん@おだいじに:05/03/12 02:08:27 ID:???
ロンダ

403 :名無しさん@おだいじに:05/03/12 03:40:38 ID:???
向こうの方が日本以上の学歴社会なんだよ。
実力があれば成功できるなんて幻想は甘すぎる。
三流大学にしか入学できないような無能コネ無しロンダがアメリカで何ができるんだろね?

404 :名無しさん@おだいじに:05/03/12 07:13:18 ID:???
>403
日本でたいした大学でなくてもえらくなった先生の実例は挙げられる。確率まではわからんけどね。まああおりに対応しても無駄だが。。

405 :名無しさん@おだいじに:05/03/12 07:15:01 ID:???
>397
普通に自分の興味がある分野でパブメドで検索したらすぐわかるはずだが。。
東大阪大九大慶応などなど


406 :名無しさん@おだいじに:05/03/12 10:39:30 ID:CG79fXjK
リサーチ経由でアメリカへと息巻いてるのがいるが、誰も相手にしてない
(しかも自分であいずちとか書き込んで、一人芝居が恥ずかしい)。
言ってる内容がコテコテの日本人でまったく国際感覚も感じられない。
色々なところから情報を集めて、(アメリカで活躍するぞ)と、一人盛り上がってる。
童貞が必死にセックスの情報を集めて盛り上がってるのとソックリ。
彼の物語のオチとしては、つまらない研究でペーパーをいくつか書きながら、
結局は臨床レジデンシーに受け入れられなかった、として日本帰国と終わるのでしょう。

407 :私立医一年:05/03/12 12:19:21 ID:???
1から読んだんですが、私の願望はアカポスとか神の手になりたい。東大でもないのでかなり厳しそうですが、どのように今後振る舞うべきでしょうか?コネの作り方、勉強等をご指導願います。漠然としていてスミマセン

408 :名無しさん@おだいじに:05/03/12 12:28:57 ID:???
私立ならその時点でまず無理
君の周りのアホ君たちにはならないよう振舞いなさい

409 :私立医一年:05/03/12 12:30:02 ID:???
アカポス狙いとゆーわけでなく、結果的にアカポスです。自分のスキルアップ、世界で通用するかを試したいとゆーことです。駄文スミマセン

410 :私立医一年:05/03/12 12:34:11 ID:???
>>408 指導ありがとうございます。夢見てました。まだあきらめきれないので勉強していくうちになにかあったらまた聞きにきます。

411 :名無しさん@おだいじに:05/03/12 12:36:32 ID:???
まあ不特定多数匿名の掲示板なんで、ジサクジエン疑惑はつねにおこるものだね。
ところで、リサーチ臨床チェンジしたひと、知ってるけど、もちろん平坦な道じゃないみたいだね。
研究だってあたりはずれあり、論文になりませんでしたってこともあるからね。

412 :名無しさん@おだいじに:05/03/12 16:30:56 ID:???
>>404
そりゃ実例ならあるだろう。少なくともゼロじゃあない。
問題は頻度。
コネもない状態で単身渡米しレジデントから成り上がるのと
日本でそこそこ臨床をやってから研究留学して成功するのでは
どちらが可能性が高いか?言うまでもない。
(あるいは、レジからはい上がれるような気合いと底力のあるようなヤシなら
コネがあったならば、もっと楽に・より上に行けたのではないだろうか?)

413 :名無しさん@おだいじに:05/03/12 17:27:53 ID:???
>412
何が言いたいのかよくわからんが
頻度の何が重要なんだい?
宮廷にもアフォはいるし、サンリュウにも原石はある。
サンリュウたたきしたいだけならそりゃ大切だろうけどね。
個人の能力勝負の留学じゃないのかい?
その次の問いかけも、なんかよくわからんなあ。
可能性なんて、その個人の能力しだいだろ?

414 :名無しさん@おだいじに:05/03/13 11:12:13 ID:7gZLjWFj
>412

そりゃ実例ならあるだろう。少なくともゼロじゃあない。
問題は頻度。
カネもない状態で単身上京し街頭ナンパからヤリ上がるのと
セックス教本でシコシコ練習をやってから学内合コンして性交するのでは
どちらが可能性が高いか?言うまでもない。
(あるいは、街頭ナンパからはい上がれるような気合いと底力のあるようなヤシなら
カネがあったならば、もっと楽に・より上の女性とイケたのではないだろうか?)


415 :名無しさん@おだいじに:05/03/13 15:34:29 ID:???
>414
少なくともせくーすに関しては、
セックス教本なんて使ってるよりも単身ヤリ上がってる方がよっぽどスキルフルだろうなw

416 :名無しさん@おだいじに:05/03/13 15:36:40 ID:???
それは術者のルックスにもよる。不細工ほどスキルフルになるだけの動機付けがなされている。

417 :名無しさん@おだいじに:05/03/13 20:38:13 ID:???
そうか?経験を積めないという致命的な問題があるだろ>ブサメン

418 :名無しさん@おだいじに:05/03/14 00:11:26 ID:yinkPqsW
>>どちらが可能性が高いか?言うまでもない。

どっちが可能性が高いかは個人によるし、状況による。

>>カネがあったならば、もっと楽に・より上の女性とイケたのではないだろうか?

仮定想像の話、街頭ナンパの方がイイ女と多数性交できるヤシも多い。

これ同様、412 のいうことは想像や理屈に基づいていて全く根拠がない。

しかし、単身上京し街頭ナンパからヤリ上がる奴の方がカッコいい。

419 :名無しさん@おだいじに:05/03/14 14:03:06 ID:???
>>417
不細工なほどスキルフルになるとは言っていない。

420 :名無しさん@おだいじに:05/03/14 17:26:33 ID:???
コネもない状態で単身渡米しレジデントから成り上がる
のは、かなり確率が低いが、その分アメリカンドリームってかんじで
カコイイ。
ただし、成り上がれず、5年たって日本に帰ってくる時は、どーするんだろ?



421 :名無しさん@おだいじに:05/03/14 18:22:47 ID:y+H/5XHv
>>406

一人じゃないよ。

422 :名無しさん@おだいじに:05/03/14 18:29:13 ID:y+H/5XHv
>>413

個人能力よりコネ。
結局リサーチとコネという持ち道具を有効に使う方が得だからそうするだけの話。
アメリカに残りたいのに残れないというような事態を避けたいなら、本意ではなくてもリサーチから入るのもアリじゃないの?

423 :名無しさん@おだいじに:05/03/14 18:32:06 ID:y+H/5XHv
>>407

私立なら灯台にロンダしろ。
コネで留学にもいける。
順店出身のaikawa先生は長居Rのコネでハーバード留学して今はハーバードの循内の助教授。

424 :名無しさん@おだいじに:05/03/14 23:16:17 ID:???
>>413
たぶんそれが現実的解答だろうな。
過程を求めるか、結果を求めるかの違いだよ。

425 :名無しさん@おだいじに:05/03/14 23:51:55 ID:/sTyjNpU
●看護婦と結婚する医師は負け犬だワン●バカ15婚
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/hosp/1110191080/l50#tag466

1 :松坂 :05/03/07 19:24:40 ID:8Mq69kWZ0
前途ある医師へ
過去レスでも分かるように、看護婦と一緒になるヤツのレスを見たまえ、
結婚相手で、
クチャクチャ クチャクチャこれほど言い訳をしなきゃならない、
そんな言い訳の人生を送るのはつまらないぞ。
君たちは医師なのだから。

看護婦擁護派へ
個別事象での反証が困難なので複合の誤謬でうやむやにするのは見苦しい。

過去スレは >2茄子以降



426 :名無しさん@おだいじに:05/03/15 02:16:50 ID:???
このスレって学歴コンプが2,3人で必死で自作自演してがんばってるみたいだね
あほくさ−

427 :名無しさん@おだいじに:05/03/15 07:57:26 ID:YmCeOI7m
リサーチから入ったからこそアメリカに残りたいのに残れないというような事態がある。
研究だってはずれあり、論文になりませんでしたってこともあるからね。

428 :名無しさん@おだいじに:05/03/15 11:16:31 ID:???
漏れ的な考察だが
臨床でアメリカ行きへの切符をつかむのは、難しい。(レジのほうがフェローよりもむずかしい)
研究でアメリカ行きへの切符をつかむのは、研究実績さえあれば(あとはコネがあれば)比較的楽。

どちらのコースも、アメリカにのこる(スタッフになる)のは、難しい。

こうシンプルにまとめてみました。

429 :名無しさん@おだいじに:05/03/15 11:18:05 ID:???
補足
USMLEはとっておくと、後で使えることもある。
ただ、モチベーションが高くないと、しんどくて勉強が続かない。
(まあ漏れがどれだけ高かったかはいまとなっては不明だが)

430 :名無しさん@おだいじに:05/03/15 15:50:20 ID:2MAYPYFo
>>427

研究で芽が出なければ向いて無かったと諦めて帰国すればいい。
そしてまだアメリカに未練があるなら、日本に戻ってから今度は臨床留学で再渡米もできる。
しかし最初に臨床留学のカードを切ってしまうと、次の手が無い。
臨床留学は逆に言えばいざとなれば身ひとつあればいいのだから、最初はコネあり研究留学で渡米する安全策を取る方が吉。

431 :名無しさん@おだいじに:05/03/15 16:04:15 ID:???
君たちに言いたい事がある。

留学は目的ではなく手段である。

臨床でも研究でも留学したその先のビジョンをちゃんと持っているのか?
無駄な留学は自己満足で終わることが多いよ。
「アメリカに残る」ことが最終目的なんて能力の無駄。愚の骨頂。
何年もアメリカにいても日本に帰って来づらくなるだけですよ。
良い医者になりたいのであれば日本社会に貢献しなさい。
私はアメリカ人を救うために君たちを教育したのではないのだよ。
せめてこの先の日本に必要となるものを留学で学んできてください。
教育・病院システム・プロフェッショナリズム・・・くらいかな。


432 :名無しさん@おだいじに:05/03/15 17:12:17 ID:???
>431
これって、大学教授せんせの書き込みでしょーか?

だいたいおっしゃるとおりですが、つっこんでいいでしょうか?

1、自己満足のなにが問題でしょうか?
日本でうじうじして、あー海外いけばよかったーて思うよりましと思う。

2、アメリカが好きになれば、残ることが目的でもいいじゃない?愚の骨頂はいいすぎ

3、そういう人は帰国を考えてないでしょうだいたい。帰ってきづらくなるのは想定済み

4、日本社会に貢献する必要は確かに耳が痛いところ。
しかしながら、海外で世界中の人を治療することもそれなりの意味がある。

5、留学を日本への還元を重視する考え方であると思いました。
それも個人の考え方の問題でしょ?野口英世先生はどうなるの?




433 :名無しさん@おだいじに:05/03/15 23:09:52 ID:???
>>432
釣りですか??
精神年齢18才のカキコだよ。

434 :名無しさん@おだいじに:05/03/16 01:35:53 ID:???
留学どころかUSMLE合格が目的となっているヤシも数多くいる。それが問題。

435 :名無しさん@おだいじに:05/03/16 03:47:07 ID:SjfWgVTr
>430
臨床留学で渡米する安全策を取る方が吉。
アメリカに未練があるなら、日本に戻ってから2年たって今度は研究者としても医者としても再渡米できる。
しかし最初に研究留学のカードを切ってしまうと、臨床ではー生渡米できませんでしたってことになる。



436 :名無しさん@おだいじに:05/03/17 01:03:52 ID:???
>>435
すいません、自己レスの意味が分からないです。

皆さん、臨床留学しか道がない人も多いのだから、あまり研究留学の方が将来の選択肢が広がるとか
言わないであげて。
私の大学からアメリカに行って臨床教授・助教授になっている人は全員研究留学組でございますが。

437 :名無しさん@おだいじに:05/03/17 04:44:15 ID:M0TAzNyT
>>436

学歴コンプが戻ってきた。

438 :名無しさん@おだいじに:05/03/17 08:45:43 ID:???
>437
私の大学からアメリカに行って臨床教授・助教授になっている人は全員研究留学組でございますが。

学歴こんぷレッテルはりはり厨へ

おまえがこんぷがあるんじゃないの??

、この文章から判断すると、いい大学でてるんじゃないの?



439 :436:05/03/17 18:12:01 ID:???
>>447
頭悪いね。

私は旧帝です。
学歴コンプ呼ばわりされる筋合いはない。そりゃ医局から研究留学する方が
向こうでずっと医者するのも、帰ってきて臨床するのも、絶対有利だよ。
できるなら研究留学する方がいいに決まっている。でも無理だったら仕方ないから
臨床留学すればいいさ。

440 :436:05/03/17 18:12:28 ID:???
>>437
ではなく
>>447
と書いた私も頭が悪い。

441 :名無しさん@おだいじに:05/03/19 02:21:01 ID:qY7KUf/D
>439 私は旧帝です。

キターーーッ。こいつ、これずーっといいたかったんだよね。
すごく言いたそうだったからねえ。どう? 興奮した? スッキリしたか?
不特定多数の掲示板には、旧帝くらいいくらでもいるんだよ。
こいつの学歴コンプは悲しいことに、「旧帝でありながら塔大でない」ところに起因している。
「一流といわれながら超一流ではない」ことに起因している。
上に存在がある。だから、下ばかり見ている。発言や注意が下ばかりにいっている。
しかし、頭の中は学歴コンプレックスでいっぱい。

442 :名無しさん@おだいじに:05/03/19 04:56:20 ID:???
>>441
正直ちょっと怖い。。。

443 :名無しさん@おだいじに:05/03/19 06:22:06 ID:???
>441

439がとーだいの先生だったらどうするんだろうね。
まあ、こんなアフォはスルーでいきましょう。
マッチング喜びの声なんてききたいが、ここでは無理かね??

444 :名無しさん@おだいじに:05/03/19 10:24:00 ID:EFdoxZ5R
●看護婦と結婚する医師は負け犬だワン●バカ15婚
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/hosp/1110191080/l50

1 :松坂 :05/03/07 19:24:40 ID:8Mq69kWZ0
前途ある医師へ
過去レスでも分かるように、看護婦と一緒になるヤツのレスを見たまえ、
結婚相手で、
クチャクチャ クチャクチャこれほど言い訳をしなきゃならない、
そんな言い訳の人生を送るのはつまらないぞ。
君たちは医師なのだから。

看護婦擁護派へ
個別事象での反証が困難なので複合の誤謬でうやむやにするのは見苦しい。

過去スレは >2茄子以降


445 :名無しさん@おだいじに:05/03/19 22:56:59 ID:bYMKXRPU
>>435

研究留学→臨床留学は可能だけどその逆は無理だね。
卒後臨床研修終了後すぐに臨床留学で渡米、帰国したとしてもレジ、フェローで32,33歳になってる。
35近くでペーパー0研究歴0の人間を今更受け入れてくれるような有名ラボなんぞどこにもないぞ。
逆に医局のコネの研究留学なら、二年間の留学期間の間にペーパー出ずに帰国した場合でもまだ30前だし、帰国後にペーパーを出せば二度目の研究留学も可能、もしくはその後に今度は自力で臨床留学で再渡米することもできる。
もちろんその間の研究歴は無駄にはならないし、研究留学の間に培ったコネという財産を臨床留学で活用することも可能。
卒後すぐに臨床留学した場合はアメリカで安価な労働力としてこき使われた挙句にコネも残らず、さらには帰国後の仕事場も徳ぐらいしか無く、既に35近いという三重苦におそわれて見てらんない。

446 :名無しさん@おだいじに:05/03/19 23:23:21 ID:bYMKXRPU
>>441

分野によっては必ずしも灯台が一番というわけではないので、灯台だからとか旧帝だから絶対的に有利だとは言えない。
ただ灯台なら三内系の血液、循環器、内分泌代謝、神経あたりはとりあえずアメリカの一流ラボ並だし、外科でも整形や皮は研究業績も凄い。
鏡台は内分泌以外の内科(神経は最近T教授が来たが)は大した事ないが脳外からPNASが出たり外科系はかなりの研究レベルにある。
飯台は循環器、血液、内分泌は灯台に近く、一外と二外もかなりペーパー出てるし耳からNature、皮からEMBOのような例もある。
灯台(鏡台飯台も)の人間が有利な部分、それは分野の選択肢の幅が広がるという点に尽きる。
入学時点で興味のある分野が絞れてなくても、入学してからその多数の業績のある教室の中から、好きな分野を選ぶことが可能。
鏡台飯台ならその点で灯台ともそれほどの差はないが、その他の旧帝の場合は業績の出ている分野が三大学と比較してかなり狭くなってしまう。
さらに旧6にまでなると、よほどピンポイントで分野を絞って入学した人間でないとかなり厳しい(循環器で血場だとか代謝で津久場だとか)。
学歴というのは一種のツールなのであって、それ自体にコンプレックスを抱いたりするものではないし、それを活用できないならば灯台であっても無駄になってしまう。

447 :名無しさん@おだいじに:05/03/19 23:34:00 ID:???
まぁ業績はなくてもコネだけはあるという教授もいるし、私立であっても再玉に村末御大がいたり純点の神経のような例もあるので、灯台鏡台飯台以外の旧帝やその他の大学ならなら、最初から利用するつもりでそういう分野を選ぶのも悪くは無い。
良質のコネを利用できるという点で灯台はすごく恵まれている、鏡台飯台もかなり恵まれている、他旧帝はそれなりに恵まれているというところだろうね。
留学してアメリカに渡りたいという目的があるような場合こそ、それらの大学を卒業することによるコネを最大限利用することができるってこった。

448 :名無しさん@おだいじに:05/03/20 01:19:34 ID:???
>>446
アホの>>441と違って大変良く現実をまとめていらっしゃいますね。

449 :名無しさん@おだいじに:2005/03/22(火) 20:49:12 ID:CpLs7JfS
>>401
あんたは研究留学=基礎研究者と勘違いしてる。
アメリカの内科や小児科あたりでは、臨床研究も基礎研究も両輪としてバリバリやってる。
Clinical Departmentに留学して基礎研究を行い、その業績をもってビザの書き替え等を行い臨床研修を受ける。
例えばC.R. KahnなんかはNatureやScienceの常連だが臨床医としても超一流だよ。
向こうの大学教官は臨床はできて当たり前で研究業績は出世のためには必要不可欠だからね。
そして研究業績としては臨床研究も大事だが、基礎研究でグラントを取る事が一番大事。
臨床だから基礎研究やらない、なんてのはいつの時代だ?

450 :名無しさん@おだいじに:2005/03/22(火) 22:09:23 ID:???
なんかだいぶスレの趣旨がずれつつあるのだが・・・・

ここは「学生のうちにUSMLE取得して米国のレジ研修を考えるスレ」だと
ばかり思っていたのだが.

451 :名無しさん@おだいじに:2005/03/24(木) 23:08:25 ID:???
>>450
それはお前の勝手な意見
USMLE取得に関しても色々な意見があるから色々な話があるんだろ。

452 :名無しさん@おだいじに:2005/03/25(金) 09:44:39 ID:???
[学生のうちにUSMLE取得して米国のレジ研修を考える]
というテーマにそもそも不備があるからじゃないの?
そこでは、いかに早く取得して、いかに早くアメリカに渡るかという部分にばかり視点が注がれている。
大部分の人間が「研修を受けてからどうするか」というビジョンを持たずに、とりあえず行ってみる。
そしてJ-1の2 year ruleの壁にぶつかって帰国し、再渡米できないまま徳あたりに就職しているような現実があると。
USMLE取得の時期や渡米の方法も含めて自分に合った選択をする必要があるってことじゃないの?
学生のうちに取得、最短で渡米という方向で考えるならば、
H1でレジデンシーに入れるprogramの情報であるとか、そのような有益な情報が出てきたらいいんだけどね。

453 :名無しさん@おだいじに:2005/03/25(金) 12:16:05 ID:kTitiXON
確かに色々な意見や情報が語られているんだけど、参考にしようにも、
おいらなんか最初から切り捨てられた上で話が進んでるのよねぇー
このスレ見て頑張ろうって気になる人は少ないと思う

454 :名無しさん@おだいじに:2005/03/25(金) 20:39:43 ID:???
>>453
俺は別にUSMLEに興味はないが、このスレにやる気にしてもらおうと思っているのは
どうかと思うが。
切り捨てられるって言うのは、君が所謂「駅弁」「私立」の医学部にいるからかい?
ここに書かれていることは君にとっては残酷でも事実なのだが。
研究留学は別の有力大学(東京阪)の医局を選んで入局すれば、可能性が出てくるから
別にいける奴が限られているなんてことはない。

455 :名無しさん@おだいじに:2005/03/26(土) 15:24:52 ID:FrIupf3T
2ちゃんにしてはなかなか良いスレになっていますなぁ。
いろんな視点からの意見があっていいね。
確かに、usmle合格→臨床留学→徳、もしくは他の民間
ではちょっともったいないな。

456 :名無しさん@おだいじに:2005/03/26(土) 15:38:48 ID:???
>>455
>確かに、usmle合格→臨床留学→徳、もしくは他の民間
>ではちょっともったいないな。
そうかな。
地頭やUSMLE〜自力でマッチ先を探す根気は認めるけど、
それによって得られた「2年間の米国レジデント生活」自体はそんなに凄いことなんだろうか

457 :名無しさん@おだいじに:2005/03/27(日) 10:40:36 ID:???
地方大で基礎の勉強ろくにしてない状態で灯台や鏡台の内科入局はキツイよ。
灯台の山内なんて確かに業績はすごい(Nature,Science,Nat Genet,JCB,MCB,JBC...)が、生え抜きの鉄門の精鋭とそう簡単には渡り合えないって。
地方大で灯台鏡台あたりを踏み台にして留学→アメリカでアカポスゲットなんて狙ってるなら、USMLEや臨床の勉強はもちろん基礎の勉強を徹底的にやっておかないと通用しないぞ。

458 :名無しさん@おだいじに:2005/03/27(日) 15:08:31 ID:???
ロンダ留学成功組ってアイカワ氏(留学先で循内助教授)、詐害教授(留学先で循内助教授)の他に誰かいる?
やっぱ灯台とか飯台の循内の後ろ盾って強いのかな。

459 :名無しさん@おだいじに:2005/03/29(火) 03:52:13 ID:???
aikawaはCirculation連発で助教授になったからなあ。
研究留学ではあるが基礎研究者とは言えんだろう。

460 :名無しさん@おだいじに:皇紀2665/04/01(金) 19:48:42 ID:???
>>456
たぶんたいしたことはないと思われ
少なくともその経験が日本でダイレクトに使えるわけではない

461 :名無しさん@おだいじに:2005/04/05(火) 23:56:14 ID:???
>>460が真実を指摘してしまったので、このスレは役目を終えました

462 :名無しさん@おだいじに:2005/04/06(水) 00:15:22 ID:???
研修自体は手段に過ぎないのに目的になってしまってるからね。

463 :名無しさん@おだいじに:2005/04/07(木) 00:32:03 ID:???
だね。他スレで研修病院難易度ランクとかやってるアホどもも完全に目的と手段を履き違えている。
有名病院にマッチングしたら東大卒平均的研修医より優秀だと本気で思っている奴も実際にいるしな。

464 :名無しさん@おだいじに:2005/04/07(木) 20:01:32 ID:???
マッチングに通ることと2年後に優秀な研修医になっていることとは
全く無関係なのにね

465 :名無しさん@おだいじに:2005/04/07(木) 20:17:45 ID:???
マッチングはスタートラインでしかない。
いまいちの病院で研修しても優秀な臨床医になった人はいるし、その逆もたくさんいる。
結局はそいつの頑張り如何。

466 :名無しさん@おだいじに:2005/04/08(金) 02:07:14 ID:???
勉強になる症例はどこの病院でもある程度限られているわけで、
有名病院ほど競争相手が多い分症例の取り合いになったりするのではないかと

467 :名無しさん@おだいじに:2005/04/08(金) 07:46:28 ID:uP1BNJls
このスレには、兄弟・飯台の粘着さんがいますね。
東大コンプと、灯台兄弟飯台以外の宮廷を見下す姿勢が、傍から見ているとあわれですな

468 :名無しさん@おだいじに:2005/04/08(金) 08:02:47 ID:???
>>467

どこをどう読めばそうなるんだ?
このスレ的に言えば卒業大学さえもアメリカ行くための手段だろ。
どうせアメリカ行っちまえば出身大学の名前なんて関係なくなるんだからな。
自分の希望する分野で有名な研究室があれば地方大で十分。

469 :名無しさん@おだいじに:2005/04/08(金) 20:17:36 ID:???
>>468
>卒業大学さえもアメリカ行くための手段

実際のところUSMLE受験希望のヤシは,「USMLEという資格が欲しいだけ」の
ようにも思いますが

470 :名無しさん@おだいじに:2005/04/10(日) 16:58:48 ID:???
>>453=>>467 ですね

471 :名無しさん@おだいじに:2005/04/12(火) 02:13:58 ID:IjnWbTdR
有名な研究室ってどうやって調べればいいの?

472 :名無しさん@おだいじに:2005/04/12(火) 02:21:49 ID:???
pubmedで引けば一目瞭然。
分野が決まっているならその関連学会を調べたり、実験医学の特集あたりを見れば第一線の研究者(含臨床)はすぐわかる。
どんな分野に興味があるの?

473 :名無しさん@おだいじに:2005/04/12(火) 02:38:26 ID:???
>>472
有機化学

474 :名無しさん@おだいじに:2005/04/12(火) 02:48:00 ID:???
有機化学?Biochemistryじゃなくて?
有機化学の講座がある大学って少ないんじゃないかねー。

475 :名無しさん@おだいじに:2005/04/12(火) 02:49:00 ID:???
有機合成w

476 :名無しさん@おだいじに:2005/04/12(火) 02:54:55 ID:xwnNfI4v
理学系の院にでも行っとけば。

477 :名無しさん@おだいじに:2005/04/12(火) 03:03:36 ID:???
医学部から理学系院はありですか?

478 :名無しさん@おだいじに:2005/04/12(火) 03:14:44 ID:???
鏡台の西小結研あたりなら医学部卒もいるけど。
医学部卒で有機化学は…独創的すぎてコメントできません。

479 :名無しさん@おだいじに:2005/04/12(火) 03:53:20 ID:???
研究ってたのしいんですか?

480 :名無しさん@おだいじに:2005/04/12(火) 03:54:09 ID:???
>>478
西小結って誰よ?
変な用語を使わないでくれ。ていうか逝けアホ。
柳田先生のことか?


481 :名無しさん@おだいじに:2005/04/12(火) 04:12:06 ID:???
教えて君には研究はムリ

482 :名無しさん@おだいじに:2005/04/12(火) 12:36:06 ID:???
アメリカに強力なコネがある人材のいる分野は限られてるのでは?
そういう分野の研究者の講座からはアメリカの名門大学と大差無いレベルのジャーナルに論文を出しているので、アメリカの大学側も戦力として問題なく受け入れることができるわけで。
分野によっては日本のトップレベルの大学であっても業績的にアメリカのレベルには達していないものもある、よってそのような分野を選ぶ場合は強力なコネクションはあまり期待できない。

具体的には
眼科…HopkinsやMEEIあたりではNatureやNat Neuroscience級の論文が出ているが、日本ではトップの鏡台学派、飯台学派であっても基礎研究のレベルはそのレベルにはない。
耳鼻科…飯台から数年前にNatureが出たり鏡台に基礎寄りの教授が就任したりしてはいるが、全体的に見れば眼科と変わらない。


483 :名無しさん@おだいじに:2005/04/12(火) 12:53:56 ID:???
麻酔科…分野の特性上、JBCあたりにはそれなりに論文が出ている。
整形外科…灯台は世界レベル。鏡台、飯台等でも発生や再生で論文が出ているので外科系ではかなり恵まれている。
産婦人科…飯台のM教授閥は有名だがそれ以外の大学ではあまり良いジャーナルに論文は出ていない。
皮膚科…全教授が退官するまでは飯台がトップだったが、現在ではJ Immunolにコンスタントに論文を出している灯台や、鏡台あたりなら問題ないだろう。
外科…腫瘍外科や心臓、呼吸器からは総じて論文が出ている、ウロは鏡台飯台、形成は全般的に期待薄。
精神科…NIHから重点予算配分されているためアメリカでは研究が盛んだが日本では…

484 :名無しさん@おだいじに:2005/04/12(火) 13:07:39 ID:???
神経内科…灯台、命題のツートップは世界レベル、Cellに出した鏡台の新任教授も含めればその三つからは問題ない。他の大学はそれに比べて開きがある。
内科、小児科…divisionで分ける

循環器…混む炉の血場、長居・沙汰の灯台、飯台が他を引き離している。その三つには強力なコネあり。
呼吸器…内科の他の分野と比べると業績が出ていない
消化器…可もなく不可もなく
血液…飛来教授は亡くなられたが、NatureやScience,MCB,Nat Genet,あたりに連発する灯台、DFCIを始めコネのある飯台、鏡台の小児科、児血の尾沢教授あたりなら問題なし。
内分泌・代謝…日本最高の研究レベルにある。Nature,Sciench,Nature姉妹誌に量産、最低ラインがJBCの灯台、Goldsteinの直弟子が教授で最近Scienceに出した飯台、居村罰の鏡台、灯台閥の筑波あたりなら問題なし。
免疫…飯台。
臨床遺伝…Nat Genetに連発の長左記は超有名、あとは鏡台や長左記閥の横位置あたり。

485 :名無しさん@おだいじに:2005/04/12(火) 16:49:26 ID:???
<内分泌

去年だったか、飯台二内のS教授のところでNature Medicineのfirst論文書いた学部の四年生or五年生がいたね。
彼のような場合は臨床研修終了後に即研究留学してもそのままアメリカの教官になれるのだろうな。
まぁテーマ的にはS教授の研究もN教授の研究もつまらんものだが、22やそこらですでにIF30近くゲットですよ。

486 :名無しさん@おだいじに:2005/04/13(水) 22:10:21 ID:???
>>485
今やその話は禁句なんだよ
理由は聞くなよ
まあ、そういう話を得意がって周りの人間に話すと後で恥ずかしいですよ。

487 :名無しさん@おだいじに:2005/04/13(水) 22:19:54 ID:???

>486 :名無しさん@おだいじに :2005/04/13(水) 22:10:21 ID:???
>>485
>今やその話は禁句なんだよ
>理由は聞くなよ
>まあ、そういう話を得意がって周りの人間に話すと後で恥ずかしいですよ。



りゆうおしえてください。おねがいします。

488 :名無しさん@おだいじに:2005/04/13(水) 23:38:44 ID:???
>>487
うるせーばか


489 :名無しさん@おだいじに:2005/04/14(木) 00:00:33 ID:???
飯台生発見

490 :名無しさん@おだいじに:2005/04/14(木) 02:46:55 ID:???
>>486

嫉妬すんな屑。

491 :名無しさん@おだいじに:2005/04/14(木) 04:17:46 ID:???
熱像

492 :名無しさん@おだいじに:2005/04/14(木) 15:11:33 ID:???
>今やその話は禁句なんだよ

内容に問題でもあったのでしょうか。


493 :名無しさん@おだいじに:2005/04/14(木) 15:24:35 ID:VJ+YWpdc
>>472
ありがとうございます。でもオレ高校生なんでpubmedとか分かりません。
(ぐぐっていちおう見てみたけど英語だった‥‥)
病理学とかやってみたいんだけど具体的にどうやって調べればいいの?
手順を教えてくださいおながいします。それによってどこ受けるか決めたいです。

494 :名無しさん@おだいじに:2005/04/14(木) 16:03:29 ID:???
病理って臨床にも基礎にもあるけど、どっちの方?
基礎の方の病理学は医学そのものとも言える学問だから範囲が広過ぎるよ。
しかも最近は例えば灯台病理のM園教授だとか鏡台病理のN島教授みたいに、病理と関係の無い畑にいたような人が教授に就任するケースも増えてる。
だから病理学がやりたいですってだけじゃ、曖昧過ぎて絞りこめないと思う。
どのような研究テーマに興味があるのかとか、もう少し具体的に教えていただきたい。

495 :名無しさん@おだいじに:2005/04/14(木) 21:20:50 ID:???
>>490
高校の同級生から聞いたけど、マジらしいよ。嫉妬とかじゃなくて。

>>494
工房にそんなこと聞くなよ。黙って「シンプル病理学」でも読ませたらいい。
生化・免疫・遺伝の知識がないとついていけないことも分かってないんだからな。
pubmedなんて1年早いわ。どこ受けるかって?旧帝大行っとけ。どうせ考え変わるし
変わらなくても旧帝ならある程度の質は保証されている。まあこんなことで
志望校決めようと思っているのはまだまだよ。

496 :名無しさん@おだいじに:2005/04/15(金) 01:42:06 ID:???
>495

だからなんでなのかおしえてくれよー


497 :名無しさん@おだいじに:2005/04/15(金) 02:00:37 ID:???
Tailor & RiverSaki も知らん素人が!

498 :名無しさん@おだいじに:2005/04/15(金) 02:01:49 ID:???
>>497>>495


499 :495:2005/04/15(金) 02:16:38 ID:???
>>497 >>498
ちゃうわボケ  しかもタイラーはわが東大じゃ・・・
阪大君とタイラーは無関係

500 :名無しさん@おだいじに:2005/04/15(金) 21:28:32 ID:???
>>499

しっとるわそんなもん。
Tailorのリトラクトの件の一部始終を見てたなら自分の言葉で説明してみろよ?
おまえのような聞きかじりのど素人が一番恥ずかしいよ。

501 :名無しさん@おだいじに:2005/04/15(金) 22:28:17 ID:???
>>500
必死すぎ。

502 :名無しさん@おだいじに:2005/04/16(土) 18:56:56 ID:???
まったくりかい理解できないのでおしえてください。えらいひと。

503 :名無しさん@おだいじに:2005/04/18(月) 23:38:57 ID:???
なんかUSMLEから遠く離れて、学歴話すらも遠く離れて、
「世界で活躍する日本人医学者」ヲチスレになってる

504 :名無しさん@おだいじに:2005/04/19(火) 00:41:10 ID:???
しかもタイラーとコ○ザワのリトラクトの話だしな・・・
こいつら活躍してない。捏造しただけ。

505 :名無しさん@おだいじに:2005/04/19(火) 20:49:32 ID:???
捏造はしたらいかんな

506 :名無しさん@おだいじに:2005/04/20(水) 20:44:14 ID:???
で、学生のうちにUSMLE受かるにはどうすればいいのよ?

507 :名無しさん@おだいじに:2005/04/21(木) 23:01:10 ID:???
勉強するしかないさ
捏造はできないからね

508 :名無しさん@おだいじに:2005/04/22(金) 12:24:02 ID:???
>>504

あのPTENの論文って何か問題あったの?

509 :名無しさん@おだいじに:2005/04/22(金) 21:18:38 ID:???
>>506
問題は「どうすればUSMLE受かる勉強ができるか」だよね。
地方なんでカプラン逝けないし

510 :名無しさん@おだいじに:2005/04/22(金) 23:07:20 ID:???
>>508
学内じゃ結構有名な話。

511 :名無しさん@おだいじに:2005/04/23(土) 10:30:30 ID:???
>>509
まず生化をしっかりやりなさい。シソプルでもいいから通読する。

512 :名無しさん@おだいじに:2005/04/23(土) 11:54:56 ID:???
>>510

そうなのかぁthx!
でもあの論文ってN研の一連の研究が元になってるよね?
顔に泥を塗られたS教授が気の毒だ。
あのクラスのラボならNat Medごときにわざわざ捏造で論文出さなくても、普通に業績でてるし。

513 :名無しさん@おだいじに:2005/04/23(土) 12:39:10 ID:KsndY8yX
N研ってどこ?

514 :名無しさん@おだいじに:2005/04/23(土) 13:55:39 ID:???
本庶の弟子

515 :名無しさん@おだいじに:2005/04/23(土) 14:32:02 ID:???
>>512
泥を塗りましたね、彼は。
S先生にとっても飯台にとっても最悪です。

516 :名無しさん@おだいじに:2005/04/23(土) 15:26:01 ID:???
研究の仕方もろくにわかってないまま適当なデータを論文にしたんじゃないの?
本人に悪気はないのかもしれんが、無知なる罪だな。


517 :名無しさん@おだいじに:2005/04/23(土) 16:20:04 ID:???
だろうねえ。実験もかなり雑だったようだ。まさかS先生もそこまで酷くないと信じていたのだろう。
実験を丁寧に記録することなんて実験始めたばかりの人間でも分かることだが・・・
かなり舞い上がって傲慢になっていたというし、周りはざまあ見ろと思っているだろう。
こういう失敗例を他山の石とせねばな。

518 :名無しさん@おだいじに:2005/04/23(土) 16:21:31 ID:???
まあこういう件があれば教授になるのはまず無理だろうね。

519 :名無しさん@おだいじに:2005/04/23(土) 17:01:26 ID:???
N研で書いたCancer Sciのファースト論文の方もあやしいな。
でもまあレベルの低いジャーナルなら、捏造や雑な論文でも所詮糞ジャーナルってことで大きな問題にはならんだろう。
平の方と飯台のKの共通点は、それをNatureや姉妹誌でやってしまったことだ。
Tairaの方のKはもう教授らしいが…


520 :名無しさん@おだいじに:2005/04/23(土) 17:08:23 ID:???
>>519
よくわかっていらっしゃるw そっちのもあやしい
Cancer Sciは糞じゃなーるだから、素通りかな。


521 :名無しさん@おだいじに:2005/04/23(土) 17:23:11 ID:???
>>520

そういえばN教授自身も病理の教授に内定してから大河内気取りだったらしいけど…
有頂天になったらお終い、ってことですかねぇ。

522 :名無しさん@おだいじに:2005/04/23(土) 17:51:30 ID:???
>>521
そうだね。
N先生は捏造はしていないだろうからKだけがアボーンするのか?

523 :名無しさん@おだいじに:2005/04/23(土) 19:48:41 ID:???
>>522

いや、例のなんたら教科書のこともあるし、飯台の宣伝材料になると判断された場合には飼い殺しの計になるかもしれないね。

524 :名無しさん@おだいじに:2005/04/23(土) 21:16:47 ID:???
いずれにせよ、まともな研究者や教授への道は閉ざされたな。
同級生・後輩からも人望も全くないし。

525 :名無しさん@おだいじに:2005/04/23(土) 22:38:18 ID:???
母上のためにも一からやり直せ!

526 :名無しさん@おだいじに:2005/04/23(土) 23:09:44 ID:???
そうそう。初心忘れるべからず。もうrecoverできるか分からないけど、謙虚に受け止めて
一からやりなおすべき。
当然人に対する態度も改めないと、今のまま(相当周囲の反感を買っている)では生きていけないよ。

527 :名無しさん@おだいじに:2005/04/23(土) 23:12:34 ID:???
話が上手くまとまったのでコマザ○の捏造疑惑の話は終了し、USMLEについて
語ろうか。

528 :名無しさん@おだいじに:2005/04/24(日) 03:20:26 ID:???
Kaplan高すぎ

529 :名無しさん@おだいじに:2005/04/24(日) 16:44:55 ID:???
こまざわ ねつぞう したの?

530 :名無しさん@おだいじに:2005/04/24(日) 21:35:50 ID:???
しますた

531 :名無しさん@おだいじに:2005/04/24(日) 23:01:25 ID:???
>>528
高い!QBankも高すぎるよね・・・

532 :名無しさん@おだいじに:2005/04/25(月) 21:11:45 ID:???
QBankって本当にいいのか?Kaplanの本と問題が同じという話もあるが

533 :名無しさん@おだいじに:2005/04/25(月) 23:52:04 ID:???
このスレには、けっこう藩題のヤシらがいるのね。
漏れもだが。

534 :名無しさん@おだいじに:2005/04/26(火) 14:39:53 ID:UYOONtys
CSでいい本はどれ?
講習会だけだとちょっと不安な漏れ・・・

535 :名無しさん@おだいじに:2005/04/27(水) 22:42:57 ID:???
>>534
mastering OSCE/CSAはどうよ?
ざっと読んだ感じでは悪くなさそうだけど。

つうかもうCS受けられるのか。今年ようやくStep1なのでうらやましいでつ

536 :名無しさん@おだいじに:2005/04/28(木) 00:28:42 ID:???
灯台出身のKikyoさんって凄いね。

537 :名無しさん@おだいじに:2005/04/30(土) 19:48:46 ID:???
3内出身だっけ?
飛来先生の後釜になるのかな。

538 :名無しさん@おだいじに:2005/05/03(火) 20:19:27 ID:???
Step 2CKの勉強って何使ってます?

539 :名無しさん@おだいじに:2005/05/05(木) 18:26:20 ID:???
agemasu

540 :名無しさん@おだいじに:2005/05/11(水) 13:11:29 ID:???
ねたぎれだす

541 :名無しさん@おだいじに:2005/05/11(水) 20:04:51 ID:???
で今さらながら疑問なんだが

学生からUSMLEの勉強してるヤシなんてそういるのか?
少なくとも表だって勉強してるのはうちの大学では皆無だぞ

542 :名無しさん@おだいじに:2005/05/11(水) 20:41:43 ID:BRwe7grd
臨床病理だと何処の大学が良いですか?

543 :名無しさん@おだいじに:2005/05/11(水) 23:41:11 ID:???
>>542
高校生うざいな・・・・
東大逝け 無理だろうけどw

544 :名無しさん@おだいじに:2005/05/12(木) 22:54:34 ID:???
>>542

日本のPathologyのDepartmemtは研究まで手が回ってない。
それでも輪唱病理がいいなら、飯台のA教授の所にしとけばいいんじゃない。

545 :名無しさん@おだいじに:2005/05/14(土) 01:25:23 ID:???
>>544
いや、それはやめたほうがいいよwマジで
大体542の厨房も臨床病理と言う単語を全く理解しないまま使っているから何を
助言しても無駄なんだけどね。単に「臨床」プラス「病理」という単語に脊髄反射しているだけ。
まあ厨房だからな。はっきり言って全然日の当たらない分野だよ。
普通に頭のいい奴なら臨床病理なんてやると後悔するよ。まあマニア的な世界だからね。

542は頭悪そうだから旧帝無理だと思うけど、将来どの分野に行くにしろ旧帝に入るのが結局一番いいのさ。

546 :名無しさん@おだいじに:2005/05/15(日) 09:41:57 ID:???
りんしょーびょーりって
ゲフリールみたり、手術の永久標本みて診断くだしたり転移の個数かぞえたり
後なにがあったっけ?統計の論文書いたり?メンセンもそうか?

で、臨床病理なんかして楽しいの?

で、アメリカ行きたい連中と臨床病理やりたい人間はまったく集団が違うと思われ胃

547 :名無しさん@おだいじに:2005/05/15(日) 15:11:04 ID:???
>>546
アホな高校生が騒ぎ出しただけなのでスルーしてあげてください
USMLEの話しましょう
でもネタ切れ?

548 :名無しさん@おだいじに:2005/05/15(日) 16:34:08 ID:???
>547
ネット問題集とかどうよ。
漏れはQbankは高すぎるのでUSMLEasyにしようかと思う。

549 :名無しさん@おだいじに:2005/05/16(月) 23:01:37 ID:zeadxMFj
Qbankは効果を考えたら高くないよ。課プランに通うことを考えたら。
Qbankだけでも受かるよ。マジで。ただし高得点を狙うなら
もっとほかのもやらないと駄目だけど。
コネないと駄目だなぁ。。やっぱり。受かっても行けるとこないよ。
あ、低得点だからか。すまん。


550 :名無しさん@おだいじに:2005/05/18(水) 00:18:29 ID:???
age

551 :名無しさん@おだいじに:2005/05/18(水) 15:38:56 ID:???
Kの論文正式に取り下げられたね。

552 :名無しさん@おだいじに:2005/05/18(水) 17:07:29 ID:???
>>551
あんた見るの早いな

553 :名無しさん@おだいじに:2005/05/18(水) 20:59:00 ID:???
↓ほらよ。

【医学】マウスで肥満研究のネイチャー・メディシン論文、データに問題、取り下げへ=大阪大
ttp://news18.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1116365876/

↓関連ニュース

たくさん食べても体重減少 特定酵素ないマウス実験で
ttp://www.geocities.jp/ewadai/wadai_0032.html

554 :名無しさん@おだいじに:2005/05/19(木) 01:34:26 ID:???
>>549
東京じゃないんで通えません・・・・

555 :名無しさん@おだいじに:2005/05/19(木) 02:55:04 ID:74V77asG
あげ

556 :名無しさん@おだいじに:2005/05/19(木) 04:50:37 ID:???
超マイナーちんかすスレッドが、一躍日本の注目の的に!!

557 :名無しさん@おだいじに:2005/05/19(木) 06:13:55 ID:PI0tJh2m
> 調査委員会を設け、事実関係の解明に乗り出した。http://www.yomiuri.co.jp/main/news/20050519i301.htm
悪質と判明した場合には退学処分も有り得る?

珠玉のコメント:
駒沢 僕も,医学生を見ていていつも思うのは,同じ年齢の他学部の人間と医学生を比べると,傲慢な人間が多かったり,「自分は偉い」と思い込んでいる学生が多いということです。
http://www.igaku-shoin.co.jp/nwsppr/n2002dir/n2511dir/n2511_06.htm

558 :名無しさん@おだいじに:2005/05/19(木) 08:55:54 ID:???
>557ワロタ
そこのリンク読んだ。
言ってる事は正しいけど、自分がああなっちゃねぇ・・・w
出世欲とか色々出てきたんだろうね・・・

559 :名無しさん@おだいじに:2005/05/19(木) 09:07:01 ID:22NEKxnR
> 実験を記録したノートや実験用のマウスも見つからず、実験結果そのものがねつ造だった可能性も出ており....

> S村教授(内分泌代謝学)、T田教授(発生工学)ら14人の共同研究で....

14人もたかって最悪です。

560 :名無しさん@おだいじに:2005/05/19(木) 11:09:14 ID:TknSt6OO
>>559
潤ちゃんも、大変やな〜

561 :名無しさん@おだいじに:2005/05/19(木) 12:50:30 ID:???
>>558
彼は出世欲の塊で同じ研究室の人間からも嫌われていたらしい。
下Pも潤ちゃんも大変です。
普通、実験データを医学生が捏造するとは思わんもんな。とんだ災難に巻き込まれたね。

562 :名無しさん@おだいじに:2005/05/19(木) 13:09:29 ID:KBvbP5zB
他分野の研究者ですが、医学系って14人も連名つくのって普通なんですか?

捏造が学生1人の仕業なら指導教官以外の連名者は研究内容には殆どノータッチと考えていいですよね。
うちの分野では自分が直接関わっていない論文に名前だけ使われるのを嫌う傾向にあるので、びっくりしました。

563 :名無しさん@おだいじに:2005/05/19(木) 13:22:20 ID:???
>>562
てめえ生物板と同じレスコピペするなや。
医者でもないのにこんな所に出張するなんて何考えているの?

564 :名無しさん@おだいじに:2005/05/19(木) 13:25:21 ID:???
>>563
ごめん、連名者の多さに興味がわいただけなんだ。
ニュー速のスレにここのリンクが貼ってあったからここで聞いたんだけど、
あとから貼られた生物板の方が人が多そうだったからw

565 :名無しさん@おだいじに:2005/05/19(木) 13:51:13 ID:???
>>564
それはやっぱりネイチャーメディシンの魔力だろ。
どこの医局に行っても

  ネイチャーメディシンに論文が掲載されたあの・・・!

とかね。いや、僕はちょこちょこっと名前が載っただけなんですけどね。
こんな感じ。

566 :名無しさん@おだいじに:2005/05/19(木) 20:05:09 ID:9nFCUViO
>557より http://www.igaku-shoin.co.jp/nwsppr/n2002dir/n2511dir/n2511_06.htm

私も,K沢さんがお書きになった『阪大医学生が書いたやさしい「がん」の教科書』を読ませていただきました。
非常にわかりやすく書かれた本だと思います。
私がいちばん感動したのは「あとがき」だったのですが,
お母様を癌で亡くされて医師になろうと決意されたということ,
それだけでなく,まるで母の敵討ちのように癌の研究を始められて,
患者さんに癌をよりよく理解してもらおうと思うに至ったという気概に感服しました。
 
K沢 母が病気になる前には,法律学をやろうと思っていました。
司法で,人の権利を守りたいという思いがありまして,
母親が亡くなってからも,半年ぐらい迷っていたのですが,
結局医師になる決意をし,1年浪人して医学部に入りました。

567 :名無しさん@おだいじに:2005/05/19(木) 20:08:15 ID:9nFCUViO
556つづき

ええ話が…

568 :名無しさん@おだいじに:2005/05/20(金) 00:40:27 ID:???
232 名前:名無しさん@5周年 投稿日:2005/05/19(木) 16:06:49 G3eywd/s
ttp://www.yomiuri.co.jp/science/news/20050519ik02.htm

 大阪大医学系研究科の研究チームの論文の不正問題で、実験結果の基礎データとなる画像がねつ造されたものだったことが19日、明らかになった。

 米医学誌で発表された論文は、他の研究者が驚くほど「きれいなデータ」が示されていた。研究科の調査委員会は、研究の実質担当者だった医学部の学生に動機や不正の方法を詳しく問いただすとともに、指導教官の監督責任も調べる。

 また、同じ学生の別の論文でも不備が発覚し、担当教授が取り消しを申し入れたことがわかった。

 今回のネイチャーメディシン誌の論文は8ページにわたる。研究科によると、ねつ造されたデータは、どの遺伝子が働いているかなどを示す「電気泳動」の画像で、5か所に使われているうち、ある個所の画像が複製され、別の個所に使われていた。

 電気泳動の画像がコピーされたものかどうかは、専門家でもひと目では見分けられないが、同じ研究室のスタッフが気づいた。画像は、パソコンのソフトで簡単に操作できるという。

(ry

569 :名無しさん@おだいじに:2005/05/20(金) 00:44:21 ID:Oie/Jezb
ヌー速より来ますた。記念パピコ。

570 :名無しさん@おだいじに:2005/05/20(金) 01:08:28 ID:???
557を見ると、何か笑い通り越してかわいそうになってきた。
この人にいったい何があったんだろう。
真実を知ってる人教えて。

571 :名無しさん@おだいじに:2005/05/20(金) 01:46:42 ID:???
頭が彼はいいわけじゃなかった
ただそこにはコネと政治力があった

572 :名無しさん@おだいじに:2005/05/20(金) 02:00:05 ID:???
N教授がSさんの持ってきたPtenマウスを勝手に使わなければこんなことは起こらなかった。

573 :名無しさん@おだいじに:2005/05/20(金) 11:46:57 ID:r7OV905z
>上の200から400番台くらいまで

灯台強大コンプ丸出しで、私立・地方大学をバカにし、
研究米国留学を推進しながら、臨床留学をバカにし、
やたらとコネの話ばかりして、教授・助教授職への憧れが明らか。
話題が研究ばかりで臨床経験ゼロっぽいアメリカコンプの医学生。
400番台くらいの捏造が学内でバレてるあたりからこいつの書き込みが消えてる。
これってK沢じゃないの?

574 :名無しさん@おだいじに:2005/05/20(金) 11:50:23 ID:r7OV905z
そして、各大学の研究をシッタカぶりしながら、下のように自分のことを書き込みに至る。

>>485
<内分泌
去年だったか、飯台二内のS教授のところでNature Medicineのfirst論文書いた学部の四年生or五年生がいたね。
彼のような場合は臨床研修終了後に即研究留学してもそのままアメリカの教官になれるのだろうな。
まぁテーマ的にはS教授の研究もN教授の研究もつまらんものだが、22やそこらですでにIF30近くゲットですよ。


575 :名無しさん@おだいじに:2005/05/20(金) 15:16:51 ID:iwq1ngSn
>>80 >>241 >>260 >>263 >>299
>>327-328

576 :名無しさん@おだいじに:2005/05/20(金) 18:27:26 ID:???
>>573
お前の頭が悪いことはよくわかった。
K沢の論文のリトラクがきまったのは3月末。
それで2ちゃんに>>485のようなことを自分で書き込むと思っているお前のオツムは
灘中生以下だろうな、まちがいなくw
で、臨床留学したいんだったらしろよ。お前が気に食わない200-400にかいていることが
正しいかどうか確かめて来い。
ま、阪大に馬鹿にされるのが地方大のアホはよっぽどきにくわないんだろうな。
お前のレスからよくわかったよ。

俺の経験上、地方や私立を一番馬鹿にしているのは鉄門の人間だよ。
やつらの頭の中は 自分>京大>阪大>その他旧帝>>>駅弁>>>>>私立
ということを知っとけ。

577 :名無しさん@おだいじに:2005/05/20(金) 18:51:38 ID:???
高校の同級生が何人か鉄門に行った。
確かに鉄門の奴は、他の大学の人間をかなり下にみているな。
旧帝までは許される、同じ土俵に上ってもいい、みたいな感覚だけどな・・・
底辺駅弁や底辺私立の人間に対しては・・・

578 :名無しさん@おだいじに:2005/05/20(金) 21:53:03 ID:r7OV905z
>>576 K沢の論文のリトラクがきまったのは3月末。
それで2ちゃんに>>485のようなことを自分で書き込むと思っている…

K沢ならありえる。

579 :名無しさん@おだいじに:2005/05/20(金) 22:01:32 ID:???
>>568

>>519 の言った通りになったな。

580 :名無しさん@おだいじに:2005/05/20(金) 22:14:20 ID:???
>>573 >>574

おまえあの時に臨床留学でもアメリカの教官になれるなんて戯言言って論破された三流大の馬鹿だろ?
旧帝クラスの大学の人間なら、リスクの高い臨床留学よりコネあり研究留学でアメリカ行きの取っ掛かりをつける方が有利に決まってんだろ。
ここぞとばかりに戻ってきたはいいものの、あんたはあの時にチンチンにされてるんだから今更戻ってくんなよな。
Kは捏造だったかもしれんが、鏡台の柿研でNature出した学生だっているんだから。
研究に縁の無い三流大の人間は捏造なんて関わりの無い話だからいいじゃねえか。

581 :名無しさん@おだいじに:2005/05/20(金) 23:01:10 ID:???
>580
随分と必死ですね。しかも、
>Kは捏造だったかも「しれんが」
という表現を使ってボカシをかける辺り、Kを擁護してるように思えてなかなかいいですよ、貴方


582 :名無しさん@おだいじに:2005/05/20(金) 23:12:29 ID:???
>>581

わかんない人だな。
Kが捏造だったからと言って
「学生の間に論文を書いておくこと」
「強力なコネ」
「臨床ビザより研究ビザでアメリカに入る」

これらが有利という事実はかわりがないってことだよ。
Kが捏造したからといって、臨床留学が研究留学に比べて前途多難だという事実は同じなわけで。
Kは学生で論文を書いている例としてあげられただけで、元々研究留学や臨床留学との接点はない。

583 :名無しさん@おだいじに:2005/05/21(土) 01:23:39 ID:???
ここはUSMLEとは名ばかりのスレですね。
誹謗・中傷の嵐だ。

584 :名無しさん@おだいじに:2005/05/21(土) 02:01:26 ID:???
>>583

お前が原因

585 :名無しさん@おだいじに:2005/05/21(土) 02:12:22 ID:???
660 :名無しゲノムのクローンさん :2005/05/21(土) 02:08:08
>>651
今回これだけ大騒動に発展したのは、正直なところ、医局内の人間関係もしくは
医局間の人間関係が絡んでいると見ている。あなたもそういう意見ですね。
下村先生も慣れない臨床講座の教授になった途端、捏造学生という大凶のくじを引いたな。
もしかして、今年厄年ちゃう?42やったらそうだけど。


586 :名無しさん@おだいじに:2005/05/21(土) 03:25:15 ID:EG/bTlMe
 ネイチャー メディシソ フアソ カルロス 口ペス

             編集長通達

日本刻立大学の悪質研究室からのいわゆる「投稿」の厳禁について

(書き出し部分略)

 本誌に関連する最近の事象について、日本刻立大学の悪質研究室より、
明らかにアドビのフォトショップによるものと思われるいわゆる「投稿」が多数なされて
いる旨、本誌編集部その他関係部署宛てに複数の匿名通報があった。
 このようないわゆる「投稿」は、たとえその内容が全面的な虚偽ではない場合
であっても、本誌に対する威力業務妨害及び名誉毀損に該当する行為であり、
本誌の編集部員全員に対して、刻立大学の悪質研究室からのこのようないわゆる
「投稿」受付を厳禁する。
 この通達にもかかわらず刻立からこのようないわゆる「投稿」が行なわれた
場合には、今後本誌として断固たる法的措置を講じるので、十分承知されたい。


587 :名無しさん@おだいじに:2005/05/21(土) 09:46:13 ID:CYImpC5p
>>576 >>580 >>582

必死。頭が悪い。かっこわる。

588 :名無しさん@おだいじに:2005/05/21(土) 13:06:39 ID:???
>>587 いえてる

589 :名無しさん@おだいじに:2005/05/21(土) 16:50:11 ID:???
>>587=>>588
君が論破されているということはUSMLEに興味のない駅弁の俺にもわかるのだが。
ちゃんと反論しないと、馬鹿にされて終わるよ。

590 :名無しさん@おだいじに:2005/05/21(土) 20:54:15 ID:c35hknLE
>>580=>>582=>>589=被害妄想野郎

「おまえあの時に…」とか、
「あんたはあの時にチンチンにされてる…」とか、
「君が論破されているということは…」とか、
仮想の敵を作りだして、ひとり戦ってるらしい。
こいつはアブナい。

591 :名無しさん@おだいじに:2005/05/21(土) 21:38:51 ID:???
無視すんなや

592 :名無しさん@おだいじに:2005/05/22(日) 00:13:53 ID:???
>>590
荒らすなよボケ。
喧嘩するのは勝手だが、そんな幼稚なレスをされると、喧嘩をている側としても
げんなりする。

593 :名無しさん@おだいじに:2005/05/22(日) 00:17:31 ID:???
つーかさ、応酬しあってる奴、K澤の話してる奴、このスレから出てけよ・・・

スレタイを声出して100回読め。
ここはUSMLEについて語るスレだ

594 :名無しさん@おだいじに:2005/05/22(日) 00:57:03 ID:???
>>590

被害妄想はお前。
イコールで結んで一人の自作自演にしたいようだが、一人で自作自演してるのはあんたの方だろ。
時々出て来てはボコボコにされてるようだが、マゾ?

595 :名無しさん@おだいじに:2005/05/22(日) 02:53:44 ID:???
>>594
ワロタ。確かに時々出てきて全く的外れなこと言っているのはこいつ一人なんだろうな。
まあ>>593の言うとおりUSMLEの話だけに絞ろうや。

596 :名無しさん@おだいじに:2005/05/22(日) 07:30:57 ID:???
>>595

そうだね。毎回わざわざ過去レス掘り返してくるようなヒマ人だし。

597 :名無しさん@おだいじに:2005/05/22(日) 13:20:55 ID:???
なんでこんなにたくさんのスレが急にあがってんの?

598 :名無しさん@おだいじに:2005/05/22(日) 22:15:03 ID:???
で、申し込みには具体的にはどういう書類を揃えればいいの?


599 :名無しさん@おだいじに:2005/05/22(日) 23:11:09 ID:???
>>598
そんなこと自分で調べられないならUSMLEなんて受けても無駄

600 :名無しさん@おだいじに:2005/05/23(月) 00:07:32 ID:???
まあまあ。最初はどうしたらいいかわからんもんでしょ?

ECFMGのサイトのIWAから入ってネットで申し込める。最後に表示されるページを
プリントアウトして、学部長のサインもらって向こうに郵送される。

601 :名無しさん@おだいじに:2005/05/24(火) 11:21:43 ID:e/kcGa0P
>>594

本気でムキになってるところ、いいですけど、ケンカするなら他のスレにいってくだされ。

602 :名無しさん@おだいじに:2005/05/24(火) 20:50:43 ID:???
598でつ。
書いてあることを読んでも、じゃあ日本の医学部ではそれがどう対応するのかが
今ひとつはっきりしなかったもので質問しますた。

>>600
@certification statement:プリントアウトして写真貼り付けて学部長のサインもらう
Adiploma:英文で卒業証書を発行してもらい、卒業証書もコピーする

を送っておけばいいんだよね。




603 :600:2005/05/24(火) 23:15:08 ID:???
>>602
@はその通りです
Aに関しては分からんとです。。。学生なので卒業証書とかは気にしませんでした。。

604 :名無しさん@おだいじに:2005/05/24(火) 23:43:34 ID:???
落ちたよ。んでおれはどうすりゃいいよ。教えてくれ。日本の酷使に集中するのがいいのか?60日以内に再試うけれるの?

605 :名無しさん@おだいじに:2005/05/25(水) 07:42:18 ID:???
>604
まじれすすます。
試験なんだから落ちることはある。
で、こっからが、本当にアメリカいって臨床やりたいかどうかの君の判断。
アメリカに行く気がそれほどないんだったら、もういいんじゃないか?
ポイントはそれだけだ。
昔アメリカ横断ウルトラクイズという番組があった。
なんだっけな?
「アメリカ行きたいかー?」だったっけ?「ニューヨーク行きたいかー?」
だったっけ?とにかく福留アナが煽ってた。
で、俺は「いくぞー」と一人答えた。君はどうする?アイフル

606 :名無しさん@おだいじに:2005/05/31(火) 13:25:35 ID:???
あげ

607 :名無しさん@おだいじに:2005/05/31(火) 17:28:53 ID:???
Medical Geneticsのresidencyプログラムについてなんですが、多くは小児科(いくつかは内科)とコンバインされているようなので、アメリカではPediatricsの一部門といった感じのなのでしょうか。
それといくつかのプログラムのHP見たところ、カウンセリングについての記述ばかりで病棟業務については触れられていませんでした。
実際の主な業務はカウンセリングで、病棟での仕事はないということですかね?
Gene Therapy等、治療面の研究も行われてはいるようですけど、実際にそれらのトライアルを行っているのはHematologistが多いようで、いまいちどんな役割の部門なのか実態がつかめなくて…
詳しい方いらっしゃったらお願いします。

608 :名無しさん@おだいじに:2005/06/01(水) 02:51:54 ID:???
しらんがな

609 :名無しさん@おだいじに:2005/06/03(金) 12:55:33 ID:tAQqLEDr
Medical Geneticsは全米に47のプログラムがありますが、
レジデンシーというよりフェローシップという色合いが強い。
で、入る前に最低2年間の内科/小児科の研修が必要。
仕事では、病歴とりでも家族歴をとるのが大変。
診断結果が遺伝病でもまた、家族も含めて説明が大変。
これらを含めて話してばかりいるというか、カウンセリングが中心というのは事実かも。

610 :名無しさん@おだいじに:2005/06/03(金) 15:04:28 ID:???
>>609

レスありがとうございます。
他の内科や小児科の部門と違って、内科/小児科での2年間とその後のフェロー込みのプログラムが多いみたいですね。
Medical Geneticsのプログラムがある大学はだいたい遺伝部門のクリニックがあるので、そこでのカウンセリングと専門医への紹介が主な臨床業務と考えてもいいんでしょうか。
あとどこのHP見ても診断/治療のうち治療の方に関する記述がほとんどなかったんですけど、遺伝専門医はほとんど治療にはかかわらずフォローアップ等、一般医的な仕事がほとんどなんですかね?

611 :名無しさん@おだいじに:2005/06/04(土) 00:08:52 ID:???
>>610
一般医というよりもコンサルタント的なものではないかなあ。
ちょうど感染症科がやってるみたいな。

612 :名無しさん@おだいじに:2005/06/04(土) 06:15:57 ID:???
>>611

なるほど、どうもです。
それも含めて「話してばかりいる」ってかんじなんですね。
遺伝病の場合入院して治るような病気は少ないので遺伝部門のベッドもほとんどない場合が多いようですし。

613 :名無しさん@おだいじに:2005/06/04(土) 11:03:29 ID:YAz9HmV3
★<阪大論文不祥事>研究室に600万円寄付 「改ざん」学生

 大阪大の研究グループが発表した医学論文にデータが含まれていた問題で、
論文の共著者の竹田・阪大大学院医学系研究科教授の研究室が、改竄したとされる
筆頭著者の医学部学生から計約600万円を寄付金として受け取っていたことが分かった。
うち200万円は竹田教授が独自に開設した口座に振り込まれていた。

毎日新聞 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050604-00000024-mai-soci



614 :名無しさん@おだいじに:2005/06/04(土) 11:37:12 ID:R2WeEVQt
竹田教授らによると、学生は2年生の01年春から竹田教授の研究室で自主的に実験を始めた。医学関係書も出版し、
「印税が入ったので、研究に使ってほしい」と竹田教授に申し出て、02年ごろ、約400万円を寄付。その時は
「委任経理」という大学が管理する形態だったが、竹田教授は研究室名と自分の名前を並べた名義の口座を開設し、
同年ごろ、その口座に100万円を振り込んだ。さらに昨年、同じ口座に100万円が振り込まれた。
阪大の倫理規定は、委任経理や奨学寄付金など大学が管理している正規の寄付以外を認めていない。これについて、
竹田教授は「学生の申し出で、使いやすいように銀行口座を開設した。学生に便宜を図ったと外部から疑われる
『利益相反』にあたるかもしれないが、論文を含めて便宜は一切図っていない」と釈明している。
口座の残高は約150万円。これまでに、主に研究生らの出張費や謝礼金などに使用したといい、「研究室の懇親会
などに使ったことはあるが、個人的に使ったことはない」と話している。
一方、学生の父親は「大学の研究室には金がないことがよく分かっていた。本がたくさん売れたので、自主的に寄付した」
と言い、独自に開設された口座に振り込んだことについては「不適切だったかもしれない」と話している。
http://www.mainichi-msn.co.jp/shakai/jiken/news/20050604k0000m040156000c.html


615 :名無しさん@おだいじに:2005/06/04(土) 12:24:39 ID:???
>>613->>614
スレ違い
USMLEと駒沢は関係ない
やるなら生物板でやってくれ

616 :名無しさん@おだいじに:2005/06/04(土) 15:03:56 ID:???
>>615

全部のスレに張ってるんじゃないの?
気にしない気にしない。

617 :名無しさん@おだいじに:2005/06/04(土) 22:39:53 ID:???
>>612
ある意味では「治す」疾患ではないからね>遺伝病


618 :名無しさん@おだいじに:2005/06/12(日) 06:51:01 ID:???
あげ

619 :名無しさん@おだいじに:2005/06/13(月) 17:32:52 ID:YNQS4FeH
だれか・・・
CS対策おしえてくれ・・・
アメリカでやっているkaplanの5daysコースだけで
受かるものなのか?
国内では2daysしかない。

620 :名無しさん@おだいじに:2005/06/13(月) 22:53:24 ID:???
>>619
5daysコースをきちんと受ければ楽勝、とは聞くけど。
まあ5日間のフル講義を完遂しかつ実践できるだけの英語力・臨床力があれば
どうとでもなるだろうさ。
それにあれ$4000するんだろ?

621 :名無しさん@おだいじに:2005/06/15(水) 05:30:37 ID:???
あげ

622 :名無しさん@おだいじに:2005/06/15(水) 14:52:25 ID:yoNvf7q2
そうですね

623 :名無しさん@おだいじに:2005/06/15(水) 21:37:28 ID:90kUZEjw
step1,2に受かってから時間が経っているから
もう覚えてないんだよね・・。
だから5daysだけで受かるのか疑問なんだよなぁ。

624 :名無しさん@おだいじに:2005/06/15(水) 23:25:03 ID:???
やっぱstep1,2って学生の内にとるにしても6年がいいのかな?
有効期限あるんでしょ?

625 :名無しさん@おだいじに:2005/06/16(木) 23:27:37 ID:6qAY9dqy
7年

626 :名無しさん@おだいじに:2005/06/17(金) 01:19:22 ID:???
有効期限なくなったんじゃないの?

627 :名無しさん@おだいじに:2005/06/17(金) 05:40:39 ID:???
6年の時に取得

研修二年

研究留学三年

レジデンシー

ウマー

628 :名無しさん@おだいじに:2005/06/19(日) 02:50:25 ID:???
age

629 :名無しさん@おだいじに:2005/06/22(水) 20:49:18 ID:mRUQooDN
>>626
STep 2 CS(CSA)合格までの期限が7年。あとは期限なし

630 :名無しさん@おだいじに:2005/06/24(金) 01:27:21 ID:jNJLjXCh
研修2年=>大学で研究2年=>大学から研究留学2年=>レジデンシー

こんなのって可能??
研究留学させてもらった場合(紹介)、
やっぱり日本の大学に帰らないといけないのだろうか。

631 :名無しさん@おだいじに:2005/06/24(金) 05:47:38 ID:???
大学で研究2年って院生?それともどっかの医局員?
どっかの医局に入るんなら、たった二年で留学はさせてもらえないでしょ。

219 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)